海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > たまには食べ物の話を書いてみよう

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年4月20日

たまには食べ物の話を書いてみよう


メール プリント もっと見る

たまには食べ物の話を書いてみよう

%90%82%82%EA%8D%F7%82%C6%90%CE%92%EB.jpg

植草甚一 * 張りのタイトルで始めましたが(だれ?それ…)、4月に入ってから2週間ばかりの間、憑かれたように桜の花を訪ね歩き、実際疲れました。醍醐寺から始めて名のある所を10カ所以上回り、見たいところはまだまだあったのですが、京都の桜はもうお終いです。


桜の名所は全国各地にあり、京都だけが特別なわけではなく、皆さんもそれぞれの花見を楽しみ、またこれから楽しもうというところだと思いますので、京都からは最後に行った龍安寺の桜だけをお目にかけます。生命を持たない枯山水と生命溢れる枝垂桜のコントラストは、見飽きることがないほど素晴しいものでした。

さて、京都に来てからはほとんど外食することがなくなってしまい、食べ物の話を書くことはありませんでしたが、先週、東京から昔仲間のYさんが友達のYさんと観光に来てくれて、一緒に有名店(かな?)で食事をすることになりました。そんな次第で、たまには食べ物の話を書いてみます。お二人とも私より遥かに若い女性ということもあって喜んで案内役を買って出たのですが、出来たのはせいぜい道案内程度(もっと勉強しておかないと…)。最初の夜はたまたまもうお一人、東京から見えたこちらも若い女性のYさんが加わってYYと、京都に来てからこれ以上ないほど楽しい時間を過ごすことができました。


%82%A8%8C%88%82%DC%82%E8%88%EA%92%CA%82%E8.jpg 食事は旅行に欠かせない楽しみです。 初日は南禅寺そばの奥丹(おくたん)の湯豆腐で昼食。ここは江戸時代の創業という老舗。献立は「おきまり一通り」で胡麻豆腐・精進揚げ・木の芽田楽・湯豆腐・とろろ汁・ご飯・汁椀・香の物で3150円。

私は○○尽くしというような食事は余り好きではありません。いくら旨くても最初から最後まで同じ食材ばかりだと栄養に偏りが生じそうだし、何より飽きてしまうからです。以前、松茸尽くしという料理を食べたことがありましたが、そろそろ飽きそうなところへ持って来て、目の前で焼いている松茸の強い香りで頭痛がしそうになり、それ以来、松茸は余り食べたくなくなりました。松茸怖い。ご馳走しないで下さい (^ ^!


でも今回の湯豆腐のコースは飽きることなく食べられました。淡白だったせい?いや、やはり旨かったからだと思います。自分でもはっきりしないのは、この時の私には彼女たちとの会話が一番のご馳走だったからです。3000円余りの昼食は贅沢でしたが、たまにはいいものです。

私には食べものの写真を撮るという習性がないため、湯豆腐の写真はYさん(どの?)から拝借しました。食べ始めていたので雑然としていますが、味は無理でも様子はお分りいただけると思います。


%90V%95%97%8A%D9.jpg 夜は野菜がメインの店を訪ね歩きましたが、月曜日のせいか行く先々が休業日。ようやくたどり着いたのが新風館 ** の旬の京野菜が味わえるというTAWAWA 。サービスにやや不手際(たまたま?)を感じたものの、店内は広くゆったりとしており、味と値段(1人2500円ほど)は良かったと思います。


%89%D4.jpg 翌日も昼からいいものを食べました。天龍寺篩月(しげつ)で精進料理です。店は境内の南側に建つ龍門亭の中にあります。席は庭や嵐山を望む座敷の両側に襖や壁を背にして横に並び、反対側の客と対面して座ります。でも部屋が広いので気にはなりません。正座しても胡坐をかいても構いませんが、椅子に座る生活をしている身にはちょっと辛いです。

メニューは雪(一汁五菜)3000円、月(一汁六菜)5000円、花(一汁七菜)7000円の3種類。雪以外は要予約(二人以上)。一菜の違いで2000円違いますが、これがどれほどのものかは分かりません。

禅寺などの門前には「不許葷酒入山門」 *** と刻んだ石柱が立っていることがあります。精進料理にニラやニンニクは使わないので、本来、私も入ってはいけないのかも知れませんが、酒類はありました。異議あり!?


庭園拝観料500円を払って庭に入らないと店には行けません。でもその方が混まなくていいのかも知れません。我々が選んだのは雪ですが、同じような値段でも前日の湯豆腐よりお得感がありました。食事も雰囲気も、誰か来たら案内したいところです。ここはお薦め。


観光案内ができたのは2日間しかなかったので、沢山悔いが残りました。3人のYさん、また来て下さい。そしてこれをお読みの皆さんも是非京都にお出で下さい。

-----------------------------------------------------------------------------
* 植草甚一:1908-1979。評論家、エッセイスト。洋書、映画、ジャズ、ミステリーなどの評論で60歳を過ぎてから売れ出した。通称J・J氏。著書多数。

** 新風館:烏丸姉小路東入る(烏丸は「からすま」、姉小路は「あねやこうじ」、東入るは「ひがしいる」と読みます)にある元京都中央電話局(のちNTT京都支店)の建物を利用した複合商業施設。ファッションやレストラン、インテリア関係の約30店舗が入る。中庭にステージがありイベント会場になる。

*** 不許葷酒入山門:「葷酒(くんしゅ)山門に入(い)るを許さず」と読む。(仏道修行の妨げになるので)生臭い食べ物と酒は寺に入れてはならない、の意。現実との違いを揶揄して「許さざれども葷酒山門に入る」などと読むこともある。「不許葷辛酒肉入山門」と彫ってあることもある。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2008年4月20日
« 前の記事「大変だ! - 桜満開 -」へ
»次の記事「名物二題 - 勝手に大阪特派員」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集