海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 京都御苑二十所 ・・・行かずに巡れる御苑の旧跡

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年9月29日

京都御苑二十所 ・・・行かずに巡れる御苑の旧跡


メール プリント もっと見る

京都御苑二十所 ・・・行かずに巡れる御苑の旧跡

%8B%9E%93s%8C%E4%89%91.jpg 9月も末になり、やっと快適な季節が巡ってきました。
夏籠り(?)で鈍った体を元に戻そうと、足慣らしに京都御苑の散策に出掛けました(27日)。
京都の人たちは京都御苑のことは「御苑」などと言わず、御所も御苑も区別しないで「御所」と呼んでいます。今言うところの御苑を昔は何と言っていたかは知りませんが(大内裏?)、その様子は現在とはまったく違っていました。

現在、御所と仙洞御所、大宮御所以外の、公園となっている場所には、かつては200もの公家屋敷がぎっしりと建ち並んでいました。豊臣秀吉が御所の周囲に公家たちの屋敷を集めたのが始まりのようですが、1869年(明治2年)の東京遷都に伴い公家たちも東京に移ってしまったため、一帯は急速に荒廃していったそうです。


8年後の1877年(明治10年)、天皇が京都に行幸した折、その荒廃ぶりを嘆き悲しみ、旧観の維持と保存の沙汰を下し、これによって公家たちの邸宅は取り壊され、跡を緑地として整備したのが現在の京都御苑の始まりです。


%83%8B%81%5B%83g%94%C2.jpg %8FE%90%89%93%40%81i%8B%E3%8F%F0%92r%82%A9%82%E7%81j.jpg 近年、苑内20カ所に往時を偲ばせる立て札(「駒札」と言うそうです)が設置され、これらを巡る見えない散策ルートが設けられています。一度、全部見て回ろうと思っていたので行ったのですが、間ノ町(あいのまち)口に差し掛かると、入口右手の築200年の拾翠亭(しゅうすいてい。九条家別邸の茶室)が公開日だったので入ってしまい(参観料100円)、その後、向かいの閑院宮邸跡(閑院宮(かんいんのみや)は江戸時代の四親王家の一)に寄って見学に大分時間をかけたため、本来の目的が完遂できなくなってしまいました。因みに閑院宮邸跡は参観無料。御苑に関する資料の展示室があり、京都御苑の歴史や自然を詳しく知ることができます。


ではこれまで見て回ったところの一部をご紹介します。御苑南の堺町御門から時計回りに掲載しています。行った気分で見て下さい、って無理ですよね!


第二番 九條邸跡
2.%8B%E3%8F%F0%93%40%90%D5.jpg 2-b.%8B%E3%8F%F0%93%40%90%D5.jpg


第三番 閑院宮邸跡
3.%8A%D5%89%40%8B%7B%93%40%90%D5.jpg 3-b.%8A%D5%89%40%8B%7B%93%40%90%D5.jpg


第六番 西園寺邸跡
6.%90%BC%89%80%8E%9B%93%40%90%D5.jpg 6-b.%90%BC%89%80%8E%9B%93%40%90%D5.jpg


第七番 枇杷殿跡
7.%94%F8%94f%93a%90%D5.jpg 7-b.%94%F8%94f%93a%90%D5.jpg


第十一番 近衛邸跡
11.%8B%DF%89q%93%40%90%D5.jpg 11-b.%8B%DF%89q%93%40%90%D5b.jpg


第十二番 猿ヶ辻
12-a.%89%8E%83%96%92%D2.jpg 12-b.%89%8E%83%96%92%D2.jpg


第十四番 土御門邸跡
14.%93y%8C%E4%96%E5%93%40%90%D5.jpg 14-b.%93y%8C%E4%96%E5%93%40%90%D5.jpg


第十五番 橋本家跡(皇女和宮生誕の地)
15.%8B%B4%96%7B%89%C6%90%D5.jpg 15-b.%8B%B4%96%7B%89%C6%90%D5.jpg


第十八番 桜町
18.%8D%F7%92%AC.jpg 18-b.%8D%F7%92%AC.jpg


第二十番 鷹司邸跡
20.%91%E9%8Ei%93%40%90%D5.jpg 20-b.%91%E9%8Ei%93%40%90%D5.jpg


ついでながら、もともと平安京が造営されたときの御所(内裏)は、現在の位置から2キロほど西の船岡山の南方にあり、そこから南に延びる朱雀大路は、現在の千本通と重なります。1392年の南北朝合一を機に、その時の里内裏(さとだいり。内裏の焼失などにより公家の屋敷を臨時の内裏としたもの)があった場所が正式の内裏になったのが現在の京都御所です。
平安京自体が当初より東(左京側)にシフトしてきたのは、上記理由のほか、当時の右京が湿地帯だったため町として発展しなかったという理由もあったようです。


現在の京都御苑は東西約700メートル、南北約1300メートル、1周約4キロメートルの長方形をしています。ここに来ると広々とした中でゆったりとした気分になれますが、一通り散策するだけでも時間と気力と体力が必要です。そして東京遷都がなかったら、今の京都は、そして東京はどうなっていただろう? などと想像してしまいます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2008年9月29日
« 前の記事「五山送り火 2008」へ
»次の記事「京都御苑二十所 ・・・行かずに巡れる御苑の旧跡(その二)」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    萩まつり -梨木神社-
    雨と萩
    猫がいない。または私のルーツ
    トランジットモール構想
    東京都特派員 −京都特派員番外編・特派員のカミング・アウト?−
    ビックリカメラ

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集