海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 8月9日(長崎 原爆の日)

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年8月 9日

8月9日(長崎 原爆の日)


メール プリント もっと見る

8月9日(長崎 原爆の日)

祇園祭が終わり月が改まると、私のブログはネタギレ(寝たきり? 寝たふり?)状態になります。と言っても記事が不足するわけではなく、暑さで外出の足が鈍るからです。

%92%A9%8A%E7%93W.jpg %83g%83%93%83%7B%92r.jpg

先週は早起きして府立植物園で朝6時半から始まる朝顔展に行ったり、京都御苑のトンボ池一般公開(自然観察会)に行ったりと、そこそこ出歩いてはいるのですが、いまいち取り上げるほどのことでもなさそうだし…などと考えるのは構え過ぎなのかな?と思ったので、今回はタイトルを付けず、今日の出来事を書いてみます。そのほうがブログの名に適うような気がするので…

%8C%DC%8F%F0%8D%E2%93%A9%8A%ED%8Es.jpg %93%A9%8A%ED%8Es%81i%93X%93%AA%81j.jpg

あまり気乗りがしなかったのですが、明日までなので、雨上りの午後、五条坂陶器まつり に出かけました。途中、バスの中から眺めていると、休日のせいか、これしきの暑さなんてへっちゃらだい!と言いそうな人たちで街の中は結構な賑わいです。
何か掘り出し物を探そうなどと考えてではなく、目当て(食器)があって行ったのですが、結局、気に入ったものには巡り合えず手ぶらで帰ってきました。食器類の形や大きさにはJIS(日本工業規格)のようなものはありませんが、料理や使う人間に合わせた何らかの基準めいたものはありそうです。でも私が探していたものは、基準外だったのかも知れません。
それにしても2000〜3000円の品物と並べてなにげに?置いてある小鉢に、25000円とか30000円とかのシールが貼ってあるのを見てエッ?!と思い、何度も桁数を数え直したりするようなことがありました。


%8A%9B%90%EC%94%5B%97%C1%89%EF%8F%EA%8B%DF%8Ci.jpg %8B%9E%93s%8B%7B%8D%E8%8C%A7%90l%89%EF.jpg

帰りがけに四条大橋を通りかかると、鴨川の西岸の四条大橋から三条大橋辺りまで延々とテントが連なっているのが見えました。興味を引かれて橋から下りて行ってみると鴨川納涼 というイベントでした。既に40回目ということですが、こういうイベントがあったとはまったく知りませんでした。コンサートなどもあるようですが、1番の催しは全国各県の特産品の展示即売のようです。頭の中に急に欲しいものがリストアップされてきましたが、どれもこれも見当たらず、そうこうする内に雨が激しく降り出してきたので、ここでも何も買わずじまいになりました。本日はお疲れ様でした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年8月 9日
« 前の記事「疫神社夏越祭 ‐祇園祭‐」へ
»次の記事「アートな岡崎 ‐京都の歩き方‐」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    五山送り火 2008

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都佐賀八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2東京3松前栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集