海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 川は流れてどこどこ行くの?

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年6月24日

川は流れてどこどこ行くの?


メール プリント もっと見る

川は流れてどこどこ行くの?

%94%FA%94i%8C%CE%91a%90%85%95%AA%90%FC.jpg そんなの決まってるじゃないか! 海だよ、海!
おっしゃるとおり最終的にはそうなるのでしょうが、そこまで行く途中の話です。

桜並木で有名な左京区の哲学の道、その下を流れる川は琵琶湖疎水、正確には琵琶湖疎水分線です。この川は流れがゆるく、水が落ちる場所や白波が立つような所がありません。そのせいでどちらの方向に流れているのか分かりにくい川です。


一般に京都の河川は北から南へ流れています。ところがこの川は南から北へ流れているのです。人工の川なのでこんな流れにすることも出来たわけですが、ではこの川は最後にどこへ行き着くのでしょうか? 考えると、夜も寝られません(チョー古いネタだね。年が分かるぞ!と言ってるあなたも年が分かるぞ!)。地図で見ると賀茂川まで続いていますが…


%94%FA%94i%8C%CE%91a%90%85%8BL%94O%8A%D9%81i%97%A0%81j.jpg %81j.jpg

                 (裏)                               (表)

昨日、蹴上にある琵琶湖疎水記念館に行き、長時間に渡り根掘り葉掘り聞いて来ました。疎水に関して知りたかった多くのことが、気持いいほど解決しました。


水運や発電、上水道や灌漑など多くの目的を持った琵琶湖疎水は明治23年(1890年)に5年がかりで完成しましたが、分線は特に京都市北部の灌漑を目的としたものでした。灌漑のためなら賀茂川や高野川から水を取れば済みそうな話ですが、両河川は水量が一定しないため分線を造ったのだそうです。


%94%FA%94i%8C%CE%91a%90%85%95%AA%90%FC%92n%90%7D.jpg そして分線は途中で交差する白川や高野川、更に賀茂川とも合流することなく、最後は何と堀川!につながっていたのです。琵琶湖疎水分線の流れは、実に蹴上から北上し、市街地北部では大きく弧を描いて西に向かい、最後は堀川となって京都市街を反時計回りにぐるりと取り囲んでいたのです。
(地図は「昭文社都市地図・京都市」から.見にくくてすみません)


ではどうやってこれらの河川と交わらずに流れることが出来たのでしょうか?この疑問が実は最も知りたかったことでした。結論は簡明、思った通りでした。分線はこれらの下を潜って流れていたのです。言わば見えない立体交差ですが、銀閣寺前の白川との交差部分は今も見ることが出来ます。


現在、この川は灌漑の役目を終え、今は観光のためにだけ水を流しているような状態だそうです。そして流れも高野川と賀茂川で分断されています。分線の流れは高野川に入り、高野川と賀茂川の間の部分は川としての必要性もなくなってしまっているようでした。


近年、都会の中小の河川はその上に蓋をされ、暗渠となってその存在すら忘れられてしまうようなケースが増えて来ているようですが、琵琶湖疎水に限らずこういう川も含めて京都の河川について調べると、思いもしなかったことを知らされ、知れば知るほど新たな興味が湧いてきます。そして観光ガイドでは知り得ない、京都のより深い面を知ることが出来ます。有名な高瀬川、余り知られていない西高瀬川、昨年流れが復活した堀川などネタには事欠きませんが、長くなるのでこの続きはいずれまた…?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2010年6月24日
« 前の記事「京の1枚 ‐7」へ
»次の記事「もう一つのトレイルコース ‐琵琶湖疎水ウォーク‐」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    年の臍の京都
    メイド・イン・キョウト
    新型インフルエンザの影響は今…?
    超マイナーな名物

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集