海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > すみません、写真撮っていただけませんか?

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年4月17日

すみません、写真撮っていただけませんか?


メール プリント もっと見る

すみません、写真撮っていただけませんか?

%93%8D%97%D1%82%CC%90V%8D%A5%82%B3%82%F1.jpg 京都に来てから数多く体験することになったのがタイトルのような声をかけられること。観光都市ならではのことと初めの頃は快く引き受けたり、頼みたがっているような様子を目にしたときは逆にこちらから声をかけたりもしていたのですが、度重なることになってきて、正直この頃は面倒になってきました。頼む方は一度でも、頼まれる方にしてみれば「今日はこれで何回目!?」

これまで普通の?人なら一生かけても経験できないような回数になっているような気がします。同じ人に2度声をかけられたこともありました。最近は気配を感じると自分でカメラを構えたり、くるりと背中を向けたりなど反射的に回避行動を取るようになってきました。でも後ろからスキあり!とばかりに不意を突かれたときは観念します。人が集まる所に出かけることが多いせいはあるにしても、そんなに頼みやすそうに見えるのかなー?


写真を沢山撮っておきたいからなのか、声をかけてくるのは若い女性が圧倒的に多いです。ケータイカメラのときもフィルムカメラのときもありますが、ほとんどがコンパクトデジカメです。慣れていない、人のカメラでは撮りにくいのですが、最近のものはあきれるほど多機能・高性能になっており失敗作はなさそうです。


これをお読みの方の中にも私が撮ってあげた人がいるかもしれないし、これから声をかけられる人もいるかもしれませんね。


※ 写真と本文はあまり関係ありません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年4月17日
« 前の記事「お多福桜の謎」へ
»次の記事「鞍馬から貴船へ 神秘の森を散策 ‐京都の歩き方‐」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
    源氏物語を思う宇治の橋巡り。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    因幡堂 - 実在する狂言の舞台
    源氏物語千年紀展
    新緑の京都 - 勝手に京都観光局?
    赤の壁 - 長岡天満宮 -
    知っていれば恥をかかない箸の話
    名物二題 - 勝手に大阪特派員
    たまには食べ物の話を書いてみよう

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集