海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 京都・東山花灯路

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年3月20日

京都・東山花灯路


メール プリント もっと見る

京都・東山花灯路

1.%94%AA%8D%E2%82%CC%93%83.jpg 3月14日(金)から23日(日)まで東山花灯路が開かれています。会場は、北は三条神宮道から八坂神社・円山公園を経て、南は清水寺・茶わん坂までの間の約4.6kmの「灯りと花の路」です。ルート沿いに6種類・約2400基の露地行灯が並べられています。照明の点灯は午後6時から午後9時30分まで。

12月の嵐山花灯路は場所柄、自然の中が会場でしたが、今回はまったくの街中です。18日の夜に行って来ましたが、人出は嵐山の時より少なく感じました。

%8EO.jpg 4.%93%60%93%9D%82%CC%93%94%82%E8%93W.jpg 5.%83W%83%83%83O%83%8A%83%93%83O.jpg

会場エリアの1社6寺では特別拝観(有料)とライトアップが行われ、期間中常設の「いけばなプロムナード」や円山公園内での「現代いけばな展」、「伝統の灯り展」などが楽しめます。また高台寺公園での舞妓の踊りやコンサート、清水寺仁王門前での大道芸、人力車行列などの様々な催しの他、各種協賛事業が行われています。

2.%8C%BB%91%E3%82%A2%82%AF%82%CE%82%C8%93W.jpg 6.%8C%DC%8Fd%93%83%91O.jpg

灯りがテーマであり、ライトアップが売りなのは分かりますが、いけばなまでライトアップしなくても…と思いました。強い光を当てるため明暗のコントラストがきつく、光が直接目に入るのでまぶしくて甚だ見にくいのです。作品を闇の中に浮かび上がらせようという意図は分かりますが、ライトアップの効果がマイナスに作用しているとしか感じられません。もっと作品を鑑賞しやすい照明にして欲しかったですね。


寺社には寄らず、一通り歩いただけで2時間近くかかりました。日中は温暖でも、夜はかなり冷えます。これからお出かけの方は寒さ対策をお忘れなく。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2008年3月20日
« 前の記事「つれづれなるままに・・・ - 双ヶ丘 -」へ
»次の記事「続・東山花灯路」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
    源氏物語を思う宇治の橋巡り。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島答志島・三重能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集