海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 方丈の庵

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年11月 8日

方丈の庵


メール プリント もっと見る

方丈の庵

1.%8D%D7%93a%93%E0%95%94.jpg 先日、テレビのニュースで、下鴨神社で共に重要文化財の細殿(ほそどの)と橋殿(はしどの)が特別公開中ということを知り、半月前に行ったばかりなのに、また出かけて行きました。1番の目的は十二単を間近で見ることでした。

細殿は高貴な人々の行事や控えの場所として、また橋殿は御蔭祭(みかげまつり)* の時の神宝の奉安殿や、古くは行幸の際の公卿や殿上人の控えの場として使われた社殿で、建物自体はいつでも見ることができます。


* 御蔭祭:左京区八瀬の御蔭山から神霊を迎える祭祀。


%93%F1%92P%81E%8D%B6.jpg %93%F1%92P%81E%92%86.jpg %93%F1%92P%81E%89E.jpg

今回の公開では普段なら無料で立ち入れる場所に結界(?)が設けられ、800円で中に入れて建物に上ることができます。細殿にはマネキンに着せて十二単が展示されており、橋殿には神宝が奉安されていました。十二単で過ごすのは何かと大変そうですが、その美しさには見蕩れます。


他にこちらも重要文化財の大炊殿(おおいどの:神饌を調理する社殿)や御井(みい)、御車舎(みくるまや)等々、様々な場所や宝物を見ることができました。

今回の公開について神社側からの情報は何もなく、開催期間などは分かりません。


6.%89%CD%8D%87%90_%8E%D0%8B%AB%93%E0.jpg 7.%95%FB%8F%E4%82%CC%88%C1.jpg 8.%95%FB%8F%E4%93%E0%95%94.jpg

そしてようやく本題ですが、下鴨神社の摂社の河合神社に、『方丈記』の著者の鴨長明(かものながあきら。一般に「かものちょうめい」)が住んだ庵を学術的に調査・考証して再現したという「方丈」があります。図画などではなく、形あるものとして見ることができ、見るなりうれしくなって思わずニンマリしてしまいました。試しに住んでみたい気にもなりましたが、バス・トイレなしとなるとちょっと無理かな?


長明は下鴨神社の禰宜(ねぎ)の次男として生まれ自らも神職に就きましたが、早くに両親を亡くしたこと、思うに任せぬ人生を歩まざるを得なかったこと、内向的で偏屈な性格の持ち主であったらしいことなどが、後に50歳で出家し、方丈を住処として隠棲することになる因となったようです。


そばで見ていた女性たちの、「あー、(鴨長明の)名前は聞いたことがある」という会話を耳にして、私としてはかなりガックリきてしまいました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2008年11月 8日
« 前の記事「もうクリスマスシーズン?」へ
»次の記事「拝観料」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「時代祭り」は台風の為、中止となりました。
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    人間侵入防止用(?)電気柵
    紅葉見物 -三尾めぐり-
    特派員、奈良へ出張
    京都御所一般公開

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集