海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/京都特派員ブログ

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


IMG_2889.jpg
二月も半ばですね。
京都府立植物園に行って来ました。

《京都府立植物園の歴史》
京都府立植物園の歴史は、日本で最初の公立植物園として、大正13年に開園しています。
その後、戦後の1946年(昭和21年)から12年間は、連合国軍に接収され
閉園されていましたが、1961年(昭和36年)から再開し現在に至っています。

IMG_2950.jpg


今、園内の梅林(紅白約60品種、約100本)では梅の花が次々と
咲いて来ています。

IMG_2895.jpg

《広い園内は、散策にお勧め》

府立植物園の総面積は約24万平方メートル。
東は、比叡山から東山連峰をのぞみ、西は、賀茂川の清流、
北に北山連峰を背景とした景勝の地にあります。

年間約百万人の方の入場がある「府立植物園」。

森や池や噴水を愛でながらの散策では、野鳥の囀りも聞こえて来ます。


IMG_2949.jpg

園内は広くて、季節の花々を愛でるエリア。
森林の中を散策する様なエリア。
竹林や芝生の広場。子供向けアスレチックなど、様々なエリアがあります。

IMG_2904.jpg

《日本最大級の観覧温室》
園内にある観覧温室は、延床面積約4,694平方メートル、高さは14.8メートル。

IMG_2905.jpg

内部は、8つの部屋で構成されていて、回遊式で段差のない延長460メートルに
及ぶ順路に従って進むと、次々と景観が変わり、一巡すると熱帯の様々な植生が観賞できます。
IMG_2914.jpg

展示されている植栽植物は約4,500種類に及び、国内初展示、初開花の植物も多く、
名実ともに日本最大級の温室で、一年を通して熱帯植物が観察できます。

IMG_2928.jpg

室内では随時、球根ベゴニア展、フクシア展、食虫植物展、洋ラン展などの展示会が
開催されています。

IMG_2940.jpg
《京都府立植物園》

○所      京都市左京区下鴨半木町
○アクセス   地下鉄北山駅下車すぐ
〇自動車    名神高速道路京都南ICから京都市内北山方面へ約45分の距離です。
○時間     9.00-17.00
○料金     一般200円 高校生150円 中学生以下無料
〇京都府立植物園HP   http://www.pref.kyoto.jp/plant/index.html
〇電話 075-701-0141

IMG_2923.jpg


2019年2月18日

ここの所の暖かさで清凉寺の梅の開花が進んでいます。
清凉寺は、嵐山から真っ直ぐに進んだ所にある寺院。
建てられたのは寛和3年(987年)。

IMG_2843.jpg

《梅の穴場・清凉寺》
清凉寺は、知る人ぞ知る梅の名所です。
境内は、とても広くて多宝塔前や阿弥陀堂付近など、3ヶ所に梅の木があります。
IMG_2855.jpg

まずは多宝塔前の紅梅。
紅梅の咲く多宝塔の裏には、源氏物語・光源氏のモデルとも言われる
源融(みなもとのとおる)の、お墓もあります。
花の近くでは、梅の良い香りが流れています。

IMG_2840.jpg

続いて、本堂手前「竹仙」前の白梅。

IMG_2846.jpg

阿弥陀堂前の紅梅も咲いて来ました。

IMG_2849.jpg

天気は週末にかけて、寒波が来ると告げていますが、
清凉寺の梅の花は順調に花を咲かせています。
嵐山から嵯峨野散策時には、清凉寺の梅を訪ねてみて下さいね。

≪清凉寺≫
〇所  京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町
〇   拝観時間 9:00-16:00
〇   拝観料・境内自由
    本堂の拝観料400円 釈迦如来立像の拝観料1000円。 霊宝館の入館料400円。
〇アクセス(電車) JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅より徒歩15分。
          京福電鉄嵐山駅より15分。
     (徒歩) 渡月橋から徒歩15分位

IMG_2852.jpg


2019年2月 7日

IMG_2783.jpg
《節分とは各季節の始まりの日》
2月3日、節分祭が行われている北野天満宮へ行って来ました。

IMG_2765.jpg

節分とは、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)。
まさしく字の通り「季節を分ける」日です。
門には、菅原道真公の和歌。
「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春を忘るな」。


IMG_2768.jpg

境内では、午後一時からの奉納舞踊の後、
茂山社中さんと上七軒の芸舞妓さんによる豆まきでした。

IMG_2780.jpg

豆まきの後、境内の梅を見て来ました。
境内の梅は、咲き始めて来ています。

IMG_2808.jpg

菅原道真公と言うと、平安時代の貴族であり、学者であり漢詩人でした。
そして、古い封建時代からの政治改革を志す政治家であり、牛と梅を愛した人でもありました。
道真公は、民衆の為の土地制度と税制改革に取り組み、その素晴らしい能力から右大臣となります
しかし守旧派勢力から、あらぬ罪をきせられ大宰府へ左遷されてしまいます。
その時に詠まれた和歌が・・・・
「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主人なしとて 春を忘るな」でした。


《飛梅伝説》
政治の力をそがれ、愛した家族や育てて来た梅の木や牛とも別れての
大宰府行きは、さぞかし辛いものだったでしょうね。

IMG_2769.jpg


その時、梅は道真公を思い一夜にして太宰府まで飛んで行ったと言う
飛び梅伝説は、今も語り継がれています。後年、道真公は、太宰府で亡くなられています。
その後、都が繁栄し平安文化が花開したのは、道真公の改革の成果だったと言われています。


IMG_2810.jpg


節分が終わり今日は立春。
北風が東風に変わる時は、もうすぐ。。。。
北野天満宮・節分祭でした。

IMG_2803.jpg

《北野天満宮》
アクセス 
〇 京都駅から京都市営バス50, 101号系統「北野天満宮前」下車
〇 四条河原町から京都市営バス51号系統「北野天満宮前」下車
〇 京阪三条から京都市営バス10号系統「北野天満宮前」下車
〇 駐車場 無料 9:00~17:00(毎月25日は縁日のため駐車できません。)
〇 拝観料 境内自由   宝物殿 一般300円 中高生250円 小人150円


2019年2月 4日
2019年1月29日
2019年1月28日
2019年1月21日
2019年1月17日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都別府和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集