海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 八十八ヶ所巡り

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年5月13日

八十八ヶ所巡り


メール プリント もっと見る

八十八ヶ所巡り

%8E%F3%95t.jpg と言っても四国の、ではありません。

桜の頃、龍安寺の北の原谷(はらだに)という所から仁和寺まで、山を越えて歩いて来たことがあります。途中、宇多天皇の大内山陵に寄るために別の山道を登り始めると、谷の反対側の山の頂近くに木の間隠れに建物らしきものが見えます。あんなところに何だろう?と思い、帰ってから調べると仁和寺の裏山にある成就山(じょうじゅさん。236メートル)八十八ヶ所霊場(御室八十八ヶ所ともいう)のお堂の一つだということが分かりました。


%90%AC%8FA%8ER.jpg 成就山八十八ヶ所のことは何となく知っていたこともあり、疑問が解消した途端、急に興味が頭をもたげてきました。そこで11日(日)の「仁和寺 成就山88ヶ所ウォーク」に参加することにしました。「八十八」ではなく「88」、「巡礼」や「巡拝」でなく「ウォーク」としたところはイメージチェンジを計ろうとした苦心のあと?


%82%A8%95%D5%98H%93%B9.jpg %88%EA%94%D4%8ED%8F%8A%81E%97%EC%8ER%8E%9B.jpg

金堂前の受付で参加費300円を払ってスタンプ帳をもらい、弘法大師を祀った御影堂に参拝してから霊場に向かいます。遍路(参加者)の多くは高齢者ですが、親に連れられた子供もいました。当イベントは年6回の開催で、誰でも参加できます。受付は開催日の午前9時から午後1時まで。今年の予定は6月8日(日)、7月6日(日)、9月7日(日)、10月4日(土)、11月16(日)のあと5回です。


%82%A8%93%B0%82P.jpg %82%A8%93%B0%82Q.jpg

道路が整備され、交通も便利になったとはいえ、今でも四国の霊場巡拝は大変なこと。このため全国各地にミニ霊場が造られましたが、当八十八ヶ所の由来について仁和寺のホームページに〈四国への巡拝が困難だった頃、文政10年(1827年)に当時の門跡の願いで四国八十八ヶ所霊場の砂を持ち帰り、仁和寺の裏山(成就山)に埋めてお堂を建てたのが始まり〉ということが書かれています。従って当然、寺(お堂)の名前も本尊も巡拝のステージ*も四国の霊場をそっくり擬しています。


%8F%84%94q%88%C4%93%E0%90%7D.jpg 総延長3キロメートルの順路に88ものお堂があるため、単純計算で34メートルに一つ、という高密度です。道の先々に堂が連なっており、お参りしてスタンプを押し、歩き出すともう次のお堂、と言うことで巡拝は結構忙しく、どんどん単純作業化して行きます。
%83X%83%5E%83%93%83v%92%A0.jpg
大きくは山の尾根筋を右に回るコースになっていますが、道は折れ曲がった急な坂が大半で、木々に囲まれて見通しが利かないため方角が分からなくなります。ひたすら歩いて第四十四番大宝寺のスタンプを押し、やっと半分か、の感。ここまで約1時間20分。


%8B%9E%93s%8Es%8AO%93%EC%95%FB.jpg %90m%98a%8E%9B%8E%FC%95%D3%98%EB%E1%D5.jpg

幾つかを除けば、お堂はどれも3メートル四方ほどの大きさで、まるで規格品のようにそっくり同じ造りです。そしてどこにも本尊と弘法大師の像がペアで祀ってあります。途中に数カ所、眺望の利く所があり、息継ぎの場所となります。コースの最後の方は谷間の道になり、比較的平坦です。

(写真左:左手にJR京都駅ビルと京都タワー、東西両本願寺が、また右手には東寺の境内と五重塔が見えます。その奥は伏見城ですね。 写真右:眼下に仁和寺境内と双ヶ丘が望めます。五重塔の先には妙心寺の境内の一部が見えています。双ヶ丘の左の森は法金剛院、右奥の森は広隆寺です)


%82%A8%93%B0%82R.jpg %8C%8B%8A%E8%81E%91%E5%8CE%8E%9B.jpg

第六十番あたりからは加速感が加わって(気のせいです)気持が楽になり、第88番の結願寺・大窪寺までに要した時間は約3時間でした。寺側の案内では約2時間で、写真なんか撮らずにひたすら歩けば2時間で回って来られると思います。前をどんどん追い抜いて進んでいく人、参拝はまったくせずひたすら歩いていく人(非正規参加者?)もいました。


最後に出発場所の受付に戻り、最終スタンプを押してもらって終了です。係の若い僧侶に次回の参加を勧められたものの生返事をしてきましたが、今は天気さえ良ければ(もっとも雨天時は中止)もう一度、いや何度でも行ってみたい気持になっています。
信仰にはこだわらず、スタンプラリーやハイキングの気分でOKです!参加してみませんか?

------------------------------------------------------------------------------
* 巡拝のステージ : 八十八ヶ所は四つのステージ(段階)に分けられます。徳島県(阿波の国)の第一番から第二十三番までが〈発心の道場〉、高知県(土佐の国)の第二十四番から第三十九番までが〈修行の道場〉、愛媛県(伊予の国)の第四十番から第六十五番までが〈菩提の道場〉、香川県(讃岐の国)の第六十六番から第八十八番までが〈涅槃の道場〉です。


余談 : 帰ってからスタンプ帳を眺めていたら、「薬師如来」の多さに気がつきました。以下は八十八ヶ所の本尊の名称と数の集計結果(御本尊人気ランキング?)です。

 
 1 薬師如来      23   26%
 2 千手観音      13   15%
 3 十一面観音     11   13%
 4 阿弥陀如来     10   11%
 5 大日如来       6    7%
 6 釈迦如来       5    6%
 7 地蔵菩薩       4    5%
 8 聖観音        4    5%
 9 虚空蔵菩薩      3    3%
10 不動明王       3    3%
11 勝軍地蔵       1    1%
12 大通智勝仏如来  1    1%
13 馬頭観音       1    1%
14 毘沙門天       1    1%
15 弥勒菩薩       1    1%
16 文殊菩薩       1    1%
     計        88  100%


この偏りはどうしてでしょうね?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2008年5月13日
« 前の記事「因幡堂 - 実在する狂言の舞台」へ
»次の記事「葵祭」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「時代祭り」は台風の為、中止となりました。
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    賀茂祭(かもまつり)

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集