海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > クアラルンプール特派員ブログ > 【新型コロナウイルス関連】マレーシアのロックダウン...

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月10日

【新型コロナウイルス関連】マレーシアのロックダウンは完全解除とならず


【新型コロナウイルス関連】マレーシアのロックダウンは完全解除とならず

2020年5月13日(水)〜6月9日(水)までの4週間にわたる、フェーズ5(第5期)条件付き活動制限令(Conditional Movement Control Order=CMCO)が終了しました。

マレーシアは6月9日までは社会生活が一部制限されていました。 注目されていたのは、これで緩和されたロックダウンが終了するかどうかです。 DSCN2463.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像 直前の6月7日(日)の午後3時からムヒディン首相からのアナウンスがあり、回復のための活動制限令(Recovery Movement Control Order=RMCO)が6月10日(水)〜8月31日(月)まで発令されることとなりました。 完全解除ではなく、

    経済活動と社会生活を回復させるための最初の100日間
という位置づけです。 社会生活はほぼ再開されますが、最近よくいわれる「新しい基準」、「新常態(New Normal)」を守りながら防疫をして新型コロナウイルスと共存していくことになります。


おもに以下のような社会生活が新しい基準のもと再開されることになります。


・州間移動が解禁に。これにより国内旅行が解禁となります ・理髪店、美容院 ・マーケット、バザール、ホーカー ・博物館、美術館


引き続き禁止されるのは以下のような項目となります。 ・パブ、ナイトクラブ、カラオケ、テーマパークなどの娯楽施設 ・
    マレーシア人の
国外渡航 参照URL:https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_05072020.html それでもロックダウン当初と比べると、日常生活はかなり戻ってきているようにも感じられます。 政府のガイドラインに従うことにより、営業を再開をする業種も多くなってきているのを感じます。 人出も増えてきていますが、まだ以前のような人混みが戻っていない場所もあります。 特にクアラルンプール中心部はツーリストがいないため、ペトロナス・ツイン・タワー(Petronas Twin Towers)のあるKLCCなどもほぼ人がいませんでした。 商業施設に行くにもマスクの着用、個人情報伝える、検温、手の消毒などが必須となっています。 またエレベーターも一度に3、4人ほどしか乗れず、並ぶときは足元のマーカーに沿ってソーシャルディスタンスをとる必要があります。 スーパーでも店内に入れる人数を制限しており、買い物に行くだけでも並ばないといけない、という常態が定着しつつあります。 IMG_0866.JPG 現在日本からマレーシアの渡航は「感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告)」となっています。 またマレーシアへの入国が可能な外国人は、永住者 、外交官のほか、駐在、MM2H(長期滞在ビザ)など適正なビザを取得している場合のみとなっています。 現在のところ国境の管理を強化していますが、今後、観光目的などの入国が解禁されましたら、またお伝えしたいと思います。 (写真撮影by逗子マリナ)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2020年6月10日
« 前の記事「【新型コロナウイルス関連】マレーシアの緩和されたロックダウンの解除を1週間後に控えて」へ
»次の記事「【新型コロナウイルス関連】新常態と現在のクアラルンプールの風景」 へ
クアラルンプール特派員 新着記事
クアラルンプールのブキッビンタンの今とKLタワーが入場無料
マレーシア全土で映画館の再開とクアラルンプールの今
マレーシアでは、コロナと共存するニューノーマルで社会生活の再開
【新型コロナウイルス関連】新常態と現在のクアラルンプールの風景
【新型コロナウイルス関連】マレーシアのロックダウンは完全解除とならず
【新型コロナウイルス関連】マレーシアの緩和されたロックダウンの解除を1週間後に控えて
【新型コロナウイルス関連】マレーシアはラマダンが明けイスラム教徒の祝日ハリラヤへ
【新型コロナウイルス関連】マレーシアのロックダウン緩和と経済活動の再開
1年前の同じ月に投稿された記事
ベーカリーショップ直営のカフェL.Tableでアフタヌーンティー
セキンチャンの海岸の浜茶屋でシーフードを味わう
ドリアンを食べるなら年2回の旬を逃さずトライ!
ラマダン中に見かけたキャンペーン

マレーシア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■マレーシアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • クアラルンプール特派員

    クアラルンプール特派員
    逗子 マリナ
    広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集