海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/京都特派員ブログ

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


IMG_5459 (2).jpg

上京区、北野天満宮すぐ近くにあるのが、湯豆腐湯葉料理「桜井屋」さんです。
湯豆腐湯葉料理「桜井屋」は、江戸後期より天満宮参道にあった茶店です。
明治に北野天満宮の駐車場出口東側に移築し、現在も参拝者のご休憩所として親しまれています。
京豆腐・生湯葉・生麩と京野菜を使った料理の人気店です。

IMG_5470.jpg

店内は和モダンで、とても素敵な空間が広がっています。
中庭も見えます。

IMG_5461.jpg


中庭には牛さんもいます。

IMG_5462.jpg

お店は、甘味も人気があり、本わらび餅、抹茶白玉ぜんざい、
丹羽大納言ぜんざい、和パフェなどがあります。


紅梅のかき氷を注文しました。
紅梅(梅の実のコンポートと梅の果肉シロップのかき氷)
控えめな甘さですが、梅の果肉シロップがサクサクの氷と共に優しく広がります。
IMG_5466.jpg

こちらは、宇治金時。

IMG_5468.jpg

《桜井屋》
〒602-8386 京都市上京区御前通今小路上る馬喰町885
TEL:075-464-0810 FAX:075-461-3371
定休日:不定休 営業時間:10:00~17:00 [L.O.16:30](夜は要予約)
http://www.sakuraiya.com


2019年8月18日

P1520764.jpg

十六日の京都は、「五山の送り火」でした。 
この夜の京都は、いろんな所で送り火の行事が行われています。
送り火の行われる時間は、交通規制があるので、自転車で
嵯峨野・広沢池の灯籠流しと、近くの曼荼羅山に燃え上がる五山の送り火「鳥居形」を
見に行きました。

P1520738.jpg

≪広沢池灯籠流し≫

広沢池(ひろさわのいけ)は、右京区嵯峨広沢町にある周囲1.3kmほどの池です。
別名遍照寺池(へんしょうじのいけ)。
広沢池は、春には桜。秋には池の周りの山々の紅葉が見事です。
また時代劇全盛の頃、ロケ地としても多く登場していました。
広沢池灯籠流しでは、児神社(ちごじんじゃ)で塔婆施餓鬼供養・御詠歌奉納を行い、
その後、仏様の5つの智恵を表すと言われている5色の灯籠が広沢池に浮かびます。
緩やかな風で灯篭は東に流れていました。

P1520745.jpg

≪五山の送り火・鳥居形≫

広沢池から清滝道へと移動しました。
夜空には綺麗な月が浮かんでいます。


P1520753.jpg


時計を見ると、八時。五山の送り火の時間です。
五山の送り火は、約三十分の 炎の行事です。
八時には「右大文字」が点火され、八時十分に「妙」。八時十分に「法」。   
八時十五分に「船形」。八時十五分に「左大文字」。八時二十分に、嵯峨野・曼荼羅山。
八時二十分。鳥居形が燃え上がりました。


P1520761.jpg

五山の送り火の炎は、五ヶ所の炎を全てを見るのは 飛行機やヘリコプターなら可能ですが、地上からは建物もあり難しいです。
特に清滝道は、市内でも奥まった所にあり「鳥居形」は目の前に見られますが
他の左右の大文字や妙や法や船形の炎は見えません。曼荼羅山に燃え上がる「鳥居形」。
縦76m 横72mの大きな鳥居です。

P1520765.jpg

ぺージラストは、嵯峨野からの帰り道、
桂川から見る鳥居形。
8月16日。お盆に戻ってこられた精霊と、行く夏を見送った夜でした。
P1520772 (2).jpg


2019年8月17日

暑い日が続いていますが、京都府向日市の「竹林の径(みち)」では美しい緑の世界が広がっています。
「竹林の径」は竹林を渡る風の音や小鳥のさえずりを聞きながら、木もれ日や香りを楽しむ
「癒しの散策路」として親しまれています。

IMG_5452.JPG

《竹林の距離は約1.8キロ》

京都で竹林と言えば、嵐山の天竜寺裏から大河内山荘に至る約400m続く「竹林の小路」が有名ですが、
どの季節にも観光の方がとても多く、人の写らない写真はまず難しいです。

しかし、こちら向日市の「竹林の径」は、高台にある事と、アクセスの難しさから、
休日の昼間でも人通りは非常に少なく、ウォーキングやカメラ好きの方には人気のエリアです。

竹林の素晴らしい景観を独り占めでき、思う存分に写真撮影もできる貴重なスポットです。

IMG_5454.JPG

《かぐや姫伝説の地》

かぐや姫伝説の地は、全国に数多くあるといわれていますが、
向日市から長岡京に続くこの地は、平安京以前の都「長岡京」が存在したエリアであり
かぐや姫の物語を強く感じる所でもあります。

IMG_5455.JPG

《8種類の竹垣》

「竹の径」沿いには様々な竹垣が続きます。
竹垣は8種類あり、「竹穂垣」からはじまり、竹の径沿いにある「寺戸大塚古墳」の付近には「古墳垣」があります。
そして、地名の寺戸町に由来している「寺戸垣」。他にも「物集女(もずめ)垣」「来迎寺垣」「深田垣」「海道垣」など、
地元にちなんだ竹垣や、十二単衣をイメージしたという「かぐや垣」などが竹の径を演出しています。


「竹林の径」の美しい景観は徐々に認められつつあり、国土交通省の「手づくり郷土賞」を受賞しました。
また、日本ウォーキング協会「美しい日本の歩きたくなるみち500選」や「全国遊歩百選」等に認定。
さらには「京都府景観資産」「京都府文化的景観」にも選定されています。

IMG_5457.JPG
《竹林の径》

○所      向日市寺戸町芝山〜物集女町長野、中海道地内
〇アクセス  JR京都線「桂川駅」、阪急京都線「洛西口駅」からバス「向日回生病院前」下車徒歩10分。
〇      JR京都線「向日町駅」、阪急京都線「東向日駅」から阪急バス「東山」下車徒歩10分。
〇      阪急電鉄「桂駅」から京都市バス西3、西8系統「南福西町」下車徒歩5分。
〇周辺の見所  竹林公園  寺戸大塚古墳 


2019年8月13日
2019年7月29日
2019年7月23日
2019年7月22日
2019年7月18日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集