海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 京都府立 堂本印象美術館

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年2月12日

京都府立 堂本印象美術館


京都府立 堂本印象美術館

「印象」という普通名詞を固有名詞にして独り占めにしてしまったような感のある名前に馴染めず、また沢山のレリーフを施された白い建物が周りから浮いているような気がして、これまでこの美術館に入ってみようという気になれませんでした。しかし地球の歩き方ムック『京都の歩き方』でも薦めているので(99ページ。おすすめアートスポットガイド)、ここはとにかく行ってみようということで、ビショビショと冷たい雨が降り続く昨日(11日)、京都府立堂本印象美術館 を訪れました(入館料:一般500円)。そして印象に対する印象が大きく変わりました。


美術館の場所は北区の立命館大学正門の真向かいです。系統番号が何番でも、とにかく市バスの「立命館大学」行きに乗りさえすれば、終点なので間違えずに行くことができます。

ところで堂本印象って誰なんや?とおっしゃる方もおいでかと思いますので簡単にご説明しますと、1891年(明治24年)に京都に生まれ、1975年(昭和50年)に亡くなった日本画家で、文化勲章の受章者です。本名は三之助。代表作として木華開耶媛(このはなさくやひめ)や交響などが挙げられますが、具象画から晩年の抽象画に至るまで作風は幅広く、絵画だけでなく寺社の障壁画、工芸作品なども沢山残しており、美術館自体も本人のデザインです。館は数多くの作品とともに1991年(平成3年)に京都府に寄贈され、翌年、京都府立堂本印象美術館として開館されました。なお館の管理・運営は向かいのよしみ?で学校法人立命館が行っています(指定管理者制度による)。


.jpg 館では現在「印象作品の表裏‐本画と下絵‐」という企画展が行われています(3月7日まで)。この企画では本作品とその下絵が展示され、両者を対比して鑑賞することができます。日本画には多くの下絵が存在することを初めて知りましたが、あまり彩色の施されていない下絵とはいえ、中には素人目にはこれはこれで一つの作品じゃないの?と映るものもありました。また中〜後期の洋風作品や晩年の抽象画は、知らずに見たら同じ画家の作品とは思えませんが、この辺りの変貌ぶりも印象の大きな魅力のようです。


ステンドグラスが展示された中二階のロビーは居心地がよく、サロンでは豪華で座り心地の良い椅子に座って印象を紹介する映像をみることができます。またサロンの窓からは道を隔てた東側に、美術館と対照的な純和風建築の印象の旧居を見下ろすことができます。


行く前の下調べで、同館のウェブサイトでも見ることができる1924年の「坂」が私の気に入りの作品になりました。何かしら懐かしさを感じる作品ですが、今回の展示にはありませんでした。次回の企画(「風光の煌き‐日本・中国・ヨーロッパ」3月12日〜6月13日)で展示されるので、また行くのが楽しみです。同館のサイトを是非見て下さい。沢山の作品が見られます。


ついでの話ですが、同館の前を走る道路は、金閣寺前から仁和寺までの間が「きぬかけの路(みち)」と呼ばれ、全長2.5キロメートルほどの散策路になっていますが、イメージにそぐわないほど車がビュンビュン飛ばして行きます。カーブが多く高低差も大きいので見通しの悪い場所が少なくありません。車が見えないからといって横断歩道以外の場所で横断するのは大変危険です。絶対禁止ですよ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 地球の歩き方MOOK
2010年2月12日
« 前の記事「可動祠 ‐神泉苑」へ
»次の記事「梅の花が見頃です」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
京都特派員の観光情報源
たわわちゃん
知ってました?
石清水八幡宮 - 今も残る神仏習合の跡

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    韮澤 成行
    東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集