海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/京都特派員ブログ

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


《濠川に咲く紫陽花》
酒蔵と歴史の町、伏見を流れる濠川(ほりがわ)では紫陽花が見頃を迎えています。
濠川の春は桜。六月の今は紫陽花。
紫陽花景色の水路を十石舟が行き来しています。
IMG_4795.jpg

《十石舟》

〇運行期間   2019年3月21日(木・祝)〜12月8日(日)
〇運休日    毎週月曜日
〇十石舟の出航時間  
 10:00 10:20 10:40
 11:00 11:20
 13:00 13:20 13:40
 14:00 14:20 14:40
 15:00 15:20 15:40
 16:00 16:20
〇料金     大人1,200円(中学生以上)・小人600円(小学生以下) 幼児300円(小学生未満)
〇定員     20名
〇所要時間   約50分(往復)
〇乗り場    月桂冠大倉記念館裏 河川沿い

IMG_4799.jpg

濠川は、伏見城の築城資材を運ぶための水路として造られました。
伏見は豊かな地下水に恵まれ、流域には酒造会社が多く、白壁の酒蔵が立ち並んでいます。
紫陽花の向こうに見えるのは、月桂冠の酒蔵。
江戸時代の水路沿いには、酒蔵と共に廻船問屋並び、多くの小舟が往来していたそうで
大阪と京都を結ぶ淀川の舟運の港町として栄えた町でした。
坂本龍馬で有名な寺田屋さんは、川を上がるとすぐそこです。
寺田屋事件(1866年)の時、濠川を使って薩摩島津屋敷まで逃れたとも言われています。

IMG_4813.jpg


濠川から上がり、少し歩くと伏見大手筋商店街です。
名前の大手筋という語源は古くて、豊臣秀吉の時代までさかのぼります。
文禄三年(1594年)秀吉は伏見城建築により大手広庭を形成、 そこに大手門を築き
それより少し曲がって西方に道を作ったのが大手筋通りでした。

IMG_4815.jpg


商店街の中ほどにある「油長茶舗」さんに入ります。


IMG_4817.jpg

ここには、伏見のお酒入りかき氷
「宇治吟醸酒金時(白玉付)」があります。


無題cc.jpg

お盆には、真っ白なかき氷。ガラス徳利には、鮮やかな宇治茶。
「宇治吟醸酒金時(白玉付)」は、宇治茶と伏見の酒のかき氷です。
蜜の三分の一は、お酒。徳利に入った蜜を、かけるとお酒の良い香りがします。

見頃を迎えている伏見濠川の紫陽花景色と、大人味のかき氷でした。

無題fgyj (2).jpg


2019年6月18日

IMG_4863.jpg

右京区の梅宮大社。
創建は平安遷都以前までさかのぼり、京都でも有数の歴史を誇ります。
酒造の神と、子授けと安産の神様をご祭神に祀り、年間を通して参拝者の絶えない神社となっています。
梅宮大社は、名の通り梅の花でも有名ですが、春の桜や六月の紫陽花や菖蒲、
秋の紅葉など四季を通じて美しい花々が咲きます。

IMG_4864.jpg

《四季折々の花が咲く神苑》

神苑に入ると、紫陽花の美しい色彩と共に、花菖蒲の紫色、睡蓮の白色など
六月の花達が迎えてくれます。

池には様々な色の花菖蒲が咲いています。
花菖蒲の見頃は例年6月中旬頃までとの事。

IMG_4871.jpg


回遊式庭園の神苑。
睡蓮を見ながら、石橋を渡り巡って行きます。

IMG_4942 (2).jpg


青もみじも美しいです。


IMG_4894.jpg

紫陽花エリア》

順路を進んで、紫陽花エリアに入りました。
梅宮大社の神苑には、一体、何種類の紫陽花が
咲いているのだろうかと思う位、いろんな種類の紫陽花が咲いています。
ここの写真だけで、紫陽花図鑑が出来そうです。

IMG_4919.jpg

紫の陽の花と書いて、紫陽花。
紫陽花の花は、青・赤・白・薄紫と花の形や色の多さに改めて驚きます。

IMG_4960.jpg

紫陽花の種類は200種近くあるそうで、それぞれに花のスタイルや色合い、花柄の大きさが違います。
花の形が、球状のものは西洋アジサイ。まるで花束かブーケの様に綺麗。
これは、日本のアジサイが18世紀末にヨーロッパに持ち込まれ、
品種改良を重ねて今日のような花柄の大きい、球状のアジサイが出来上がったそうです。

IMG_4932 (2).jpg

そして、サテライトのように咲くのは「ガクアジサイ」。
「ガクアジサイ」は、周辺の装飾花が中央の細かな花を
 取り囲んで咲く、「額縁」に似ているので、江戸時代に名付けられたそうです。

IMG_3227ff (2).jpg

六月半ばの梅宮大社・神苑。
花菖蒲と紫陽花が見頃を迎えています。


梅宮大社.gif

≪梅宮大社≫

○所         京都市右京区梅津フケノ川町
○アクセス 電車   阪急松尾大社駅から徒歩約10分。
〇アクセス バス   京都駅から市バス28系統に乗車。梅ノ宮神社前の停留所で下車。徒歩すぐ
○駐車場       有り
○境内散策無料    神苑550円


2019年6月17日

IMG_4857 (2).jpg

眼病平癒で知られる「柳谷観音 楊谷寺」(京都府長岡京市)では、6月8日から7月7日まで
「あじさいウイーク」が開催されています。

IMG_4859.jpg

境内では京都最大規模といわれる約5000株のあじさい景色が
広がっています。

IMG_4832.jpg


IMG_4840 (2).jpg

《あじさいの花手水》


見どころのひとつは、手水舎に活けられた「あじさいの花手水(はなちょうず)」。
手鞠の様に美しい紫陽花に見入ってしまいます。

IMG_4823.jpg

六月の今、山々の緑は美しく、見頃を迎えた紫陽花が綺麗です。


IMG_4825.jpg


境内巡りは、緑美しい坂道を登りながら
境内諸堂を巡って行きます。

IMG_4836.jpg

期間中は上書院・寺宝庫の特別拝観のほか、6月23日には『あじさいまつり』が開催され、
コンサートや特産品販売、庭園茶席など多数の催しが楽しめます。

ぺージラストは、境内のハート形の小窓のある椅子から見た紫陽花。
小窓から見る紫陽花も綺麗です。

IMG_4833 (2).jpg

《楊谷寺》
○所      京都府長岡京市浄土谷2
○時間     9時00分~17時00分    
○アクセス   JR 長岡京駅よりタクシーで20分
       阪急 長岡京駅よりタクシーで13分

〇6月23日 「あじさい祭り」が行われます。


2019年6月11日
2019年6月 9日
2019年5月21日
2019年5月19日
2019年5月13日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集