海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/京都特派員ブログ

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


IMG_1309.jpg

《京都の紅葉予想》

10月半ばの金閣寺。境内のもみじは少しずつ色づいて来ています。
ウェザーニューズから、京都の紅葉予想は、
『10月中旬に入り、平年並の気温となり好天の日が続いています。
11月半ばまでの気温は、ほぼ平年並の見込みです。
紅葉見頃時期は、ほぼ平年並で、色づき具合も並となる予想です。
ちなみに延暦寺・神護寺は11月初旬。嵐山、東山は11月20日前後に見頃予定。
ただその時の気候や地理的条件で多少前後する事もあります。』
        
IMG_1331.jpg

10月14日の金閣寺。この日も沢山の人で賑わっていました。
金閣寺には一年間を通して沢山の方が参拝されています。
その参拝者数は年間約500万人と言いますから連日一万人以上の方が、お参りされている事になります。
この日も八割近くは、外国からの観光客の感じでした。

IMG_1321.jpg

《GOLDに輝く寺院》

金閣寺の正式名称は、鹿苑寺(ろくおんじ)。
衣笠山と左大文字山を背景とする金閣寺が建つ、この辺りは、
かつて平安貴族が別荘地として好んだ所でした。

金閣寺は、室町幕府三代将軍義満が、権力と財力を尽くして建てた寺院で
建物の第一層は、藤原時代の寝殿造り、第二層は鎌倉時代の書院造り、
第三層は、禅宗仏殿造りと独特の建築様式です。

IMG_1324.jpg


水面に、金閣寺が映る池の名前は、鏡湖池(きょうこち)。
池の石は、足利義満の求めに応じて
全国の守護大名が献じたものと言われています。


IMG_1320.jpg

金閣寺の公式サイトでは、毎日午前5時00分から午後8時00分まで
3分ごとに境内の金閣(舎利殿)と鏡湖池(きょうこち)周辺の様子を映した
ライブカメラが配信されていますから参考にして下さいね。
http://www.shokoku-ji.jp/k_live.html
10月半ばの金閣寺でした。

IMG_1337.jpg


2018年10月15日

IMG_1229.jpg

京都で最も京都らしい風情を感じる所は東山かも知れません。
その東山の中で、特に京都らしい景色を残している法観寺(八坂の塔)もその一つ。
東山通りから八坂りに入ると突如出現する法観寺(八坂の塔)。
絵画の遠近法さながらに、細い小路の奥に建つ五重塔。
この景色は、まさしくドキリとする風景です。

IMG_1210.jpg

法観寺は飛鳥時代に聖徳太子が建てた、日本で最初の五重塔と言われています。
その頃の法観寺は、七大寺のひとつとして記されていたことから、堂塔伽藍が建ち並んでいたそうです。
その後、長い歴史の中、京の町はたびたび戦乱となり、多くのお寺が焼失しました。
法観寺(八坂の塔)も同じで、治承3年(1179年)に八坂神社と清水寺の争いによって類焼したり、
永享8年(1436年)に炎上したりと、幾たびも火災に遭ったそうです。
でも、その度に源頼朝や足利義政といった時の権力者により再建され、現在でも、その姿を残しています。

IMG_1237.jpg


現在の塔は室町将軍・足利義政によって1440年に再建され現在に至っています。
法観寺から少し上がり、左に曲がると二年坂に高台寺。
道をそのまま上がると清水寺へと続きます。

IMG_1232.jpg


この辺りは近代の日本の歴史を感じる所も多く、龍馬坂に維新の道と、
名前だけでも幕末の歴史を想像します。
三年坂の手前を左に曲がる道は霊山護国神社に続いています。
ここには、坂本龍馬をはじめ明治維新の誕生につくした志士達1043名の霊が祀られています。


IMG_1235 (2).jpg

《フォトジェニックな塔とタワーの景色》

二年坂を下り、高台寺の高台に来ました。
法観寺(八坂の塔)を見る時、ここからの眺めもお勧めです。
夕暮れの中に、八坂の塔と京都タワーが見えます。


IMG_1255.jpg


2018年10月 9日

IMG_1215.jpg

10月7日の京都は、少し汗ばむ夏日の気温でした。
でも鴨川に広がる空からは、秋を感じました。

IMG_1191.jpg

《日本最初の五重塔・八坂の塔》

四条大橋を渡り、祇園街を抜けて、東山通りから細い通りの八坂通りに入りました。
八坂通りの奥に、八坂の塔が見えます。
八坂の塔(法観寺)は飛鳥時代に聖徳太子が建てた、日本最初の五重塔と言われています。
その後、戦いや落雷で三度焼失。
現在の塔は、室町将軍の足利義教によって1440年に再建され今日に至っています。(高さは、46m)。

IMG_1207.jpg

八坂通りを進んでいくと、八坂の塔のすぐ手前に、カラフルな形のお守りが、
沢山奉納されているお寺があります。
八坂庚申堂(正式名称「大黒山延命院金剛寺」)です。
地元の方からは「八坂の庚申さん」の愛称で親しまれています。
八坂庚申堂は、インスタ映えする寺院としても、とても人気のあるお寺です。
八坂庚申堂へのアクセスは、市バスの「東山安井」下車して八坂通の緩やかな坂道を5分ほど歩くと
八坂庚申堂の山門の前に到着します。
電車での最寄り駅は、京阪電車の祇園四条駅です。駅からは南東に徒歩約15分位です。

IMG_1221.jpg


境内には沢山の「くくり猿」。
遠くから見ると、お手玉が吊るされているように見えますが、このお手玉のようなものが、「くくり猿」なのです。


IMG_1214.jpg

≪くくり猿とは≫
サルは、欲のままに自由に走り回ります。
そして、人間の心の中にも欲望があります。
お手玉のように見える「くくり猿」は、手足を縛られた形をしています。
これは、欲をひとつ我慢すると願いが叶うということを表しています。
くくり猿の初穂料は500円です。
八坂庚申堂は、Instagramでも大人気の所として、連日沢山の人がお参りされています。


IMG_1218.jpg

≪八坂庚申堂≫
〇拝観時間:9:00~17:00
〇所 〒605-0828  京都市東山区金園町390-1 MAP
〇アクセス JR「京都駅」から 市バス「東山通北大路バスターミナル行き」15分 「東山安井」下車 徒歩6分
〇周辺のおすすめ観光スポット
 八坂の塔・二年坂・三年坂・高台寺・円山公園・
 知恩院・清水寺・八坂神社・祇園街


2018年10月 8日
2018年10月 6日
2018年10月 3日
2018年10月 2日
2018年9月24日
⇒すべての記事を見る

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集