海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/京都特派員ブログ

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


≪嵐山万灯流し≫

十六日の京都は、「五山の送り火」でした。 
この夜の京都は、いろんな所で送り火の行事が行われています。
この夜、嵐山から嵯峨野・広沢の池、そして五山の送り火の鳥居形へと
自転車で向かいました。
まずは、嵐山で行われている、「嵐山万灯流し」。

IMG_0595.jpg


「嵐山万灯流し」は昭和22年から 戦没者の霊を慰める為に始まり、今に至っています。
流れる万灯の灯りは、一本の光の川の様です。

送り火 (2).jpg


≪広沢池灯籠流し≫

続いて嵐山から嵯峨野・広沢の池へと向かいました。
ここでは、「広沢池灯籠流し」が行われています。


IMG_0616.jpg


広沢池灯籠流しでは、児神社(ちごじんじゃ)で塔婆施餓鬼供養・御詠歌奉納を行い、
その後、仏様の5つの智恵を表すと言われている5色の灯籠が広沢池に浮かびます。
緩やかな風で灯篭は東に流れていました。


IMG_0627.jpg

≪五山の送り火・鳥居形≫

時計を見ると、八時。五山の送り火の時間です。
五山の送り火は、約三十分の 炎の行事です。
八時には「右大文字」が点火され、八時十分に「妙」。八時十分に「法」。   
八時十五分に「船形」。八時十五分に「左大文字」。八時二十分に、嵯峨野・曼荼羅山。
八時二十分。鳥居形が燃え上がりました。

6hlv@ 2.jpg


五山の送り火の炎は、五ヶ所の炎を全てを見るのは 飛行機やヘリコプターなら可能ですが、
地上からは建物もあり難しいです。特に清滝道は、市内でも奥まった所にあり「鳥居形」は目の前に見られますが
他の左右の大文字や妙や法や船形の炎は見えません。曼荼羅山に燃え上がる「鳥居形」。
縦76m 横72mの大きな鳥居です。
8月16日。お盆に戻ってこられた精霊と、行く夏を見送った夜でした。


2018年8月17日

≪京の七夕・北野天満宮会場≫
「京の七夕」は2010年に始まった比較的新しいイベントですが、今や京都の夏の風物詩の一つに数えられる催しです。
「京の七夕」とは、今の暦ではなく、旧暦の七夕にあたる8月の上旬に、京都市内の複数(二条城・堀川・鴨川・北野天満宮)の会場にて、
1週間ほどの期間、開催されまています。
京の七夕・北野天満宮は8月4日(土)~16日(木)まで開催されています。

七夕4 (2).jpg

京都市の上京区にある北野天満宮は、学問の神様・菅原道真公を祀った神社であり、
京都市民からは「北野の天神さん」として親しまれている神社です。
梅を愛した菅原道真公。
北野天満宮には、50種類、2000本にも上る梅の木が植えられています。
有名な和歌。「東風吹かば 匂い起こせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」が浮かんで来ます。


七夕1.jpg

数ある「京の七夕」開催会場の中でも、北野天満宮・北野紙屋川会場で行われるイベントは特に独自性を打ち出しています。
堀川や鴨川会場に比べると人の混み具合は比較的少なめで
ゆったりとイベントを鑑賞して回る事が出来ます。

七夕3.jpg

参道には笹飾り。
夜間ライトアップでは国宝の本殿がこの期間だけ特別に美しくライトアップの光で幻想的な景観が現れます。
夜間拝観の特別期間は、8月5日~13日までです。

七夕.jpg

《京の七夕・北野天満宮》
期間 〇8月4日(土)~16日(木)まで
   〇夜間参拝は、8月5日~13日まで

   〇所 京都市上京区御前通今出川上がる馬喰町

アクセス 
   〇 京都駅から京都市営バス50, 101号系統「北野天満宮前」下車
   〇 四条河原町から京都市営バス51号系統「北野天満宮前」下車
   〇 京阪三条から京都市営バス10号系統「北野天満宮前」下車


2018年8月11日

≪水面に映る、かがり火≫

暑い日が続いている京都ですが、夕暮れの嵐山では毎年7月から9月下旬まで鵜飼が行われています。
嵐山の鵜飼は千年以上前の平安時代には既に行われていたと言われています。
平安時代の貴族、在原業平は「大堰川 うかべる舟の かがり火に をぐらの山も 名のみなりけり」と詠んでいます。

IMG_0512.jpg

鵜飼に使われる鵜は鵜匠(うしょう)が訓練したもので、鵜匠は綱を巧みに操り、鮎などの魚を獲ります。
嵐山に流れる大堰川は渡月橋から上流を大堰川と言い、
渡月橋から下流は桂川となります。
日中は暑い京都市内ですが、夕暮れからの嵐山には、かがり火揺れる
涼しい風景が広がっています。

IMG_0525.jpg

≪嵐山・鵜飼≫
7月1日(日曜日)~9月23日(日曜日)まで。※8月16日(木曜日)は運休です。
乗合船は19:00・20:00(9月は18:30・19:30)
宮廷鵜飼は20:00(9月は19:30)に出船。
〇貸切船・・・10人乗り40,000円、16人乗り52,000円、20人乗り70,000円
〇乗合船・・・大人1,800円、子供900円
〇宮廷鵜飼・・・大人2,100円、子供1,050円
〇食事付き鵜飼見物船(貸切)・・・一人7,000円(10名以上)
◎嵐山通船・電話番号・・・075-861-0302


2018年8月 2日
2018年7月29日
2018年7月22日
2018年7月19日
2018年7月18日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集