海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 還幸祭 ‐祇園祭2010‐

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年7月25日

還幸祭 ‐祇園祭2010‐


メール プリント もっと見る

還幸祭 ‐祇園祭2010‐

還幸祭の日(24日)は神輿渡御が始まる午後5時頃から大きな雷鳴がとどろき渡り、稲妻が走って豪雨になりました。日中の暑さ(最高気温37.2℃)が原因でしょうが、特に京都で聞く雷鳴は、雷の正体を知らなかった昔の人々が怨霊の仕業として恐れ戦いたということを本当らしく思わせます。命の危険を感じなければ私は雷は好きですが…


%92%86%8C%E4%8D%C0_%90_%90%F2%89%91%91O2010.jpg %96%B5%82%C6%96%40%8B%EF.jpg

雨は1時間ほどで上がったので神泉苑へ急ぐと、雷鳴と聞きまがうような奉納の和太鼓演奏の中、先ほどの豪雨をものともせずに八坂神社の中御座神輿が大勢の與丁(よちょう:担ぎ手)たちとともに時間通りにやって来ました。境内には故事に倣って矛が3本立てられています。これぞ正に祇園祭の原点。神輿が鳥居前に安置されると、住職が読経を始めました。これが見たさに来たようなものなのですが、経を読む声は聞こえるものの人や神輿の陰になって姿は見えず、あちこち移動してみてもよく見えませんでした。でも仏教の僧侶が日本古来の神にお経を上げるという大変珍しい場面に居合わせることが出来たわけで、それはそれでよかったのかもしれません。


このあと中御座は御池通を西へ向かい、千本通りから三条通へ戻って来ます。私は御供社(前記事参照)へ先回りしました。


%8EO%8F%F0%89%EF%8F%A4%93X%8AX%82%CC%92%86%8C%E4%8D%C02010.jpg %8C%E4%8B%9F%8E%D0%91O%82%CC%92%86%8C%E4%8D%C02010.jpg

神輿渡御巡行路の三条会商店街は通りが広くありません。それで神輿が通ると観客は両側の建物などにへばりつくようにして見物します。担ぎ手も観客も蒸し暑さで汗だくです。休憩の後、中御座(↑ 屋根の鳳凰に括りつけてある草は稲)が還って行くとすぐに東御座がやって来て、30分ほどの間に最後の西御座神輿が通って行きました。神輿はこのあと賑やかな寺町通を抜け、3基とも八坂神社に帰着するのは11時半頃になるでしょう。


%90%BC%8C%E4%8D%C0_%96x%90%EC%92%CA2010.jpg なぜ一月もかけ、行事の多さも半端じゃないのか知りたいところですが、そんな祇園祭ももう終盤です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2010年7月25日
« 前の記事「オハケ清祓式 ‐祇園祭2010‐」へ
»次の記事「神輿洗式 ‐祇園祭2010‐」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    疫神社夏越祭 ‐祇園祭‐
    花傘巡行・還幸祭 ‐祇園祭‐
    神幸祭 ‐祇園祭‐
    祇園祭山鉾巡行
    あばれ観音 ‐祇園祭‐
    しみだれ豚まん
    役行者山護摩焚き供養 ‐祇園祭‐
    町屋レストラン‐京都グルメ案内
    宵山始まりました ‐祇園祭‐
    橋弁慶山舁き初め ‐祇園祭‐
    続・鉾曳き初め ‐祇園祭‐
    長刀鉾稚児社参 ‐祇園祭‐
    鉾曳き初め ‐祇園祭‐
    続・鉾建て ‐祇園祭‐
    お迎え提灯 ‐祇園祭‐
    御用水清祓・鉾建て ‐祇園祭‐
    綾傘鉾稚児社参 ‐祇園祭‐
    祇園囃子 2009

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集