海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 鞍馬から貴船へ 神秘の森を散策 ‐京都の歩き方‐

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年4月21日

鞍馬から貴船へ 神秘の森を散策 ‐京都の歩き方‐


メール プリント もっと見る

鞍馬から貴船へ 神秘の森を散策 ‐京都の歩き方‐

%90_%94%E9%82%CC%90X%82%CC%92n%90%7D.jpg 今年に入ってからはすっかり山歩きづいています。昨年の
12月に鞍馬寺に行き、鞍馬山を散策したものの貴船を目前にして引き返したため、何か遣り残した感じがしていました。地球の歩き方ムック『京都の歩き方』にも取り上げられているので(P32 貴船・鞍馬 神秘の森を散策)、今回は貴船行きも計画に含め、18日(土)に再度、鞍馬に向かいました。
(画像は京都一周トレイルの地図「北山東部」から。中央の緑色の線が鞍馬山の散策コース)

鞍馬は大分遠いというイメージがあってなかなか足が向かなかったのですが、出町から叡山電鉄鞍馬線で30分(410円)、市の中心部からは1時間という速さで行くことができます。鞍馬山には鞍馬寺の仁王門と貴船側にある西門とを結んで史跡を巡る散策コースがあります。山頂(570メートル)は通りませんが、南北に連なる尾根を越える全長約2.5キロ、高低差200数十メートルのハイキングコースです。
コース未消化という理由と、また西門から上ったという人から、上りばかりで大変エラかった!と聞いていたので、『京都の歩き方』では貴船から鞍馬に向かうコースを紹介していますが、私は仁王門から西門へ向かう逆のルートを取りました。西門は言うなれば裏口。裏から入って表から出るというのもどんなものかと思ったのもこの道順を取った理由の一つです。


%96%D8%82%CC%89%E8%8E%CF.jpg 貴船は様子が分からないので土産は先に鞍馬で買っておこうと考えましたが、山歩きに荷物は増やしたくないので、かさばるもの、重いものは買えません。店頭に並んでいる小物類には面白そうなものが結構ありますが、中でも目を引いたのが紙製の天狗の面。部屋の飾りになりそうですが、持ち歩くには邪魔でも得意げな鼻をへし折るわけには行きません。かといって被って歩くのもいかがなものかと… 結局、実用?優先で鞍馬名物木の芽煮(630円)を買いました。要は実山椒を使った佃煮で香りはいいのですが、かなりショッパイです。名物にうまいもの???


%8BM%91D%81E%88%C6%94n%83p%83%93%83t%83%8C%83b%83g.jpg 後で買ったものに『鞍馬山』と『貴船神社要誌』のパンフレット2冊。どちらも300円。おみくじや御守りには興味なしですが、寺社のいわば公式パンフレットはあればたいてい買います。なお、『京都の歩き方』では鞍馬温泉も紹介していますが、先に温泉に浸かるわけにもいかないので今回は除外しました(温泉まで駅から無料の送迎バスが出ています)。


%93W%96%5D%8E%D4%97%BC.jpg %93V%8B%E7%82%CC%96%CA.jpg %83P%81%5B%83u%83%8B%83J%81%5B%8BO%93%B9.jpg

坐れたらうれしい叡山電車の展望車で鞍馬駅に着くと、巨大な天狗の面が待ち構えています。鞍馬寺に入るには拝観料ならぬ「愛山料」200円が必要です。ここには宗教法人が運営するものとしては唯一の、そして恐らく軌道長が日本で最短(207メートル)のケーブルカー(鞍馬山鋼索鉄道)がありますが、営利目的ではないということで、こちらも運賃ではなく100円の「寄進」で乗ることができます。


何と言っても牛若丸(源義経)と天狗で名高い鞍馬寺は8世紀後半の奈良時代に開創され、平安遷都後は王城の北方守護を担うことになりました。当初は律宗でしたが、百数十年後に真言宗となり、平安中期以降は昭和に至るまで天台宗の仏教寺院でした。しかし現在の鞍馬寺は仏教寺院ではありません。歴史の流れの中で落剥してきた寺の復興を図るため、昭和22年に新たに「鞍馬弘教(こうきょう)」を立教開宗し、同24年に天台宗を離脱。名称も鞍馬弘教総本山鞍馬寺となりました。本尊は「尊天」。尊天とは「宇宙生命、宇宙エネルギー」のことであり、毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身(さんじん)が一体となったもの。あらゆる相(すがた)を取って顕現するとされます。鞍馬弘教は世界中のあらゆる差異を乗り越えた「統一的世界観実体集教」だそうです。


同寺の歴史解説に、鞍馬山には650万年前(現生人類の誕生前!)に金星から人類救済の使命を帯びた護法魔王尊が天降ってきた、などとありますが、このように教えられるとスペースファンタジーの始まりかと、ちょっとワクワクしませんか?


%88%C6%94n%8E%9B%90m%89%A4%96%E5.jpg %97R%8A%F2%90_%8E%D0.jpg %8B%60%8Co%8B%9F%97%7B%93%83.jpg

仁王門から山上の本殿金堂までは歩くのがお薦めです。ケーブルカーなどなかった時代には貴人たちも歩いたという参道で、九十九折(つづらおり)とよばれる坂道はそれほどきつくはありません。広い坂道を見上げると、さほど高くない所に「鞍馬の火祭」で有名な由岐神社が見えます。現在は鞍馬町の氏神ですが、もとは鞍馬寺の鎮守社で豊臣秀頼が再建したという拝殿は重要文化財です。参道の石段で左右に二分された造りは「割り拝殿」、または「荷(にない)拝殿」といわれます。ここから少し上ると牛若丸が住んでいたという坊跡に建てられた義経公供養塔があり、その先にも見所が多くあります。
昨年は歩いて上ったので、今回はケーブルカーで上りました。


%91%BD%95%F3%93%83.jpg %88%C6%94n%8E%9B%96%7B%93%B0%8B%E0%93%B0.jpg

土産物店でいい時に来たと言われたように、多宝塔や本堂金堂前は桜が満開でした。本堂金堂から見えるものは比叡山など山ばかりですが、眺めは良く、何より広々としていて気持がいいです。鐘楼で鐘を一つ撞いたあと霊宝殿(入館料200円)へ。重文の毘沙門天立像や聖(しょう)観音菩薩立像はもとより、歳月を経て角が丸まってしまった平安時代末期の石塔(国宝)や埋経(まいきょう)の遺物(同)には目を奪われました。正に平安時代から届いたタイムカプセルの中身のようです。この施設は別名を鞍馬山博物館といい、鞍馬山の地質に関するものや植物・昆虫・きのこの標本など数多くの展示物があり、改めてゆっくり見に行きたい所です。


%93~%94%90%92%E0.jpg 霊宝殿の前に、場所的に違和感のある木造の建物があります。「冬柏(とうはく)」といって歌人与謝野晶子の書斎だった建物で、縁あって同寺が東京から移築したものです。霊宝殿には晶子の遺品が、館の横には与謝野寛・晶子夫妻の歌碑があります。


%8B%60%8Co%82%CC%94w%94%E4%82%D7%90%CE.jpg %91%E5%90%99%8E%D0.jpg

霊宝殿を過ぎると奥の院へ向かう山道が始まります。ここから5〜6分歩けば義経の背比べ石に達します。そしてそこがコースの最高点(490メートルほど?)です。背比べ石とは牛若丸が奥州藤原氏のもとへ下る時に名残を惜しんで背を比べたといわれる石で、高さは120〜130センチ位。コースを左に外れ、地上に木の根が露出しているためそう呼ばれる木の根道を100メートルあまり進むと大杉権現社があり、付近一帯は大杉苑瞑想道場です。


%91m%90%B3%82%AA%92J%95s%93%AE%93%B0.jpg %8B%60%8Co%93%B0.jpg

背比べ石のある場所から先にもう上りはありません。5分ほど行くと不動堂義経堂がある僧正が谷です。不動堂には伝教大師(最澄)が彫ったとされる不動明王が奉安され、義経堂は不動堂の向かい、杉の大木の根元に建っています。
この辺りに来るといつも思うのは、山中で一夜を明かしてみたいということ。天狗や魔王が出るか出ないかはともかくとして、闇の中に潜んでいれば非日常的な何かを体験できそうな気がするからです。


%96%D8%82%CC%8D%AA%93%B9.jpg %89%9C%82%CC%89%40%96%82%89%A4%93a.jpg %90%CE%8AD%8A%E2.jpg

ここから木の根道を7〜8分歩くと金星から来た魔王を祀ったとされる奥の院魔王殿に着きます。木の根が露出するのは地下に岩盤があるためだそうで、歩きにくいのは言うまでもないことですが、木からすれば踏まないでくれ!と言いたいところでしょう。一帯は極相林(植物群落の遷移が長期間安定した状態の森林)で鞍馬山自然博物苑とされ、太古は海の底だったようで、地質学的、古生物学的にも興味溢れる所のようです。魔王殿の中の掲示よると、寺から許可を取れば参籠ができるらしいです。


%8B%7D%8C%F9%94z.jpg 魔王殿から先は貴船の町に着くまで、急な下りの連続です。逆に言えば、貴船から上ってくる人にとっては険しい上りの連続ということになります。魔王殿で出会った人の話では、貴船から上ってくる人は(きつさで)顔つきが違うそうです。仁王門からのルートではケーブルカーに乗ると100メートル以上の高さを稼げます。しかし西門からのルートを取るとこの分も徒歩で上らなければならず、しかも魔王殿と西門の間はコース中一番の急勾配で高低差が150メートル、距離も600メートル近くあります。下ってみて思ったのは、逆はいつ終るとも知れない険しい上りの連続となるので、ここはつくづく上りたくないな、ということです。


%90%BC%96%E5%95t%8B%DF.jpg %8BM%91D%82%CC%98%C8%82%DC%82%A2.jpg %8BM%91D%90%EC%82%CC%90%B4%97%AC.jpg

西門が近くなると、眼下に道路と行き交う人たち、そして走り抜ける車が見え始めます。門を出て貴船川に架かる橋を渡ると突然、別世界に飛び出たような感覚。さっきまでとは異質な光景。貴船神社の朱塗りの鳥居、店先の真赤な毛氈、そして行楽客の一団。なんという場面転換! カフカか安部公房の作品の登場人物にでもなったようで、 戸惑いを覚えました。


%8BM%91D%82%CC%90%EC%8F%B0.jpg %8C%8B%8E%D0.jpg %89%9C%8B%7B%82%CC%91D%8C%60%90%CE.jpg

貴船は貴船川に沿った狭い谷あいの町ですが、行楽地特有の雰囲気があります。貴船川の清流の上には床が敷かれ始め、料理店の川床の準備が始まっていました。貴船神社は水の神様です。神が乗って来た船を石を積んで覆ったという船形石のある奥宮にも、縁結びの神を祀る結社(ゆいのやしろ)にも行ってみましたが、道路が一本しかないので初めてでも迷いようがありませんでした。


%8BM%91D%90_%8E%D0%96%7B%8B%7B%82%C6%8Cj%82%CC%90_%96%D8.jpg 貴船見物はやや急ぎ足になってしまいましたが、鞍馬山でも貴船でも大いに目を引きつけられたのは様々な大木。鞍馬山の数多くの杉の巨木、貴船神社の桂の大木(御神木)にはしばし見蕩れてしまいました。見落としたものがまだ沢山あると思います。次はもっと調べてから、と思っています。


貴船では食事をするつもりでしたが夕方の半端な時間帯になってしまい、歩いている内にバスが来たのが目に入り、見ると終バスだったので飛び乗って、空きっ腹のまま帰ってきてしまいました。残念!


比較的楽に歩けて食事も買い物も温泉も楽しみたいなら、鞍馬から貴船に回って食事をし、貴船口から叡電に乗って鞍馬に戻り(1駅2分、200円)、買い物と温泉、というのはいかがでしょうか?


※ 写真の一部に昨年撮影のものがあります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 地球の歩き方MOOK
2009年4月21日
« 前の記事「すみません、写真撮っていただけませんか?」へ
»次の記事「京都御所特別公開」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    因幡堂 - 実在する狂言の舞台
    源氏物語千年紀展
    新緑の京都 - 勝手に京都観光局?
    赤の壁 - 長岡天満宮 -
    知っていれば恥をかかない箸の話
    名物二題 - 勝手に大阪特派員
    たまには食べ物の話を書いてみよう

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集