海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 神幸祭 ‐祇園祭‐

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年7月21日

神幸祭 ‐祇園祭‐


メール プリント もっと見る

神幸祭 ‐祇園祭‐

%8B%D1.jpg 山鉾巡行が終わると祇園祭が終わったようように思われる方は多いのではないでしょうか。観光的には間違いとは言い難いかも知れませんが、でもやっぱりハズレです。山鉾巡行は祇園祭の数多い行事の中で最も規模の大きなものなので誤解してしまうのも無理からぬことですが、山鉾巡行は祭の中心行事ではありません。

%90_%8A%AF%93%9E%92%85.jpg %8Bv%90%A2%8B%EE%8C%60%92t%8E%99.jpg

山鉾巡行があった17日、夕方から神幸祭(しんこうさい)が行われました。山鉾巡行は付祭(つけまつり)的な行事であって、祇園祭の中心行事は神幸祭です。神幸祭は神々が神輿に乗って御旅所(おたびしょ)に渡御(とぎょ)する行事で、八坂神社の祇園祭では素戔嗚尊(スサノヲノミコト)を始めとする十三座の神々の霊を中御座、東御座、西御座の三基の神輿に移して氏子地区を巡行し、四条新京極の御旅所に渡します。神々は渡って何をするのかと言うと、何もしません。渡ること自体に意味があるのです。その意味とは「神威を示す」ことです。


%92%86%8C%E4%8D%C0.jpg %8C%E4%97%B7%8F%8A.jpg

午後6時頃に八坂神社を出発した三基の神輿は所定のコースを回り、山鉾巡行によって浄められた都大路を、時間を置いてやって来ます。最初は、神の化身とされる久世駒形稚児に先導された中御座です。御旅所前の通行止めになった四条通で500人!の担ぎ手(與丁:よちょう)たちによって激しく揉まれ、回され、差し上げられる様(東御座の映像:32MB) は正に勇壮で豪快なもの。動きに合わせ観客も掛け声をかけます。典雅で壮麗な山鉾巡行を見た目には、同じ祭の行事とは思えないほどです。
これが次の神輿がやって来るまで時間に関係なく続けられます。中御座が到着したのは9時を回った頃。次の東御座が着いたのは10時過ぎ。最後の西御座がやって来て三基とも揃ったのは午後11時。すべて御旅所に奉安されたのは11時半でした。神霊は御旅所に7日間留まり、24日に八坂神社に還ります(還幸祭)。


8時頃から待っていて、帰路に着いたのは日付が変わる頃。早朝から夜中までの祭見物、ちょっと疲れました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2009年7月21日
« 前の記事「祇園祭山鉾巡行」へ
»次の記事「花傘巡行・還幸祭 ‐祇園祭‐」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
    源氏物語を思う宇治の橋巡り。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    京都迎賓館見学記
    山鉾重量測定結果 -祇園祭-
    山鉾巡行 -祇園祭-
    宵山 -祇園祭-
    宵々山 -祇園祭-
    宵々々山 -祇園祭-
    宵々々々山 -祇園祭-
    鉾曳き初め -祇園祭-
    鉾建て・神輿洗い -祇園祭-
    祇園囃子
    祇園祭、始まりました。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島答志島・三重能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集