海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 徒歩でトボトボ - 四条通と烏丸通 -

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年2月25日

徒歩でトボトボ - 四条通と烏丸通 -


メール プリント もっと見る

徒歩でトボトボ - 四条通と烏丸通 -

7.%8El%8F%F0%89G%8A%DB.jpg 京都市街の中心部を東西と南北に貫くのが四条通と烏丸通です。そういうわけで(?)先々週から先週にかけ、数回に分けてこの二つの通りを(歩いたことがある区間を除いて)歩いてみました。通りの長さはどちらも8km余りあります。
ある時は吹雪の中を洟を啜りながら、またある時はトイレと喉の渇きを我慢しながらの行程でしたが、意外と簡単に歩けてしまいました。大人の脚でなら、通しで歩いてもどちらも2時間はかからないと思います。
左は二つの通りが交わる市の中心部・四条烏丸。左手奥(南方向)に京都タワーが見えます。

1.%8El%8F%F0%92%CA%93%8C%92%5B.jpg 四条通の東端。八坂神社の脇。東大路通との丁字路。


2.%8El%8F%F0%92%CA%90%BC%92%5B.jpg 東端ほどは馴染みのない四条通の西端・松尾大社前、物集女(もずめ)街道との交差点。踏切の先は桂川にかかる松尾橋。右下は鳥居の影です。


3.%89G%8A%DB%92%CA%93%EC%92%5B.jpg 烏丸通の南端、手前は久世橋通。奥に見えるのは言わずと知れた京都タワー。ここからJR京都駅までは1.6km。観光では来ることのない場所です。


4.JR%8B%9E%93s%89w%83r%83%8B%82%A9%82%E7.jpg JR京都駅ビルから見た北に延びる烏丸通。


5.%89G%8A%DB%96k%91%E5%98H.jpg 烏丸通と北大路通との交差点・烏丸北大路ですが、ここが烏丸通の北端かどうかは不明です。というのはここから更に北へ400mほどの2車線の細い道があるからです。これも烏丸通なのか分かりません。でも今はこの交差点を烏丸通の北端ということにしておきます。
まったく考えもしなかったことなので、ここから京都駅ビルと京都タワーが見えた(直線道なので当り前、かな?)ときは少々感激しました。思いもしなかったところから富士山が見えたような…、というほどでもないか。


6.%89G%8A%DB%96k%91%E5%98H%81i%96%5D%89%93%81j.jpg 拡大(?)するとこうなります。


歩いた後の印象。まず横をひっきりなしに走る車の音が実にうるさい。それから、当然ながらの信号の多さ。どちらの通りも50近くあります。そして後ろから音もなく追い越していく自転車の危なさ。何もいいことはなし、でした。トホホ…


こんなことをしている間、新聞で東京のJR山手線沿線30何kmか(四条通か烏丸通を2往復分!)を
11時間かけて歩き通した、という記事を読みました。自分でも歩いてみたいと思いましたが、たぶん思っただけでしょう。京都に山手線はないし・・・?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2008年2月25日
« 前の記事「顔洗って下さい」へ
»次の記事「早春の草花展 -府立植物園-」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都佐賀八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2東京3松前栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集