海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 宵山 -祇園祭-

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年7月17日

宵山 -祇園祭-


宵山 -祇園祭-

%8F%AA%8ER.jpg
7月14日(宵々々山)、15日(宵々山)、16日(宵山)は夕方から夜中にかけ、市内中心部の四条通、烏丸通、そして各山鉾町は歩行者天国になります。山や鉾に提灯が点り、見物する人の多さで天国というよりも地獄になりそうです。

烏丸通や山鉾町の通りにはありとあらゆる屋台店がぎっしりと並びます。恐らく数百店はあると思われます。金魚すくいや焼きそばなどの定番の店以外に、私にとって目新しかったのは胡瓜や丸茄子の浅漬けを売る屋台と、鮎の塩焼きを売る屋台。漬物は丸ごと串に刺してくれます。買った人はフランクフルトソーセージよろしく丸かじりします。どれか食べてみたかったのですが、立ち食いを躊躇して食べ損ねてしまいました。夜店で売っているものは安くはありません。でも子供たちにとってはもとより、大人たちにとっても宵山はとても楽しいひと時だと思います。熱気に溢れて、雨が降ろうがだれもものともしませんでした。


祇園祭のガイドブックにはスタンプ帳を兼ねているものがあります。私もこの3日間、これを携えて日中から夜中まで脚を棒にして、32基ある山鉾の全部を見て回りました。スタンプ押しは無料もあれば有料(100円か金額設定なし)もあります。また厄除けの粽(ちまき)などを買うか賽銭をあげれば山や鉾にあがらせてもらえます。ただ伝統に則り、女性はダメという鉾もあります。各山鉾にはそれぞれのグッズ(粽や御守、扇子や団扇、手ぬぐいなどの授与品)があり、これを集めるのも楽しみです。


%9B%A0%95%97%8D%D5.jpg またこの期間、山鉾町の旧家や老舗が屏風を始めとする美術品など、所蔵のお宝を一般に公開します。この催しを屏風祭といい、一見の価値ありです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2007年7月17日
« 前の記事「鉾曳初め(ほこひきぞめ) -祇園祭-」へ
»次の記事「山鉾巡行 -祇園祭-」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    秋の花「萩」が咲き始めた真如堂
    九月・長月「萩の花咲く常林寺」
    9月初めの「仁和寺」
    「龍安寺」睡蓮が見頃です
    「伊根湾」に打ち上がる約1200発の花火
    外国人観光客に5年連続一位の「伏見稲荷大社」
    ウサギ好きの方にお勧め「岡崎神社」
    8月の東本願寺

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集