海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 猫がいない。または私のルーツ

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年9月13日

猫がいない。または私のルーツ


猫がいない。または私のルーツ

%8EZ%94%D5%92K.jpg 9月半ばになっても日中の気温が30度を超える日がありますが、朝晩は大変しのぎやすくなりました。今月、京都では大きな祭やイベントはありません。あらゆる面で一息ついている感じがするのが京都の9月です(日本中どこでもそうかな?)。


仕事仲間だった大の猫好きのYさんに、京都に行ったら猫の、特にデブ猫の写真を撮って送って欲しいと頼まれました。お安いご用と引き受けましたが、これが意外な難問になっています。住んでいる所や出歩く先のせいなのか、デブ猫どころか、猫を見かけることすらありません。土地柄、ひょっとして三味線の皮に?なんて冗談も出たほどでしたが、京都に来てもう5カ月経つのに、猫を見たのはたったの3回。東京なら銀座で見ることすらあるのに…。
こんな話を人にしても、そうかなー?で終ってしまいます。こんなことを気にしている人は他にいないのかも知れませんね。

%92K.jpg ところが京都では猫は見かけなくとも、あちこちで私の仲間をよく見かけます。狸の置物です。土産物屋や陶器店などで売られており、店先や住宅の玄関先などにも置いてあります。
京都の人たちは何か特に狸に思い入れがあるのかな、とか、県の木とか市の花などがあるように、京都市のシンボル* では、などと考え過ぎたほどでした。


顔を出しておきながら自分のことが良く分っていないため改めて調べてみました。
隣の滋賀県の甲賀市に信楽(旧 甲賀郡信楽町)というところがあり、ここは信楽焼の産地です。明治時代にある陶芸家がここで狸の置物を焼いたのが我々のルーツらしく、狸=他抜き(他を抜く)の語呂合わせで縁起物となり、それであちこちに置かれているようなのです。

とは言うものの、猫の話はいまだに分らないままです。


%8B%9E%93s%8Es%82%CC%96%E4%8F%CD.jpg * 参考:京都市のシンボルは花はツツジ、ツバキ、サトザクラ、木はシダレヤナギ、タカオカエデ、カツラで、鳥獣等はありません。
因みに紋章は御所車に図案化した京の文字を重ねたもの(写真は京都市のホームページから)。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2007年9月13日
« 前の記事「トランジットモール構想」へ
»次の記事「雨と萩」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 「輪違屋」
    「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾
    「祇園祭2018」を数倍楽しむ方法
    うっかり八兵衛さんの団子もある「太秦庵・ふたば菓舗」
    花の寺「法金剛院」蓮が見頃です
    フォトジェニックな景色広がる「萬福寺」
    激しい雨でした
    日本最長級の木造橋「流れ橋」を歩く

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集