海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 山鉾の巡行順にはワケがある!‐祇園祭 2010‐

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年7月 4日

山鉾の巡行順にはワケがある!‐祇園祭 2010‐


メール プリント もっと見る

山鉾の巡行順にはワケがある!‐祇園祭 2010‐

%8C%E3%8D%D5%8F%84%8Ds%97%F1%9B%EE%82%CC%83R%83s%81%5B.jpg 今年の山鉾の巡行順は前記事の通りですが、昨年の順番と見比べていたら、ある事に気が付きました。巡行順はくじ取りだけで決まるのではないということです。

後祭の巡行順はくじ取らずの3基の山を除く残り6基の山のくじ取りで単純に決まるのですが、先祭の巡行順はくじ取りのみによってまったくフリーに順番が決まるのではなく、そこには3つのルールがあったのです。つまり…


1.巡行の9番目と13番目と17番目は菊水鉾、鶏鉾、月鉾だけが入れる位置で、くじ取りで決める
2.くじ取らずの最後の3基の山鉾以外は「囃し方が乗る(大型の)鉾1基+舁き山3基(または舁き山2基と傘鉾1基)」の4基で巡行列の1ユニットとする
3.7番目と15番目は綾傘鉾と四条傘鉾だけの定位置で、くじ取りで決める


このルールの理由はただ一つ、巡行を美しく見せるため、ということだと思います。大きな山や鉾が連続したり、舁き山だけが延々と連なったのでやはり美しくないですよね。ここまで計算していたとは気が付かず、特派員として?勉強不足でした。こんな話、見物の参考になるでしょうか?マニアックな話題ですみませんm(_ _)m


《参考》 ※ 太字はくじ取らず

○先祭(巡行日が元から17日の巡行列)
1. 長刀鉾
2. 孟宗山
3. 木賊(とくさ)山
4. 油天神山
-----------------
5. 函谷(かんこ)鉾
6. 霰天神山
7. 四条傘鉾
8. 太子山
-----------------
9. 菊水鉾
10. 伯牙山
11. 山伏山
12. 郭巨(かっきょ)山
------------------
13. 鶏鉾
14. 白楽天山
15. 綾傘鉾
16. 蟷螂(とうろう)山
------------------
17. 月鉾
18. 占出(うらで)山
19. 芦刈山
20. 保昌(ほうしょう)山
-------------------
21. 放下(ほうか)鉾
22. 岩戸山
23. 船鉾


○後祭(巡行日が元24日の巡行列。24日は現在、花傘巡行が行われる)
24. 北観音山
25. 橋弁慶山
26. 役行者(えんのぎょうじゃ)山
27. 八幡山
28. 黒主山
29. 鈴鹿山
30. 浄妙山
31. 鯉山
32. 南観音山

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2010年7月 4日
« 前の記事「山鉾の巡行順決定  付.巡行時刻など ‐祇園祭 2010‐」へ
»次の記事「七夕祭 ‐白峯神宮‐」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    天然記念物「逆さ銀杏」が見頃「西本願寺」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    疫神社夏越祭 ‐祇園祭‐
    花傘巡行・還幸祭 ‐祇園祭‐
    神幸祭 ‐祇園祭‐
    祇園祭山鉾巡行
    あばれ観音 ‐祇園祭‐
    しみだれ豚まん
    役行者山護摩焚き供養 ‐祇園祭‐
    町屋レストラン‐京都グルメ案内
    宵山始まりました ‐祇園祭‐
    橋弁慶山舁き初め ‐祇園祭‐
    続・鉾曳き初め ‐祇園祭‐
    長刀鉾稚児社参 ‐祇園祭‐
    鉾曳き初め ‐祇園祭‐
    続・鉾建て ‐祇園祭‐
    お迎え提灯 ‐祇園祭‐
    御用水清祓・鉾建て ‐祇園祭‐
    綾傘鉾稚児社参 ‐祇園祭‐
    祇園囃子 2009

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集