海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 薫ふがごとく今盛りなり

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月 4日

薫ふがごとく今盛りなり


メール プリント もっと見る

薫ふがごとく今盛りなり

%95%BD%8F%E9%8B%7B%8E%E9%90%9D%96%E5.jpg ゴールデンウィーク中はどこも込むので外出は控える積りでいましたが、真っ青な空を見ると閉じこもっていられなくなり、昨日、混雑覚悟で出かけることにしました。行き先は奈良の平城宮跡(世界遺産)です。

京都も奈良も桜の季節は終わりましたが、奈良は平城遷都1300年祭(4/24〜11/7)で「薫(にお)ふがごとく」盛り上がっているのだろうと思っても、実のところ1300年祭で何をやっているのかよく知りません。そこのところは こちら をご覧下さい。私の目当ては三つだけ。近鉄電車の車内からしか見たことがなかった朱雀門大極殿を間近で見ること、そして復元された遣唐使船に上ってみることです。


%83V%83%83%83g%83%8B%83o%83X%82%CC%82%E8%82%CE.jpg 近鉄で行けば大和西大寺駅が最寄りです。1300年祭の主会場の平城宮跡へは駅から無料のシャトルバスが出ていますが、係員の「歩いた方が早いですよ」の声に従い、歩いて行くことにしました。人が大勢歩いているし、スタッフが沿道で誘導してくれているので迷うことなく行けます。でも徒歩10分という案内は間違いではないものの、それはベストエフォートのこと。実際は人の多さで歩きにくく、更に途中にある近鉄の踏切で思いのほか長く待たされ、時間はもっとかかりました。


%91J%93s%8D%D5%8C%F6%8E%AE%88%C4%93%E0MAP.jpg 会場入口では公式案内MAPが配られています(無料)。行かれる方は必ずもらって下さい。きっと役に立ちます。行く前は朱雀門から平城宮跡に入り、それから大極殿に行く積りだったのですが、結果は逆になってしまいました。大和西大寺駅から徒歩で行くと大極殿の方が近くなるため、参内するはずが朱雀門から退出することになってしまったのです。考えていた順路で回るためにはバスで行った方が良かったことが分かりました。大した話じゃありませんが…


%91%E5%8B%C9%93a%82%C6%93V%95%BD%90l.jpg 会場に入るなり目に付いたのは天平時代の装束を着けた人たちです。京都が舞妓やったらこっちは天平人や!ということではないと思いますが、祭のスタッフではありません。有料で天平の衣装を着ることができるのです(一般200円。約60分間)。でも頭(髪形)と足元(履物)は今のままです。


%91%E5%8B%C9%93a%93%E0%95%94.jpg %91%E5%8B%C9%93a%82%A9%82%E7%82%CC%92%AD%96%5D.jpg %91%E5%8B%C9%93a%82%CC%93V%88%E4%95%C7%89%E6.jpg

大極殿に入るには30分待ちと言われましたが、10分ほどで入ることができました。広大な空間にぽつんと一棟だけ建っていて、回りに比較するものがなくてもその大きさは十分感じられるのですが、実際に来てみるとそのデカさは想像を超えていました。建物自体が最大の見もので、天井画の四神や十二支の図、法相華(ほうそうげ:花のような模様)は大変綺麗でした。展示物は天皇が座る高御座(たかみくら)と金色の鴟尾(しび)。壁際に並んだガラスケースの中は人が多すぎて見ることができず、展示物が何だったのかもほとんど分からずじまい。ただ建物からの眺めは素晴らしく、これが天皇の視点?!


%92%A9%93%B0%89%40%90%D5%82%CC%91%90%8C%B4.jpg %8E%E9%90%9D%96%E5%82%C6%83g%83%89%83%80.jpg %8E%E9%90%9D%96%E5%82%A9%82%E7%91%E5%8B%C9%93a%82%F0%96%5D%82%DE.jpg

大極殿のあとは朱雀門へ。古に朝堂院があったという場所は今はただの草原。こんな草地を歩くのはいつ以来のことなのか、草の匂いを感じ、大変懐かしい思いがしました。広い会場内の移動はひたすら歩くしかありませんが、歩行が困難な方はカートやトラムを利用できます。ただし速さは歩く程度。


%8E%E9%90%9D%96%E5%82%C6%92n%89%BA%93S%8E%D4%97%BC.jpg %95%BD%8F%E9%8B%7B%96%CD%8C%5E.jpg

平城宮跡内は近鉄の電車が走っています。奈良に行くたびに車内から朱雀門や大極殿が見られて楽しいのですが、逆に平城宮跡にいて走っている電車を見ると、何とも超現実的な光景に見えてしまいました。特に近鉄線に乗り入れている京都の地下鉄の車両を目にした時はちょっとした衝撃を受け、「ナニコレ珍百景」として笑って済ませられないような気がして、頭が若干混乱気味に。
平城京跡は発掘も整備も途上の史跡で未完成です。今後、更に復元、整備されて行く予定のようですが、線路はいずれ地下へなり移設されるのではないでしょうか。


%95%9C%8C%B3%8C%AD%93%82%8Eg%91D.jpg 左の写真でご覧のように、復元された遣唐使船は実に美しい形をしています。船に上るには有料(一般500円)の平城宮歴史館に入らないと上れません。その上、入館定員があるので整理券を持っていないと入場券が買えません。整理券は館に行く途中で配っているのでもらいましたが、2時間待ちだったので今回は止めました。


会場は危惧したほどは込まなかったのですが、帰りに乗ったシャトルバスは道路の渋滞で駅まで30分かかりました。歩いた方が早かった!


%89q%8Em%91%E0%82%CC%8Ds%90i.jpg ≪平城宮を警護する衛士(えじ)隊の巡視の再現。
”あをによしパレード”とともに毎日行われています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2010年5月 4日
« 前の記事「新緑と桜‐今年最後の花見」へ
»次の記事「続・薫ふがごとく今盛りなり」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
    源氏物語を思う宇治の橋巡り。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    年間観光客数5000万人を突破!
    今年の葵祭 ‐見物の穴場情報?
    上賀茂のサバ
    京都一週トレイル東山コース 追補

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集