海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 時代祭

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年10月30日

時代祭


メール プリント もっと見る

時代祭

1.%88%DB%90V%8B%CE%89%A4%91%E0%97%F1%28%96%BE%8E%A1%88%DB%90V%8E%9E%91%E3%81j.jpg 10月22日、京都の三大祭の最後を飾る時代祭が行われました。この祭は平安京遷都1100年を記念して明治28年(1895年)に創建された平安神宮(祭神は遷都を行った桓武天皇)の祭礼で、平安時代から明治維新までの各時代の風俗や著名人を模した行列が行われます。(左の写真は維新勤王隊列 〔明治維新時代〕)

さて、この祭には二つの特徴があります。一つは風俗列の順序が年代を逆にたどる「倒叙法」を取っていること、つまり行列の進行が明治維新から始まり、平安時代まで遡ることです。それは風俗列で歴史を回顧し、行列の最後の神幸列に自然につながるようにするためのようです。もう一つは室町時代の列がなかったことです。室町幕府を開いた足利尊氏は天皇に背いた逆賊とされて最初から外されていましたが、桓武天皇没後1200年の記念として今年から新たに加えられました。


行列は〔明治維新〕〔江戸〕〔安土桃山〕〔室町〕〔吉野〕〔鎌倉〕〔藤原〕〔延暦〕の8時代20列で編成されています。歴史の教科書とはちょっと違う分け方ですね。祭を運営しているのは平安神宮の崇敬団体「平安講社」で、市域を10地区に分け、各地区の講社がそれぞれ一つの時代を担当して行列に参加します。また各種の組織や団体が婦人列などの各時代に特徴的な列で参加しています。


行列は正午に京都御所の建礼門前から出発し、烏丸通、御池通、三条通を通って平安神宮に向かいます。全部見終るまで2時間ほどかかりました。列ごとの後尾に講社の面々が揃いの裃で歩いていますが、人数が多いためか、私には長いスタッフロールを見せられているような気がしました。


一番の見どころは行列の装束です。衣装のきらびやかさには目を見張るものがあります。ちょっと着てみたいものもありました。以下に何がしか写真を掲載しましたのでご覧下さい。


2.%93%BF%90%EC%8F%E9%8Eg%8F%E3%97%8C%97%F1%81i%8D%5D%8C%CB%8E%9E%91%E3%81j.jpg 徳川城使上洛列 〔江戸時代〕

3.%96L%8C%F6%8EQ%92%A9%97%F1%81i%88%C0%93y%81E%93%8D%8ER%8E%9E%91%E3%81j.jpg 豊公参朝列 〔安土桃山時代〕

4.%8E%BA%92%AC%96%8B%95%7B%8E%B7%90%AD%97%F1%81i%8E%BA%92%AC%8E%9E%91%E3%81j.jpg 室町幕府執政列 〔室町時代〕

5.%8E%BA%92%AC%97%8C%92%86%95%97%91%AD%97%F1%81i%8E%BA%92%AC%8E%9E%91%E3%81j.jpg 室町洛中風俗列 〔室町時代〕

6.%91%E5%8C%B4%8F%97_%92%86%90%A2%95w%90l%97%F1%81i%8A%99%91q%81E%8E%BA%92%AC%8E%9E%91%E3%81j.jpg 中世婦人列のうちの大原女(おはらめ) 〔鎌倉・室町時代〕

7.%93%A1%8C%B4%88%D7%89%C6%82%CC%8E%BA_%92%86%90%A2%95w%90l%97%F1%81i%8A%99%91q%8E%9E%91%E3%81j.jpg 中世婦人列のうちの藤原為家の室 〔鎌倉時代〕 (歌人 藤原為家の夫人。出家して阿仏尼。「十六夜日記」の作者)

8.%8F%E9%93%EC%97%AC%93L%94n%97%F1%81i%8A%99%91q%8E%9E%91%E3%81j.jpg 城南流鏑馬列 〔鎌倉時代〕

9.%94b%8C%E4%91O%81i%95%BD%88%C0%8E%9E%91%E3%95w%90l%97%F1%81j.jpg 巴御前 〔平安時代婦人列〕 (木曽義仲の嫁御)

10.%8F%ED%94%D5%8C%E4%91O%81i%95%BD%88%C0%8E%9E%91%E3%95w%90l%97%F1%81j.jpg 常盤御前 〔平安時代婦人列〕 (源義経の母御ですね)

11.%98a%8BC%8DL%92%8E%28%95%BD%88%C0%8E%9E%91%E3%95w%90l%97%F1%81j.jpg 和気広虫 〔平安時代婦人列〕 (ホントは奈良時代の女官ですが…)

12.%89%84%97%EF%95%B6%8A%AF%8EQ%92%A9%97%F1%81i%89%84%97%EF%8E%9E%91%E3%81j.jpg 延暦文官参朝列 〔延暦寺代〕 (眼鏡に少々違和感が…)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2007年10月30日
« 前の記事「元政庵瑞光寺・稲荷山・猫」へ
»次の記事「京都御所一般公開」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    遠くて近い歴史に触れる所「舞鶴引揚記念館」。
    「時代祭り」は台風の為、中止となりました。
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集