海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 歳末の光景

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年12月24日

歳末の光景


歳末の光景

Merry%20Xmas%202007.jpg 「京の八百八寺」と言われるように京都は仏教寺院の多いところですが、意外なことにその数において全国一ではありません。都道府県レベルでは4千超と愛知県がダントツに多く、以下、大阪(約3千)、兵庫(約2千8百)と続き、京都は2千6百から7百の間で、僅差で東京に次ぐ5番目のようです。奈良も多そうなのですが、これまた1千4百ちょっとで20番目くらいらしいです。

そうはいっても私の住居から半径100メートル以内に寺が3軒、跡地が1か所あって、感覚的には全国一です。京都には有名寺院が多いことや寺の集積度が高そうなところがそう思ってしまう原因かもしれませんね。市区レベルで見ると違う結果になるのでは、と思っています。


X%27mas%20Tree.jpg こんな京都も例外ではなく、「でもそんなのカンケーネー」とばかりに繁華街や商業施設にはクリスマスのイルミネーションが煌めき、クリスマスソングが流れています。恒例の〈今年の漢字〉は「偽」でしたが、毎年「どんだけ〜」の「偽(にせ)」クリスチャンが発生することやら…。実はキリスト教系以外の幼稚園などでも子供たちにせがまれてこっそりクリスマス会なんぞを開いているんでは?などと妄想してしまうほどこの時期、日本はさながらキリスト教国。


%8D%A1%94N%82%CC%8A%BF%8E%9A.jpg %8BU.jpg (ここからは内緒話! 紅葉を見に清水寺に行ったときのこと、本堂の脇に〈今年の漢字〉の投票用紙と投票箱が用意してありました。絶対にこれが選ばれるという確信のもと私も1票を投じました。そしてマスコミ等の報道でご存知の通り「偽」が選ばれました。でも「偽」と書いたつもりが、実は「擬」と書いてしまっていたのです。意味は近いのですがやはり「擬」は「偽(にせ)」の「偽(ぎ)」ですかね?箱に入れてから気がついたのですが、パソコンの普及で字を「書く」ではなく「打つ」になってから久しいせいか、読めても書けない漢字が笛(?「増え」の誤変換)、そのうち自分の名前が書けなくなるのでは、と心配しています。)


では私も便乗して "Folks ! Merry Christmas and A Happy New Year."

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2007年12月24日
« 前の記事「京都・嵐山花灯路」へ
»次の記事「大阪のおばちゃんたち - 京都の観光を支える人々」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    韮澤 成行
    東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集