海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 拝観料

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年11月11日

拝観料


拝観料

%93%F1%91%B8%89%40%8E%F3%95t.jpg 京都といえば寺めぐり。そして拝観料。金額は寺によってまちまちですが、大人一人の個人料金で一番多いのが500円、次に400円、そして600円、300円…と続き、500円と400円で過半を占めます。
奈良も同じで、何カ所も回ると費用が馬鹿になりません。
鎌倉は物価の高い東京圏なので拝観料も相応かな?と思ったところ、行ってみたら200円や300円で意外に思ったことがありました。確かにあまり大きな寺はないし…

観光の対象になっている寺院の多くが拝観有料になった理由は推測できますが、そもそもいつから始まったのかは分かりません。他の国にはあるのかないのか、いずれにしてもそう古いことではなさそうです。


拝観料が必要な寺院は、「境内は無料」と「境内も有料」の二つに大別できそうです。境内が無料だとたいてい参拝も無料でできますが、実際は境内も有料の方が圧倒的に多く、大半の寺はいかに信仰の篤い人でもお金がなければ参拝できません。一見「信仰より観光」です。


%89%BA%8A%9B%90_%8E%D0.jpg 寺院の拝観料はこんな具合ですが、神社は境内無料が当たり前。有料なのは庭園や宝物館などで、そこに入らなければ参拝に賽銭以外の費用がかかることはありません。こちらは「観光より信仰」に見えます。


どちらも同じ宗教施設。それにも関わらずこの違い。理由は色々思いつきますが、何が本当かは分かりません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替
2008年11月11日
« 前の記事「方丈の庵」へ
»次の記事「ライトダウン」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 「輪違屋」
    「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾
    「祇園祭2018」を数倍楽しむ方法
    うっかり八兵衛さんの団子もある「太秦庵・ふたば菓舗」
    花の寺「法金剛院」蓮が見頃です
    フォトジェニックな景色広がる「萬福寺」
    激しい雨でした
    日本最長級の木造橋「流れ橋」を歩く
    1年前の同じ月に投稿された記事
    人間侵入防止用(?)電気柵
    紅葉見物 -三尾めぐり-
    特派員、奈良へ出張
    京都御所一般公開

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集