海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 名物二題 - 勝手に大阪特派員

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年4月23日

名物二題 - 勝手に大阪特派員


メール プリント もっと見る

名物二題 - 勝手に大阪特派員

5.%91%BE%98Y%90l%8C%60.jpg すったもんだの末、日銀総裁がようやく決まりましたが、大阪特派員はまだですか〜?と勝手なことを言いつつ、日銀といえば通貨、通貨(貨幣)といえば印刷局と造幣局。そして大阪とくれば造幣局桜の通り抜けです。今年は4月16日〜22日。夜桜見物あり。
一度は行ってみたかった桜の通り抜け。もうお終いと言いながら、造幣局の遅咲きの桜が今年の花見の本当の締め括りになりました。

電車が天満橋駅に近づくと、車窓から橋(川崎橋:人道橋)を行き交う大勢の人々が見えてきました。胸の中で思わず「ゥワー!」という声。人の多さに不安を感じます。橋の北詰では警察が交通の規制中。造幣局の南門へ向かう道は露店の連なりです。今年はもう終わりましたが、造幣局の脇を流れる大川ベリは、桜之宮公園毛馬(けま)桜之宮公園があり、その名の通り4キロメートル以上にもわたる桜の名所です。


3.%92%CA%82%E8%94%B2%82%AF.jpg 2.%8D%A1%94N%82%CC%89%D4.jpg

観桜は無料。飲食、立ち止まりは禁止。造幣局の南門と北門の間の560メートルの敷地内通路が会場で、南から北への一方通行です。道の両側に全国各地から集めたという125品種、370本の桜の木がありますが、全部咲き揃っているわけではありません。終わってしまった木も沢山ありました。


それにしてもこれだけの種類の桜を1カ所で見られるとは凄いことです。人気の高さが納得できます。そして今年の桜は「普賢象」(ふげんぞう:造幣局では毎年、その年の桜を決めて紹介している)。花の中から曲がって突き出た2本の雌しべが、普賢菩薩が乗る象の鼻に似ているということから付けられた名前です。室町時代の京都に現れた品種で、花弁の数は20〜40枚。花の色は開花の進行につれて淡紅色から白色に変わります。

花の種類はこちらをどうぞ→http://www.mint.go.jp/sakura/torinuke/sakura_01.html


%89%D4%82%CC%83g%83%93%83l%83%8B.jpg 今年はさんざ見てきたので、私の中では花見はもう季節外れの感なきにしもあらずです。加えて足元にまで垂れる枝、花弁数の多い重そうな花、濃厚な色にくどさを感じ、正直ゲップ状態。花弁数が少なく色も薄い清楚な感じの花を見かけると、料理の口直しにシャーベットを食べた時のようなホッとした感じがしました。


たまたまなのかどうなのか、電車内で心配したほどの混雑はなく、警備員からも「立ち止まらないで歩いて下さい」との声は聞いていたほどはありませんでした。お陰で写真を撮りながら1時間余りも見て歩くことができましたが、中にはなぜ通り抜けというのかを説明しつつ、(通常の)花見はできません、立ち止まらずに歩いて下さい、としきりに呼びかけている警備員がいて、これにはちょっと耳をひかれました。


4.%98I%93X.jpg 来た方向へ戻ろうと、北東の桜門から外に出ると、そこ(桜之宮公園)にはびっしりと露店が並び、通り抜け会場の総延長より長く連なっています。店々から旨そうな匂いが漂ってくるのでついふらふらと…というわけには実はいきません。このあと7月の閉店でいっそう有名になったくいだおれ行きを予定していたからです。


%89%DD%95%BC%83Z%83b%83g.jpg 記念に「桜の通り抜け貨幣セット」(1800円)を買いました。平成20年銘の未使用通常硬貨6種類を小さな純銀製の年銘板と桜の写真と一緒に透明ケースに組み入れたものです。硬貨の合計金額666円を考えると、純銀製のプレートや他の諸々を入れても、ちょっと高くない?の印象。


9.%90%85%82%CC%93s.jpg 天満橋の上から夕暮れ時の船が行き交う大川を見ていると心が和み、水の都大阪がまた少し好きになりました。


%82%AD%82%A2%82%BE%82%A8%82%EA.jpg 6.%95%CA%82%CC%8Ap%93x%82%A9%82%E7.jpg

初めて乗った地下鉄線で、迷いながらも何とか道頓堀に着きました。そして人垣の後ろからいだおれ太郎との初対面を果たすことができたのです。太郎の動画 もあります。


人だかりのそばを素通りするほど野次馬根性が不足している私としては、特派員を仰せ付かった以上、ミーハー的と言われようが多様なことに反応しようと心がけている積りです。しかもくいだおれに来るのは今回が最初で最後になるかもしれません。そんな理由でここまで来たわけで、ひっきりなしに記念撮影をしていく通りがかりの人々に混じって写真を撮り、それから店内に入りました。


案内の店員さんに食事の種類(和食)を伝えると、エスカレーターで3階へ通されました。驚いたことに、外からは想像も付かないほど奥行きのある建物です。間口は10メートルもなさそうなのに、奥行きはその4〜5倍はありそうで、京都の町家以上?!こんなところに驚いた反面、夕食時なのに余り混まない店内が気になりました。


7.%82%B7%82%AB%8F%C4%82%AB%8C%E4%91V.jpg 頼んだものはすき焼き御膳と生ビール(小)、締めて2435円。値段の割にはちょっと寂しい内容でした。今回はグルメコーナーではないので味の云々はさておき、大勢で来てワーッとやるのが楽しそうなところです。
帰りの階段を下りている時に聞こえてきた店のテーマ曲、そして太郎が打ち鳴らす(ことになっている)楽器の音は気分を盛り上げてくれるのですが、背負った大太鼓の間延びした音だけは閉店の話がなかったとしても物悲しく聞こえました。


8.%93%B9%93%DA%96x%8F%A4%93X%8AX.jpg 道頓堀商店街の看板は新世界で見た以上の凄さです。京都ではあり得ません!思わずきょろきょろしてしまい、まったくの御上りさん状態でした。さすが大阪!さすが道頓堀!
折角なので心斎橋筋商店街を北へまっすぐ本町まで、喫茶店に寄りながら2キロほど歩いてから帰ってきました。
倒れるほどは食ってこなかったので、家に着くまでに腹が減ってしまいました。(アッ!太郎のマスコット買い忘れた)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2008年4月23日
« 前の記事「たまには食べ物の話を書いてみよう」へ
»次の記事「知っていれば恥をかかない箸の話」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集