海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 続 すべてはここから始まった?

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年12月22日

続 すべてはここから始まった?


メール プリント もっと見る

続 すべてはここから始まった?

%97%85%90%B6%96%E5%88%E2%E8%97.jpg 昨日、東寺の終い弘法を覗きがてら、羅城門跡と西寺跡を訪ねてきました。
平安京の表玄関であった羅城門は、東寺の南大門から九条通を西へ徒歩5分ほどの所にありました。鬼が出ると言われたり、また「羅生門」の名で小説や映画の舞台にもなったこの門は、一度倒壊した後に再建されましたが、天元3年(980年)の暴風によって再び倒壊した後は二度と再建されることはありませんでした。
今は通りから北に少し奥まった小さな公園にある石碑がその跡を示すだけで、かつてここに幅35.7メートル、高さ21メートル余りの壮大な門が立ち、そこから北の内裏の朱雀門まで長さおよそ4キロメートル、幅80メートルの大路(朱雀大路。現在、京都で最も広い五条通や堀川通よりもっと広かった)がドーンと通っていたことを想像するのは困難でした。

%90%BC%8E%9B%8Du%93%B0%90%D5%93y%92d.jpg %90%BC%8E%9B%8Du%93%B0%90%D5%91b%90%CE.jpg

また西寺はこの公園から更に西へ5分ほど行った所にありました。往時の境内の大部分が現在、市立唐橋小学校とその北の唐橋西寺公園になっています。この公園は東西100数十メートル、南北100メートルほどの地面がむき出しの運動場のような場所で、中央に土盛りをした小高い部分(土壇)があり、そこは講堂跡だそうです。羅城門跡と違い、広々とした場所に立つと、朱雀大路を挟んで、伽藍の配置も東寺と東西対称に建造されたという西寺の姿を十分に思い描くことができそうな場所でした。土壇の上の礎石は一見ほったらかしのような状態で、これが当時のものなら、随分粗末な扱いを受けているような気がします。


%8Ej%90%D5%90%BC%8E%9B%E8%97.jpg 創建後1200年余を経た現在も健在の東寺に比べ、西寺はなぜか早くから寺勢が衰え、鎌倉時代初期の天福元年(1233年)に焼失した後は、羅城門と同じく再興されることなく消滅してしまいました。従って寺を知るための手懸りははなはだ乏しそうですが、公園の北西100メートルほどの所に寺号を継いだだけの寺があり、古瓦を保存しているらしいです。


%97%85%90%B6%96%E5%90%D5_%8B%E3%8F%F0%92%CA%82%A9%82%E7.jpg 西寺は東寺とともに造営された鎮護国家の勅願寺で、東寺はご存知の弘法大師空海に、西寺は守敏(しゅびん)という僧に与えられました。守敏の出自や経歴は不詳ですが、三論や法相を学び、真言密教にも通じていたようです。しかし空海とは何かにつけことごとく対立していたようです。
天長元年(824年)、国中が旱魃に見舞われた時、天皇は守敏と空海に命じ、神泉苑において雨乞いの祈祷をさせ、その修法を競わせました。空海は雨を降らすことができましたが守敏の法は叶わず、結果は守敏の負けでした(という話が最も知られているようですが、守敏も雨を降らすことができたが、それは平安京にだけであって、空海は全国に3日間降らせ続けた。しかしその優劣の差は些細なものであって世間では引き分けとして、守敏をダメとはしなかった、というような話もあります『雍州府志』)。


そして次第に怪しげな話になりますが、雨乞いに敗れ、空海を妬んだ守敏はその後、羅城門を通りかかった空海に矢を射掛けます。ところがそこに僧が現われ、その矢を肩(背中?)に受けました。お陰で空海は難を逃れたのですが、実はこの僧の正体は地蔵菩薩で「矢取(矢負)地蔵」と呼ばれることになり、今、「羅城門遺址」の石碑がある公園の南にあるお堂に石の地蔵として祀ってあるそうです。この石地蔵はまだ見ていませんが、矢による?傷跡が残っているそうです。


☆本日の付録☆

%93%FA%8C%FC%82%DA%82%C1%82%B1%82%CC%94%B5%82%BD%82%BF.jpg %8B%E3%8F%F0%94K%94%A8.jpg %90%BC%8E%9B%90%D5_%83%7D%83%93%83z%81%5B%83%8B%8AW.jpg

最近の急激な冷え込みは京都も例外ではなく、西寺公園の北側に鳩が集まって、近付いても体をモソモソ動かすだけで逃げもせず、寒くて飛んでらんないよ!とばかりに大勢で日向ぼっこをしていました。こんな光景を見たのは初めてです。また、この辺りにはあちこちに畑があります。作物はもちろん九条葱。そして近くのマンホールの蓋も観光案内に一役?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2009年12月22日
« 前の記事「京の1枚 ‐ 4」へ
»次の記事「京の1枚 ‐ 5」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    遠くて近い歴史に触れる所「舞鶴引揚記念館」。
    「時代祭り」は台風の為、中止となりました。
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    除夜の鐘試し撞き ‐知恩院‐
    師走の実感
    雪が降りました。
    紅葉の見所 - 私の好きな場所 -

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集