海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 五山送り火 2009

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年8月17日

五山送り火 2009


五山送り火 2009

1.%93n%8C%8E%8B%B4%82%A9%82%E7%8C%A9%82%BD%92%B9%8B%8F%8C%60.jpg 撮ってきた写真に意外なものが写っていることがよくあります。去年、嵐山の渡月橋で撮った写真に五山送り火鳥居形の火床が写っていました。渡月橋付近から鳥居形が見えることが分かったので、今年の送り火(16日)見物は嵐山に行くことにしました。

あまり混まなければいいがと思いながら行ってみると、天龍寺の前の通りや渡月橋は車両通行止めになっており、既に見物客でごった返していました。橋の上の一段高くなった歩道部分は人で埋め尽くされ、車道からでは送り火は見えそうにありません。しかも照明といえるほどのものはなく、かなり暗いので人とぶつかりそうになります。


4.%93n%8C%8E%8B%B4%82%A9%82%E7%8C%A9%82%BD%91%E5%95%B6%8E%9A.jpg 5.%91%E5%95%B6%8E%9A%82%C6%93%94%82%EB%82%A4.jpg

人垣に隙間を見付けて割り込むと、橋の下流、嵐山公園(中ノ島公園)沿いの流れで灯籠流しが行われていました。そして午後8時になると期待以上のものが見え始めました。桂川の流れの先の暗闇の中にオレンジ色の「大」が浮かび上がったのです。大文字の送り火です。遥か10キロ以上も先ですが、実にくっきりと見えました。ひょっとしたらとの思いはあったのですが、それ以上の見え方で、これは儲けものでした。


2.%93n%8C%8E%8B%B4%82%A9%82%E7%82%CC%92%B9%8B%8F%8C%60.jpg 3.%93n%8C%8E%8B%B4%8F%E3%82%CC%92%B9%8B%8F%8C%60.jpg

鳥居形は送り火の中の最後、午後8時20分に点火されます。見えるのは橋の北方。「点火」と書いたのは実は正しくなく、他の送り火はあらかじめ火床に積み上げた護摩木や薪、松葉などに点火するのですが、鳥居形だけは着火した松明を人が持って走り、鉄製の火床に立てていきます。でも残念なことに灯籠流しと大文字に気を取られ過ぎ、「火が走る」ところを見逃してしまいました。


6.%93%94%82%EB%82%A4%97%AC%82%B5.jpg

鳥居形が下火になって人が帰り始めると、それまで感じられなかった川風が吹き抜けて行くことに気が付きました。「納涼」の付くイベントは沢山ありますが、本当に納涼になったものはありません。でも、嵐山の送り火見物は「納涼」は付かないものの大変心地よいものになりました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2009年8月17日
« 前の記事「アートな岡崎 ‐京都の歩き方‐」へ
»次の記事「8月24日(月)快晴」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
五山送り火 2008

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    韮澤 成行
    東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集