海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 京の七夕

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年8月 7日

京の七夕


メール プリント もっと見る

京の七夕

%8E%B5%97%5B%8F%FC%82%E8_%8B%9E%82%CC%8E%B5%97%5B2010.jpg 今月、新しいイベントが始まりました。名付けて「京の七夕」。今ごろ?の声もありそうですが、旧暦で行っているからです。新暦では祇園祭と重なるし、旧暦にして五山送り火(16日。旧暦の7月7日)につなげようということのようです。期間は6日からで、主な会場は鴨川(14日まで)と堀川(15日まで)ですが、ほかに沢山の協賛事業があります。詳しくは こちら

%82%BD%82%AF%82%C6%8C%F5%82%CC%83A%81%5B%83g%8D%EC%95i_%8B%9E%82%CC%8E%B5%97%5B2010.jpg そこで初日の昨晩、堀川会場に行ってみました。現在の堀川は大部分が暗渠になっていますが、今出川通と御池通の間は地表に出ています。長年の間、コンクリートで固められた水のない大きな溝でしたが、川底に遊歩道が造られ、昨年3月に40年ぶりで流れが復活しました。


%8C%F5%82%CC%97F%91T%97%AC%82%B5_%8B%9E%82%CC%8E%B5%97%5B2010.jpg %8C%F5%82%CC%93V%82%CC%90%EC_%8B%9E%82%CC%8E%B5%97%5B2010.jpg

イベントの内容は「光の天の川」、「竹と光のアート作品」、「光の友禅流し」、「竹灯籠」などの展示で、七夕だけに竹が主要なテーマです。会場は二条城前の押小路橋から一条戻橋までの約1.6キロメートルで、北行きの一方通行。途中からは入れませんが退出は出来ます。人出は大変多いですが、普通に歩けば1時間以内で通り抜けられると思います。でも写真を撮りながらの私は1時間半かかりました。人が多くてはなはだ撮りにくかったです。


%93%94%E2%C4_%8B%9E%82%CC%8E%B5%97%5B2010.jpg %90%85%8E%D4_%8B%9E%82%CC%8E%B5%97%5B2010.jpg 川には「いのり星」という、内蔵されたLEDが薄青くぼんやりと光るボールが沢山流されて幻想的な雰囲気を醸し出しているのですが、流し方にムラがある上、淀みに溜まったり底に引っかかったりしていて、ちょっと残念な思いがしました。会場全体は目には涼しいのですが、実際の暑さは会場外の世界と何も変わりませんでした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2010年8月 7日
« 前の記事「疫神社夏越祭 ‐祇園祭2010‐」へ
»次の記事「続 京の七夕」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    8月24日(月)快晴
    五山送り火 2009
    アートな岡崎 ‐京都の歩き方‐
    8月9日(長崎 原爆の日)

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集