海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/京都特派員ブログ

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


IMG_7290 (2).jpg


《映画の町「太秦」》
かつて日本のハリウッドと呼ばれた太秦の町。
昭和初期の太秦には多くの映画会社の撮影所がここにありました。

1 阪妻プロ太秦撮影所(1926-1930)
2 松竹太秦撮影所(1930)
3 帝キネ太秦撮影所(1930-1931)
4 新興キネマ太秦撮影所(1931-1942)
5 大映京都第二撮影所(1942-1947)
6 東横映画撮影所(1947-1951)
7 東映京都撮影所(1951-現在)

今、太秦の大映通り商店街を歩くと、映画の町を思う場面にいくつか出合います。
太秦商店街は京福電鉄の太秦広隆寺駅から帷子ノ辻駅までの区間(約700m)に東西に伸びています。
大映通りを歩くと街灯はフイルムカメラ。
そしてオレンジ色の歩道デザインはフィルムです。

IMG_7282 (2).jpg


通りを進むと、中ほどに三吉稲荷神社があります。
三吉稲荷神社は、昭和3年(1928年)に始まった日活撮影所の建設に伴い、日活関係者が竹藪の中にあった三吉稲荷大明神と中里八幡大菩薩のふたの祠をまとめて昭和5年(1930年)に創建したそうです。
それ以来「映画の神様」として多くの映画関係者も参拝に訪れ、往年のスターたちが寄進した石柱も残っています。

IMG_7278 (2).jpg

また、平成12年(2001年)には「日本映画の父」と呼ばれた牧野省三さんの顕彰碑が映画俳優や関係者の寄進によって建てられています。
境内では、このところの暖かさで梅が咲いて来ました。

IMG_7277 (2).jpg

帷子ノ辻駅近くまで進むと、スーパーの前には、大魔神が建っています。
大魔神像の高さは約5メートル。
日本の特撮映画と言えば、東宝の『ゴジラ』が有名ですが、大映の特撮は『ガメラ』とともに「大魔神」でした。

IMG_7261 (2).jpg

大魔神像の高さは約5メートル。重量約1トン。
1999年以来、倉庫に眠っていた大魔神像を「キネマのまち太秦のシンボルに」にと修復され、大映通り商店街の顔として2013年よりたち続けています。

IMG_7263 (2).jpg

《大映通り商店街》

〇アクセス 京福電鉄 嵐山線太秦広隆寺駅 下車すぐ
      帷子ノ辻駅 下車徒歩1分。
      JR西日本 嵯峨野線(山陰本線)太秦駅 下車徒歩10分
〇大映通り商店街HP
 http://kinemastreet.com/



2020年1月26日

《54回目を迎えた「京の冬の旅」》

京都市と京都市観光協会では、冬の時期に文化財や伝統文化・産業などの京都の魅力を伝え、毎年1月から3月にかけて、JRグループ6社と共同して、「京の冬の旅」を実施しています。
54回目を迎える今回は、「京の御大礼 雅の御所文化」と「明智光秀と戦国の英傑たち」をテーマに15寺院での特別公開がされています。
右京区の臨済宗妙心寺派大本山・妙心寺です。

https://ja.kyoto.travel/specialopening/winter/2019/

ttyy (2).jpg


妙心寺は、46の塔頭をもつ京都最大の禅宗寺院。
約10万坪の境内には多くの塔頭があり、境内は寺町そのもので凄い広さです。

無題yyyyy.jpg

境内を進んで、明智風呂のところにやって来ました。
今回、京の冬旅で公開されている明智光秀の浴室(重文)は、光秀の叔父にあたる密宗和尚(みっそうおしょう)が光秀の菩提を弔(とむら)うために建立したとされ、通称「明智風呂」と呼ばれています。
現在の建物は明暦2年(1656年)に再建されたもので、洗い場を備えたサウナのようなお風呂といわれています。

無題uuuu (2).jpg

《ここからは「明智光秀AI」について》

便利な時代になりましたね。
LINEで、明智光秀をダウンロードすると、明智光秀にまつわる観光情報から謎解きまでを「明智光秀AI」と会話を楽しみながら、歴史や観光情報を入手できるサービスが始まっています。
京の冬旅では、各公開寺院でボランティアスタッフさんによる説明も行われていますが、LINE「明智光秀」でも明智風呂に関する詳しい説明を受けられます。

無題wdrtr.jpg


LINE・明智光秀AIでは、歴史背景、人物、舞台となったゆかりの地の観光情報やグッズ情報やイベント情報も受け取れます。
また、明智光秀AIとの謎解き知恵比べも楽しいですよ。
謎解きは、結構難しいです。(^^)


無題xxx.jpg


2020年1月22日

IMG_7243 (2).jpg

《早咲き梅が咲いています》

清凉寺の境内では、梅が咲き始めています。(写真は1月16日)
清凉寺は、嵐山から真っ直ぐに進んだ所にある浄土宗の寺院。
建てられたのは寛和3年(987年)。

大きな仁王門は1776年(安永6年)の再建です。
門の左右には仁王像(金剛力士像)が置かれています。


IMG_7230 (2).jpg


清凉寺は、知る人ぞ知る梅の名所です。
境内は、とても広くて多宝塔前や阿弥陀堂付近など3ヵ所に梅の木があります。
今咲いているのは本堂手前「竹仙」前の白梅です

IMG_7239 (2).jpg


阿弥陀堂前では紅梅の蕾も膨らんで来ています。
阿弥陀堂から少し奥に進むと、歌の歌碑があります。

<中村芳子の歌碑>
 
「あでやかに 太夫となりて 我死なん 六十路過ぎにし 霧はかなくも」
 中村芳子さんは、初代 中村雁治郎の末娘であり元女優。
 1980年(昭和55年)11月に夕霧太夫を襲名し、7年間、島原の太夫として活躍されたそうです。
 1987年(昭和62年)12月3日に死去
 1988年(昭和63年)11月13日に歌碑が建てられています。

IMG_7250 (3).jpg


<吉井勇の歌碑>
こちらは、夕霧大夫・中村芳子を偲んで、歌人の吉井勇さんが歌を詠まれています。

「いまもなほ なつかしとおもふ 夕霧の 墓にまうでし かへり路の雨」

吉井勇さんは大正・昭和期の歌人・脚本家。
ゴンドラの歌などが有名です。
(命みじかし 恋せよ乙女・・・・)

IMG_7249 (2).jpg

土塀沿いでは山茶花も見頃を迎えています。

IMG_7258 (2).jpg


この冬は暖冬と言うものの朝晩は肌寒い日が続いている京都ですが、咲いた白梅からは梅の良い香りが伝わって来ました。

≪清凉寺≫
〇京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町
〇拝観時間 9:00-16:00
〇拝観料・境内自由
本堂の拝観料400円 釈迦如来立像の拝観料1000円。 霊宝館の入館料400円。
〇アクセス(電車) JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅より徒歩15分。
          京福電鉄嵐山駅より15分。
     (徒歩) 渡月橋から徒歩15分位15。


2020年1月17日
2020年1月 8日
2020年1月 3日
2020年1月 2日
2019年12月23日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集