海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/京都特派員ブログ

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

青空広がる嵯峨野・広沢の池。
池の向こうに見える山は、「遍照寺山」。
標高231メートル。

IMG_5059.jpg

広沢の池から少し歩くと、嵯峨野の田園風景が広がります。
この季節、田んぼでは、案山子さんが並んでいます。
ズラリと並ぶ、案山子さん。



IMG_5034.jpg

案山子さん達は、ここで実る酒米を守っています。

IMG_5041.jpg


田んぼの、あぜ道では彼岸花が見頃を迎えています。
この花は、秋の彼岸の日に合わせた様に咲いて来る不思議な花です。
今年の秋の「お彼岸」は9月20日が彼岸の入りで、9月23日は中日(秋分の日)、
9月26日が彼岸明けです。
花は、彼岸の頃になると土手からニョキニョキと生えて来て、土手やあぜ道を彩ります。
彼岸花は、葉のない真っ直ぐに伸びた茎に、一つの花が咲きます。
見頃が終わると、全て散ってしまい
それからは、花も葉もない時期が長く続く不思議な花です。

IMG_5050.jpg


縄文時代に稲作とともに渡来したそうで、
以来、あぜ道や土手に植えられて広がったそうです。
彼岸花咲く嵯峨野には、秋の景色が広がっています。


IMG_5054.jpg


2017年9月21日

朝の宇治川。
紫式部像の後に見えるのは宇治橋。宇治橋は日本最古の橋(646年)です。
ここに流れる宇治川は、琵琶湖から瀬田川として流れて来て、京都府に入ると宇治川と名を変えます。
その後、宇治川は木津川と合流した後、桂川とも合流し淀川となり大阪湾に注いで行きます。

IMG_4971.jpg

宇治は、平安貴族の別荘地として、また合戦が繰り広げられてきた
歴史の面影を刻む町でもあります。
特に宇治公園の一帯は、平等院や宇治上神社をはじめ数々の史跡に恵まれ、
風情ある景色が広がっています。

そして宇治と言いますと、源氏物語ですね。
『源氏物語』は11世紀初め、平安時代半ばに書かれた全五十四帖からなる長篇小説です。
特に最後の十帖は、宇治が主な舞台となっているため、「宇治十帖」と呼ばれています。
宇治十帖は「橋」に始まり「橋」に終わる物語。

宇治橋からの眺め。
右手は「橘橋」。左手は「朝霧橋」。

IMG_4967.jpg

風光明媚な宇治公園ですが、宇治川の川岸と塔の島、橘島はそれぞれ
「橘橋」「朝霧橋」「喜撰橋」「中島橋」で結ばれて回遊できるようになっています。

IMG_5021.jpg

橘橋から、朱色鮮やかな、「朝霧橋」を渡ると宇治神社です。

IMG_5027.jpg


秋の宇治。
橋を巡りながら源氏物語の世界に思いを馳せるのも良いですね。

IMG_5033.jpg


《京都府立宇治公園》
〇〒611-0021  京都府宇治市宇治塔川
〇交通アクセス  京阪宇治線宇治駅から徒歩で5分
JR奈良線宇治駅から徒歩で10分


2017年9月20日

秋を迎えた宇治の平等院。
平等院が建てられたのは、今から965年前の1052年(永承7年)。
鳳凰堂は、2014年に修復され、当時の艶やかさを取り戻しています。

IMG_4983.jpg

それにしても、何と優雅な建物なのでしょうか。

鳳凰堂は、鳳凰の鳥が舞い降りた形を表現していると 
言われています。

IMG_4979.jpg

建物は両側に鳥の羽根の様に建物が延び、背後には鳥の尾の様に尾廊(びろう)が付いています。
どの角度から見ても実に美しい建物です。
平等院は、994年に世界遺産に登録されています。

IMG_4988.jpg

平等院鳳凰堂は、約一千年前の平安貴族が夢見た
極楽浄土の世界を表現した建物です。
平安時代は貴族による寺院の建立が相次いだのですが、建物や庭園や仏像等、
全てが現存されているのは、ここ平等院のみです。

IMG_4985.jpg


また、併設されているミュージアム鳳翔館では、グラフィカルな映像や資料での紹介と共に、
梵鐘や雲中供養菩薩のほか、鳳凰堂内部の極彩装飾を復元した展示も見ることが出来ます。

IMG_4996.jpg


秋を迎えた平等院。
池の畔では萩の花が咲いています。

IMG_5005.jpg

これからの、平等院の紅葉ですが、見頃は10月後半から12月初めです。
紅葉は境内の至る場所で色付いて来ますが、
特に人気が高い所は、鳳凰堂周辺の紅葉です。


IMG_5014.jpg

《平等院》

〇住所        〒611-0021  京都府宇治市宇治蓮華116
〇アクセス       京都駅から  JR奈良線「宇治」下車
             三条京阪から 京阪本線「中書島」→京阪宇治線「宇治」下車

〇駐車場       なし  ※周辺に民営の駐車場あり
〇拝観料       入園+鳳翔館   一般600円 中高生400円 小学生300円 
             鳳凰堂内部拝観 一人300円

〇拝観時間     庭園 8:30~17:30 平等院ミュージアム鳳翔館 9:00~17:00

IMG_4980.jpg


2017年9月18日
2017年9月11日
2017年9月 7日
2017年9月 5日
2017年9月 4日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集