海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > クアラルンプール特派員ブログ > ①クラブメッド・チェラティンでバケーション2022

マレーシア/クアラルンプール特派員ブログ 逗子 マリナ

マレーシア・クアラルンプール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2022年8月 3日

①クラブメッド・チェラティンでバケーション2022


①クラブメッド・チェラティンでバケーション2022

2年ぶりにクラブメッド・チェラティン(Club Med Cherating)に4泊5日で行ってきました。
前回はMCO(ロックダウン)の切れ間だったため、制限が多くフルオープンではありませんでしたが、今回はほぼ全てがオープンしていました。
クアラルンプールから約280km、車で約3〜3時間半ほどでアクセスできます。

ご存知の方も多いかと思いますが、オールインクルーシブ(アルコールを含む飲食、さまざまなアクティビティ、イベント、キッズクラブなどが宿泊料金に含まれる)で知られるクラブメッドは、ゆったりと長期滞在型のバケーションを楽しみたい人にはおすすめです。
もちろんチェラティン周辺の観光をしたい、自然にふれたいというゲスト向けには、エクスカーション(こちらは別料金)も用意されています。

DSCN3501.JPG

IMG_4135.jpg

今回は久しぶりだったこともあり、バルコニー付きスイート(Suite - Sea Side, Terrace)に宿泊しました。
前回の滞在は海が見えるスーペリア(Superior)でしたが、スイートは目の前に海が広がり、バルコニーにはビーチベッドがあります。
マレーシアで一般的に海が美しいと言われるのはマレー半島の東側とボルネオ島側になります。
東側なので美しいサンセットは見られませんが、マラッカ海峡側とは違う青い海が広がっています。
マレーシアのビーチや離島の透明度については以下のサイトをご参照ください。

【マレーシア政府観光局の公式サイトより】
https://www.tourismmalaysia.or.jp/enjoy/comparison_beach.html

IMG_4141.jpg

IMG_4130.jpg

IMG_4127.jpg

設備はバスタブ(通常はシャワーのみ)、トイレが2カ所、リビングルーム、バスルームはダブルシンク、アメニティもありました。
また、朝食のルームサービスも特別に利用ができます。
部屋にあるドリンク、軽食(ポテトチップス、カップ麺)は毎日補充されます。

クラブメッドのスタッフはGO(ジェントル・オーガナイザー)、ゲストはGM(ジェントル・メンバー)と呼ばれます。GOはホスピタリティ精神にあふれているため快適に滞在できるのが魅力です。

2020年の記事はこちら
https://tokuhain.arukikata.co.jp/kuala_lumpur/2020/09/withafter.html
https://tokuhain.arukikata.co.jp/kuala_lumpur/2020/09/withafter_2.html

IMG_6280.JPG

クラブ内の主な施設はプールを囲むような形で広がっています。
レストランは3カ所あります。
朝・昼・夜のメインのダイニングとなるムティアラ(Mutiara)ではブッフェ形式の食事ができます。
7:15〜9:30 朝食
12:00〜14:00 ランチ
18:45〜21:00 ディナー
それ以外の時間帯はヌードル&軽食レストランのエナ(Enak)で食事ができます。
9:45〜10:45 遅めの朝食
14:00〜18:00 遅めのランチ
21:15〜22:45 遅い時間の夕食

好きな時に食事やドリンクが楽しめます。もちろん朝からビールを飲んでのんびりしているゲストもいます。
それとは逆に8:30〜17:00までヨガ、ピラティス、エアロビクス、アクアビクスなどのクラスに参加したり、ジム(18歳以上、ランチタイムを除く)は8:00〜20:00までオープンしているので自分のペースで体を動かしている人もいます。

またテニス、卓球、アーチェリー、スカッシュなどさまざまなアクティビティも楽しめます。
そして、前回はMCO(ロックダウン)で閉鎖されていた空中ブランコが復活していました!
年齢に応じてGOが指導をするため年配の方もチャレンジしていたのが印象的でした。

IMG_6289.JPG

前回の記事でもお伝えしましたが、クラブメッド・チェラティンの宿泊棟前に広がる美しい白砂のビーチは泳げません。海遊びやマリンスポーツはジャングルの奥に位置するプライベートビーチのパンタイビーチ(Pantai Beach)で存分に楽しめます。ビーチへはシャトルトレイン(Shuttle Train)が往復しています。

ビーチへはジャングルの中に散策路が整備されているので徒歩でも10分ほどの距離にあります。何度か歩いたのですが、木々が生茂っているため日中でも涼しいのが印象的でした。
※もちろん安全なクラブ内ですが人が少ないので気になる方は数人で歩くようにしてください。

IMG_4174.jpg

ビーチには入江のように遠浅の海が広がっています。そして水際にはカニや魚などの海の生物が多く、キッズクラブ(年齢別グループでアクティビティに連れ出してくれるキッズケアサービス:無料)の子どもたちが泳いだり、砂遊びをしている姿をよく目にしました。親子でも、子どもだけでも安心して楽しめるのはポイントです。
マリンスポーツはカヤックやセイリングなどができます。
カヤックに2回乗りましたが、漕ぐ手を休め海を眺めていると本当にのんびりした気分になりました。

DSCN3504.JPG

パンタイビーチにはロッククライミング(Rock Climbing)、18歳以上限定の静かなゼンプール(Zen Pool)、アラカルトディナーが楽しめるレンブラン(Rembulan)、そしてビーチとゼンプールの2カ所には水、ソフトドリンク、アルコールドリンクが飲めるビバレッジステーション(Beverages Station)、タオルバーもあります。
なので、こちらで遊ぶ時もペットボトルやバスタオルを持参しなくても済むのは便利ですね。
※レンブラン(Rembulan)のディナーは大変人気でテーブル数も限られています。チェックインをした日にまず予約をすることをおすすめします。予約はムティアラ(Mutiara)、レセプション(Reception)にあるQRコードを読み込むことでも可能です。なお、レストランへはシャトルトレインで行きますが、このディナーの時のみエントランスの車寄せから出発します。

DSCN3511.JPG

前回はフルで動き回ってしまいましたが、今回は部屋で海を眺めながら飲み物を飲んだり本を読んだりとゆっくりしました。パソコンもタブレットも持ち込まず、スマホも写真を撮る以外あまり開くこともなかったのでデトックスになったのかなと思います。


■クラブメッド・チェラティン(Club Med Cherating)
・住所: Hvom 29th miles Jalan Kuantan -Kemaman Pahang Darul Makmur, Jalan Kuantan Sungai Lembing, 26080 Kuantan, Pahang
・Tel: 09-581 9133
・URL: https://www.clubmed.com.my/r/cherating-beach/y


(撮影by逗子マリナ)
※施設責任者より撮影許可をいただいて撮影しています。
※写真の無断転載禁止

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2022年8月 3日
« 前の記事「シーズン到来!屋台のドリアンを食べる」へ
»次の記事「②クラブメッド・チェラティンでバケーション2022」 へ
クアラルンプール特派員 新着記事
②クラブメッド・チェラティンでバケーション2022
①クラブメッド・チェラティンでバケーション2022
シーズン到来!屋台のドリアンを食べる
路地裏にカフェや映えスポット!クワイチャイホン
③米だけじゃない!マンゴーの産地セキンチャン
②精米工場で買うセキンチャンのおみやげ!
①黄金色の稲穂が輝くマレーシアの米どころ「セキンチャン」
リーズナブルなのに美味しい寿司店が1ウタマで再オープン!

アジア 航空券情報


アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • クアラルンプール特派員

    クアラルンプール特派員
    逗子 マリナ
    広告代理店、コミュニティ紙の取材記者、その後フリーランスへ。雑誌ライター、ムック本コピーライターの他、現在は主にWebを中心に寄稿。今まで訪れた国は約30カ国。アメリカ、オーストラリアと海外在住歴はのべ8年。現在はクアラルンプール在住。旅は寄り道や偶然に発見が多いので自分で車を運転していくのが好き。 DISQUS ID @disqus_z5UaIgenEt

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集

AIG