海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 師走の実感

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年12月27日

師走の実感


メール プリント もっと見る

師走の実感

%89G%8A%DB%92%CA%83C%83%8B%83~%83l%81%5B%83V%83%87%83%93.jpg 京都の師走の光景も全国各地とそう違うわけではありませんが、最も実感させるのはやっぱりイルミネーションでしょうか? そしてこれはもう全世界的なもののようですね。イルミネーションと言ってもクリスマスのものとそれ以外のものとがあるようで、25日を過ぎれば分かります。そしてみんな25日までに終ってしまいました。

市内のイルミネーションにはあまり派手なものはなさそうです。四条烏丸の南北に連なる烏丸通のクリスマスイルミネーション(今年が初年。烏丸通沿道懇談会主催。25日で終了)は、会場の延長が短く、電飾を取り付ける木の枝も払われてしまっているので地味目ですが、控えめなところが却って暖かみと綺麗さを醸し出しているような気がしました。

%8B%9E%93s%89w%91O%83C%83%8B%83~.jpg %8B%9E%93s%83%5E%83%8F%81%5B%83C%83%8B%83~.jpg これに比べるとJR京都駅前のものは多少華やかさがありましたが、私はむしろ駅ビルの壁面に映る京都タワーに目を引かれました。


%83N%83%8A%83X%83%7D%83X%83C%83%8B%83~%83l%81%5B%83V%83%87%83%93.jpg %83c%83%8A%81%5B%82%C6%83G%83%93%83W%83F%83%8B.jpg

そして何と言ってもお薦めは府立植物園の「観覧温室夜間開園とイルミネーション」企画(23日に終了)。イルミネーションはクリスマスがテーマで、ツリーはもちろん園内の高木。ソリを曳くトナカイ、馬車、楽器を吹く天使たちなど様々な造形がとてもメルヘンチックで、大人も子供も区別なく楽しめる催しです。

温室ではポインセチア展が開かれ、ノートルダム女子大の学生たちによるハンドベルのコンサート もあって(4日間、延べ8回)、これが大人気です。1回90名で先着順(無料)。私も会場前で配る入場券を手に入れるため、夜の開園時刻(5時30分)の1時間近く前から並びました。観覧温室内の会場は正門からの方が近いので、こちらに並ぶ方が有利です。


ROHM.jpg %83%8D%81%5B%83%80.jpg

京都市内で最も大規模なイルミネーションは半導体メーカーのローム(右京区)のものでしょう(25日に終了)。本社の周辺道路と公園が会場で、単色ながら大変豪華。車で通り抜けながら見物できるため車の通行量が異常に多いです。車を通行止めにして道路を歩行者に開放した方がもっと楽しめるはずなのに…


イルミネーションは他にもあったようですが未見です。掲載のタイミングを逸した内容で、なおかつここまで書いてから言うのも何ですが、私がいちばん師走を感じたのは飲食店の前で忘年会らしいグループに出会った時と車の通行量の多さに気が付いた時、そしてデパ地下に行った時でした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2008年12月27日
« 前の記事「雪が降りました。」へ
»次の記事「除夜の鐘試し撞き ‐知恩院‐」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    歳末の光景
    京都・嵐山花灯路
    紅葉見物総集編

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集