海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 三十三間堂大的全国大会

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年1月19日

三十三間堂大的全国大会


メール プリント もっと見る

三十三間堂大的全国大会

%8E%CB%8F%EA.jpg 昨日(18日)、一般に三十三間堂通し矢といわれる弓道の三十三間堂大的(おおまと)全国大会(第59回。主催:京都府弓道連盟・妙法院門跡)が開かれました。
例年テレビや新聞で必ず報道されますが、新春の恒例行事としてのコラム的な扱いしかされず、詳しいことが分かりません。そこでまずはともかく見てみようと、ほとんど予備知識のないまま出かけて行きました。

当日は拝観無料。堂内で楊枝のお加持(やなぎのおかじ:僧侶が法水を聖樹とされる柳の枝で参拝者に降りかける伝統の修法(しゅほう)で、諸病を除くといわれる)を受けることができます。前庭に不釣合いな屋台店が出ているのを見て、ちょっと意外な感じがしました。


%92%CA%82%B5%96%EE%8Fo%94%D4%91%D2%82%BF.jpg 弓の技を競う三十三間堂の通し矢の起源は定かではありませんが、桃山時代頃には既に行われていたようです。射場は堂の裏庭(西側)で、かつては堂の南端から北端までの120メートルの距離を射通していたようですが、現在は半分の60メートルの距離で南側に置かれた直径1メートルの的を射る競技です。成人になる祝賀式の面もありますが、れっきとした競技会です。


参加資格は新成人で有段者であること。参加料は2000円。全国から男女ほぼ半数ずつの2000名もが集まってきますが、ほとんどが大学の弓道部の学生のようです。境内に集まった参加者の数を見て、こんなに沢山の人たちが弓術をやっているのかと驚きました。参加者の方が観客よりも圧倒的に多そうでした。開会式の後、成人の部男女、錬氏や教士、範士などの称号者の部男女の順で一手(いって・ひとて。2射)ずつ行い(「奉射」。予選)、全的中者がその後の「競射」(決勝選)に進出します。


%96%EE.jpg %93I.jpg

的は四つ。一度に12人が射るので、色分けされた一つの的を3人が同時に狙うことになります。矢が的中したかどうかは審判員が判定し、堂の回廊に設置されたスコアボードに○×で表示します。奉射は6時間ほど掛かり一人当たりの持ち時間は2分、射手に取っては結構慌しいようです。
そして矢は的になかなか当たるものではありません。ましてや2射とも命中した場面を見ることはありませんでした。的まで届かず、手前で落下して地面を滑って行く矢(掃き矢)もだいぶあり、矢が飛ぶ速さにも随分と違いがありました。形をはっきり視認できるほど遅く飛んで行くものもありました。


%92%CA%82%B5%96%EE%81i%92j%8Eq%81j.jpg %92%CA%82%B5%96%EE%81i%8F%97%8Eq%81j.jpg

振袖に袴姿の成人女子の部に移ると射場は俄然華やぎますが、成人男子の部は衣装がモノトーンのせいか、ニュースの映像に取り上げられることもなく、女子と同じように頑張っているのに気の毒です。ここでは多分現場に行かないと見られない男子の部の様子もご覧下さい。


参加者数が多く同じことの繰り返しなので、参加者の関係者ならぬ一般の観客は見続けるのに根気がいりそうです。観客席は狭く、満員電車なみの押し合い圧し合い。お蔭でコートのポケットに入れておいた手袋の片方がなくなってしまいました。女子の部が始まってしばらく後の昼頃には会場を出ました。大変混雑するため観衆の列の前の方に行かないと競技の様子は見えません。来年行ってみようという方は覚悟して(?)お出かけ下さい。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2009年1月19日
« 前の記事「もう桜の花が咲いていました。」へ
»次の記事「石清水八幡宮 - 今も残る神仏習合の跡」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    天然記念物「逆さ銀杏」が見頃「西本願寺」
    ロームのイルミネーション
    1年前の同じ月に投稿された記事
    梅に雪  – 初天神 –
    初弘法・京の冬の旅
    でもやっぱり生で見たい!
    大阪のおばちゃんたち - 京都の観光を支える人々

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集