海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > すべてはここから始まった?

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年12月 6日

すべてはここから始まった?


すべてはここから始まった?

%90%E7%96%7B%8A%DB%91%BE%92%AC%8C%F0%8D%B7%93_.jpg 京都はここ(左の写真)、現在の千本丸太町の交差点がある場所から始まったと言ってもいいかもしれません。


%91%E5%8B%C9%93a%90%D5%83%5E%83C%83%8B.jpg %91%E5%8B%C9%93a%88%E2%9A%AC.jpg

平安時代、ここには天皇が政務を執った大内裏朝堂院の正殿である大極殿(だいごくでん・だいぎょくでん)がありました。今、それを表すものとしてこの交差点の北西側の歩道上に「大極殿跡」と書かれたタイルが埋め込まれています。また交差点の北西の少し奥まった所にある公園(内野公園)に「大極殿遺址」と彫られた大きな石碑が立っています。この碑は平安遷都1100年記念祭を機に明治28年(1895年)に建てられたもので、その位置は大極殿を囲んでいた回廊があった場所と重なるそうです。

%8B%9E%93s%83A%83X%83j%81%5B.jpg %95%BD%88%C0%8B%7B%91%A2%8E%F0%8Ei%91q%8C%C9%90%D5.jpg

平安時代の京都、すなわち平安京についてはこの交差点から丸太町通を西へ300メートルほど行った所にある京都市平安京創生館 (京都市生涯学習総合センター 京都アスニー1階。入館無料)で詳しく知ることができます。ここは造酒司(みきのつかさ:朝廷の行事で使う酒や酢を醸造していた役所)の倉庫があった場所で、遺構が地中に保存されており、その柱穴の輪郭が建物の入り口前に示されています。


%8E%CA%90%5E%82%C8%82%B5.jpg 当館は平安京の出土品や復元模型を展示している施設です。展示物はそう多くはありませんが、特筆すべきは平安遷都1200年記念行事のために作られた平安京の巨大な再現模型(縮尺1/1000 。7.8m×6.6m)です。大きさの余り展示スペースに入り切らず、一部を外して展示してあるとのことでした。この模型は年代を特定して作ったものではなく、大内裏とその周辺は平安時代前期の、中心地域は中期の、鴨川より東側は後期の様子を復元したもので、季節は初夏に設定してあるそうです。本当に大きいので遠くまで見られるように双眼鏡を貸し出しています。


一昨日、私が行った時は来館者が少なく、解説員と1時間以上も話し込んでしまいました。流して見学すれば20〜30分ほどで見終ってしまいそうですが、平安京の再現模型は見飽きることがなく、他の展示物もじっくり見て回って2時間過して来ました。平安京に旅してみたい方は是非足を運んで下さい。


%95%BD%88%C0%8B%7B%8Ej%90%D5%8EU%8D%F4%83%7D%83b%83v.jpg 千本丸太町界隈には平安宮の史跡が沢山あります。(地図は「平安京図会」((財)京都市生涯学習振興財団発行.300円)の「史跡散策の巻」の一部)


ついでながら平安京の実際の大きさは東西4.5km、南北5.2km。大内裏(平安宮)は東西約1200m、南北約1400mで現在の京都御苑(東西約700m×南北約1300m)よりも広く、御苑の東側を鴨川の対岸まで、また北側を同志社大と同志社女子大のキャンパスの半分を覆うほどまで広げた大きさになります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2009年12月 6日
« 前の記事「錦秋のレッドカーペット」へ
»次の記事「大根だき ‐千本釈迦堂」 へ
京都特派員 新着記事
梅の良い香り「清凉寺」
麒麟がくる!戦国乱世を思う「勝竜寺城」
ガラシャさんと千利休さんを思う「初春の高桐院」
京都から「新年明けましておめでとうございます」
京都駅ビル光のファンタジー2019「クリスマスツリー」
京都、光り輝く街路樹「ロームイルミネーション2019 」
12月の京都を彩る「嵐山花灯路2019」
光の回廊「神戸ルミナリエ2019」
1年前の同じ月に投稿された記事
除夜の鐘試し撞き ‐知恩院‐
師走の実感
雪が降りました。
紅葉の見所 - 私の好きな場所 -

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    韮澤 成行
    東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集