海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 綾傘鉾稚児社参 ‐祇園祭‐

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年7月 7日

綾傘鉾稚児社参 ‐祇園祭‐


メール プリント もっと見る

綾傘鉾稚児社参 ‐祇園祭‐

%8BL%94O%8E%CA%90%5E.jpg 今日は七夕ですが別な話です。午後2時半から八坂神社で綾傘鉾(あやがさほこ。下京区綾小路通室町西入善長寺町)の稚児社参が行われました。小学生や就学前と思われるの男児6名が、綾傘鉾の稚児(神の使い)として正式に認められる「宣状(せんじょう)」を授かる儀式です。


%88%BB%8EP%96g%92t%8E%99%8E%D0%8EQ.jpg 長刀鉾の稚児舞は見損ねましたが(前記事)、今回は最初から最後までしっかり見届けてきました。顔を白塗りにした烏帽子に狩衣姿の6人が保護者に付き添われ、朱色の傘を差しかけられて南楼門から境内に入り、手水で身を清めた後、本殿に昇りました。


%8BV%8E%AE%82%CC%8D%C5%92%86.jpg %83M%83%83%83%89%83%8A%81%5B%82%BD%82%BF.jpg %88%BB%8EP%96g%92t%8E%99.jpg

本殿内での儀式を30分ほどで終えた後、本殿を3周し、正面と背面で参拝して山鉾巡行の無事を祈願し、1時間余りで行事は終了しました。
心配したほど観客はいませんでした(数百人?)が、午前中に降った雨のせいか、じっとしていても汗が流れる蒸し暑さで、子供たちにとっては大分辛い状況のように見受けられました。17日の巡行当日はどんな天気になるのか分かりませんが、今日よりも長い時間がかかるので、降っても晴れてももっと厳しいことになることは明らかです。山鉾巡行は競技ではないのでこんなことは言えませんが、でもちょっと「綾傘鉾ガンバレ!」と言ってみたくもなりました。


%8El%8F%F0%8EP%96g.jpg

綾傘鉾(写真上左。昨年撮影)は2基で一組です。四条傘鉾(写真上右。同。下京区四条通西洞院西入傘鉾町)と同じく鉾の古い形体を残していると言われます。どちらにも棒振り踊りがあるのが特徴です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2009年7月 7日
« 前の記事「祇園囃子 2009」へ
»次の記事「御用水清祓・鉾建て ‐祇園祭‐」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    京都迎賓館見学記
    山鉾重量測定結果 -祇園祭-
    山鉾巡行 -祇園祭-
    宵山 -祇園祭-
    宵々山 -祇園祭-
    宵々々山 -祇園祭-
    宵々々々山 -祇園祭-
    鉾曳き初め -祇園祭-
    鉾建て・神輿洗い -祇園祭-
    祇園囃子
    祇園祭、始まりました。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集