海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 今年の葵祭 ‐見物の穴場情報?

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年5月17日

今年の葵祭 ‐見物の穴場情報?


メール プリント もっと見る

今年の葵祭 ‐見物の穴場情報?

1.%8B%DF%89q%8Eg%91%E3.jpg 今年の葵祭の行列はいつもと違うところで見てみたいと思い、下鴨神社に向かいました。でも予想通りの混雑ぶり。コースは全長8キロ。どこか人垣が途切れる場所があるのでは、などというのは甘い考えでした。見はるかす先の先まで絶えることのない見物人の列。無駄な場所探しは止めて、河原町今出川交差点の近くで見ることにしました。
(← 毎年、行列で最高位の近衛使(このえつかい)の役を務められる馬上の方は、ご先祖は公家の家柄で現在は華道の松月堂古流家元です。確かに雅なお顔立ちをしておられます)

通過予定時刻を過ぎても行列は現れません。30分ほど遅れてようやくやってきましたが、先導車からの説明は「行列は遅れております」だけ。何かあったことは推測できても説明はありませんでした。あとは牛や馬が驚いて興奮するので、フラッシュを使っての写真撮影は止めるように、という注意だけです。


2.%8B%8D%8E%D4.jpg 3.%8EP%82%CC%97%F1.jpg 4.%83o%83X%82%CC%8A%84%82%E8%8D%9E%82%DD.jpg

街中で見る行列は趣が殺がれます。建物、看板、電柱に電線。その他諸々で背景が大変煩わしいからです。写真を撮るために行列が進む車線とは反対側の歩道にいたので、目の前を普段通りに車が行き来します。行列一番の見所の斎王代の列が近づいてきた途端、路線バスが間に走り込んできて目の前に停車。回りから一斉にブーイング。バスが去った時、斎王代の乗る腰輿(およよ)はもう後姿。やはり御苑で見るんだったと少し後悔。残念な思いがしたので、もう一度最初から見直すことにしました。


5.%89%C1%96%CE%8AX%93%B9.jpg 6.%89%D4%8EP.jpg 7.%8F%97%90l%97%F11.jpg

行列は下鴨神社での神事と休憩のあと、賀茂川の右岸の加茂街道を通って上賀茂神社に向かいます。昼食のあと、植物園の対岸に行きました。加茂街道の北大路橋から御薗橋までの間の1.8キロは、両側の並木が頭上を覆い、さながら新緑のトンネルです。道路は片側1車線なので広くはなく、樹木が直射日光を遮ってくれます。見物には絶好のロケーションで観客もそう多くはありません。木漏れ日の中、間近に行列を見ることができました。加茂街道は葵祭見物の穴場といってもいいかも知れません。


翌日(16日)の朝刊に小さな記事が出ていました。葵祭の参加者二人が馬に足を踏まれたり蹴られたりして軽い怪我をした、と。


余談:「かみがも」は「上賀茂」ですが「しもがも」は「下」です。また賀茂大橋より上流は「賀茂川」ですが、下流は「川」。「加茂川」と書く例もあります。そして賀茂川沿いの道は「加茂街道」。この違いは何?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2009年5月17日
« 前の記事「上賀茂のサバ」へ
»次の記事「年間観光客数5000万人を突破!」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
    源氏物語を思う宇治の橋巡り。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ♪ 路上でタバコを吸わないで
    キトラ3 - 勝手に奈良特派員
    葵祭
    八十八ヶ所巡り

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集