海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 大文字送り火異聞

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年8月21日

大文字送り火異聞


メール プリント もっと見る

大文字送り火異聞

%91%97%82%E8%89%CE.jpg この際、関係ないが、私の好きな『嘔吐』(J−P・サルトル、白井浩司 訳)の書出し(刊行者の緒言)を真似て書くとこうなる。
「この文書は、岩井徹氏の書類の中から発見されたものである。わたしはいっさい手を加えずにこれを公表する。 ……… 現在、岩井徹氏は京都・北白川大堂町で喫茶店ミューのマスターをしている。  掲載者」
手紙のようでもあるが、それは…

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
大 文 字 送 火 縁 起 経

 
如是我聞、私が聞いた大文字のいわれは次のようです。

平安末期に当時の天皇が真言宗の僧侶に命じた。
「密教の儀式をして国が平和であり永遠に栄えるようにお祈りをしろ。」
それで、如意ケ岳(大文字)に“大”の火を灯して国の平和と繁栄を祈った。


ところが、”大“の字は、真言宗が一番大事にする大日如来の”大“でもあるので、違う宗派が怒った。法華宗(天台法華)は、
「この宇宙を支配しているのは大日如来ではない。妙法蓮華経の”妙“なる教えが宇宙を支配しているのである。けしからん。」
彼らは、”大“に対抗して松ヶ崎に”妙法“を灯した。


すると、浄土宗と浄土真宗は、
「何をいっているんだ。ただ、真実は阿弥陀如来様が大きな船で来て、人々すべてを救って下さり、浄土に送ってくださるのだ。」
といって、西賀茂山に船の形を燃やした。


神道の人たちが、
「あほなことをいっていないで、神道の世界に入ってきて真実をみつけてください。」
といって、神社の聖域の門である鳥居の形を炎で表した。


後に、お盆に帰ってくる死者の霊を送るという“送り火”の意味もつけ加わった。


そして、今でも、8月 16 日がくると、各宗派が各山で自分の考えを主張しあっている。


平成18年8月18日 am 11:00    岩井


後記: フィクションです。まちがい、おもいこみも多いでしょう。ご容赦を。


追記: 鳥居は、水尾山にあり、愛宕山の入口にあたるようです。愛宕山の頂上には神社(愛宕権現)があります。仏教徒たちの気を鳥居の火のところで止めて、入ってくるなと主張しているように思われます。

平成18年8月19日 am 8:00    岩井

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

いかがですか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2007年8月21日
« 前の記事「五山送り火」へ
»次の記事「ビックリカメラ」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
    源氏物語を思う宇治の橋巡り。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島答志島・三重能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集