海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 錦秋のレッドカーペット

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年11月19日

錦秋のレッドカーペット


メール プリント もっと見る

錦秋のレッドカーペット

%8D%82%8B%CB%89%40%82%CC%8Dg%97t.jpg このところ曇りや雨の日ばかりが続き、一昨日からは急激に寒くなりました。そんなことで家に籠っている間に京都の紅葉は見頃を迎えていました。
桜と紅葉のシーズンが近付くと、いつも焦って来ます。出来るだけ多く見物に行きたいのですが毎日行けるわけでもなく、そのうえ桜も紅葉もすぐ終わってしまうからです。

地球の歩き方ムック『京都の歩き方』の「観光ベストセレクション」に「錦秋のレッドカーペット」として(ちょっと少ないですが)紅葉の名所が三か所紹介されています(40ページ)。大徳寺塔頭(たっちゅう)の高桐院(こうとういん)と祇王寺、そして東福寺です。


庭園で有名な寺は沢山ありますが、それが禅寺となると庭はたいてい枯山水と相場が決まっています(大徳寺は臨済宗の禅寺)。しかし高桐院の庭は苔庭です。枝に付いた紅葉は当然のことながら、地面に散り敷く紅葉もまた綺麗です。それが緑の苔の上となるとその美しさはひとしおです。そこで昨日、まだ見たことのない高桐院の紅葉見物に出かけました。


%8D%82%8B%CB%89%40.jpg %92%CA%98H%82%C6%8Dg%97t_%8D%82%8B%CB%89%40.jpg %8D%82%8B%CB%89%40%8C%BA%8A%D6%8E%E8%91O.jpg

大徳寺に行くと気が付くのは松の多さですが、高桐院は竹林に覆われています。入口の門は道から少し奥まった左手にあり、門によって額装されたような紅葉を目にして思わず足が止まりました。建物の玄関までは門から大分距離があって、参道を都合4回曲がります。門を潜ってすぐ右に曲がると薄暗い竹林の道の奥にまた紅葉が輝いています。今の季節でなければその理由が分からないような道の付け方で、角ごとにいちいち足が止まります。そんなわけで中々玄関まで辿り着けませんでした。


%8D%82%8B%CB%89%40%82%CC%83%8C%83b%83h%83J%81%5B%83y%83b%83g.jpg 高桐院の紅葉見物は今頃が丁度いいかも知れません。『京都の歩き方』に掲載された写真ほどではありませんが、苔庭(本堂の南庭)には真っ赤な楓の落ち葉が敷かれています。少し早ければ落ち葉は少なく、少し遅く行くなら庭はレッドカーペットを敷いたようにはなっているかも知れませんが、それは木が裸になっているということで、しまった、一足遅かったか!と残念な思いをするかも知れないからです。


%83K%83%89%83V%83%83%82%CC%95%E6.jpg %8D%82%8B%CB%89%40%82%CC%E7L%82%A2.jpg

拝観料は400円。本堂の庭に面した廊下には本物のレッドカーペット(緋毛氈)が敷かれています。ひっきりなしに参拝客が訪れるので、人を入れないで写真を撮るには随分時間がかかりました。西側の庭には下りることも出来、そこでも様々な色合いの紅葉が楽しめます。細川忠興(三斎。旧熊本藩主)によって開かれた当寺には、庭や紅葉以外にも忠興とガラシャ夫人(明智光秀の三女)の墓(墓石は曰くのある石灯籠)、朝鮮の王城の礎石で造ったと言われる蹲踞(つくばい)、茶室の松向軒、千利休の邸宅を移築したと言われる書院・意北軒など見所がまだまだあります。


と言うことで、紅葉の話が寺の紹介になってしまいました。ご容赦を…


☆本日の付録☆
%91%E5%93%BF%8E%9B%82%CC%90%BC%95%BB.jpg この寺の西側の築地(ついじ)塀です。初めて見た時から気に入っています。瓦を埋め込んだ塀は他でも見たことはありますが、般若の?面が埋めてあるのは他に知りません。長さは50メートルほどで、反対側の端にも同じ面が埋めてあります。魔除けですかね?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 地球の歩き方MOOK
2009年11月19日
« 前の記事「続 奈良漬」へ
»次の記事「すべてはここから始まった?」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
    源氏物語を思う宇治の橋巡り。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    聞き違い
    ライトダウン
    拝観料
    方丈の庵
    もうクリスマスシーズン?
    禁止するなら…

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島答志島・三重能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集