海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > クアラルンプール特派員ブログ > 【新型コロナウイルス関連】気持ちだけでもアウトドア...

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年4月 8日

【新型コロナウイルス関連】気持ちだけでもアウトドアを!クアラルンプール近郊の屋外観光スポット


【新型コロナウイルス関連】気持ちだけでもアウトドアを!クアラルンプール近郊の屋外観光スポット

現在はまだ行動制限令が出ているマレーシアですが、気持ちだけでもアウトドアを楽しもうと、今までお伝えした記事からアウトドアのスポットを抜粋してまとめてみました。

クアラルンプールでは市内でもオープンエアで人が少なめ。しかも自然を楽しめる観光スポットがいくつかあります。
町歩きやモスク巡りだけではない、過去記事を含め大自然の魅力に触れられるスポットをご紹介します。

IMG_1747.jpg

フリム(FRIM=Forest Research Institute Malaysia/マレーシア森林研究所)
1929年に創設された熱帯雨林保護区域のためのマレーシア政府の機関の森林研究所ですが、一般公開されていて「誰でも訪れることができる熱帯雨林地区」となっています。
保護区のため制限はありますが、ジョギングコース、キャンプ場、リクレーションガイドラインに沿った利用が可能で、マレーシアの大自然の中で過ごすことができます。


■Forest Research Institute Malaysia,
・住所: 52109 Kepong, Selangor Darul Ehsan, Malaysia
・営業時間: 8:00〜17:00(月〜金)
・入場料: 大人、学生(13歳以上)RM5(約123円)、学生(13歳以下)RM1(約25円)

DSCN0438.jpg

KLCC公園(KLCC Park=Kuala Lumpur City Centre Park)
クアラルンプール屈指の観光スポットのひとつペトロナス・ツイン・タワー(Petronas Twin Towers)の真下に位置し、約10万平方mの広さを誇る都会のオアシス的な公園です。
ジョギングなどにぴったりな散策路が整備され、また園内には子供向きの大型遊具や水遊びスペースも。
屋内施設となってしまいますが、周囲は巨大ショッピングセンターのスリアKLCC(Syria KLCC)、KLCC水族館(KLCCAquaria)など商業施設やアクティビティ施設などに囲まれています。
公園のシンボルともいえる湖(実際には池といった印象ですが)では毎晩19:30頃から音楽に合わせて水が踊る噴水ショーが開催されます。

■KLCC公園(KLCC Park=Kuala Lumpur City Centre Park)
・住所: ペトロナスツインタワー前。LRTケラナジャヤ線(LRT Keranajaya Line)KLCC駅下車5分
・入場料: 無料

DSC_0661.jpg

KLフォレスト・エコパーク(KL Forest Eco Park)
クアラルンプールのランドマークともいえるKLタワーのふもとに広がるマレーシア最古の熱帯雨林であり、世界でも珍しい都会の中のジャングルですが気軽に訪れることができます。
通常の散策路だけではなく、キャノピーウォーク(吊り橋)でふもとから頂上まで結ばれているので、スリルを味わいながらアトラクション感覚で自然と触れ合えるのが魅力。
天候によっては蚊が多いので虫除けは必須です。

■KLフォレスト・エコパーク(KL Forest Eco Park)
・住所: Lot 240, Jalan Raja Chulan, Bukit Kewangan, 50250 Kuala Lumpur
・入場料: 無料
・アクセス: KLタワーの下に広がっているので、上から下る場合はKLタワーから、逆に下から登る場合はJalan Raja Chulan通りのフォインフォメーションセンター(Forestry Information Center)などから。無料バスGOKL(パープルライン)からはKL Tower(ブキッビンタン方面行き)、Bukit Ceylon(セントラルマーケット行き)下車すぐ。


ほかにも国立モスク(Masjid Nagata)の西側に広がる巨大な公園ペルダナ・ボタニカル・ガーデン(Perdana Botanical Garden)など、クアラルンプール市内および近郊には自然に触れられるオープンエアの公園が多数点在しています。
ただし新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては屋外とはいえ各施設などが閉鎖されるといったこともあるかもしれません。訪れる際は事前に公式ウェブサイトなどで情報を確認してくださいね。

(全ての写真撮影by逗子マリナ)
※写真の無断転載禁止


【マレーシアの生活や観光情報などの発信を始めました!】
malaysia_zushiMrina.pngのサムネイル画像

逗子マリナの観光&生活 IN マレーシア

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年4月 8日
« 前の記事「【新型コロナウイルス関連】行動制限令の折り返し2週間が経過したクアラルンプール」へ
»次の記事「【新型コロナウイルス関連】二度目のロックダウン延長となったマレーシア」 へ
クアラルンプール特派員 新着記事
クアラルンプールのブキッビンタンの今とKLタワーが入場無料
マレーシア全土で映画館の再開とクアラルンプールの今
マレーシアでは、コロナと共存するニューノーマルで社会生活の再開
【新型コロナウイルス関連】新常態と現在のクアラルンプールの風景
【新型コロナウイルス関連】マレーシアのロックダウンは完全解除とならず
【新型コロナウイルス関連】マレーシアの緩和されたロックダウンの解除を1週間後に控えて
【新型コロナウイルス関連】マレーシアはラマダンが明けイスラム教徒の祝日ハリラヤへ
【新型コロナウイルス関連】マレーシアのロックダウン緩和と経済活動の再開
1年前の同じ月に投稿された記事
TTDIの体にやさしいカフェといえばPickle and Fig
マレーシアの家庭常備のハーブ茶といえばホーヤンホー
マラッカにある昭和感あふれるレトロな生活博物館House Of Museum
フルーツの香りと炭酸ですっきり!涼しげに映えるソーダ水

マレーシア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • クアラルンプール特派員

    クアラルンプール特派員
    逗子 マリナ
    広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集