海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 平安京に向かいます ‐エピローグ‐

日本国内/京都特派員ブログ 旧特派員 韮澤 成行

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年11月25日

平安京に向かいます ‐エピローグ‐


メール プリント もっと見る

平安京に向かいます ‐エピローグ‐

京都は今、紅葉が真っ盛りです。でも今年はもう見に行けません。と言うのは...


木戸考允碑.jpg

記事には書きませんでしたが、昨年4月に京都一周トレイル東山コース を歩いたのにはもう一つの目的がありました。トレイルのガイドブック『京都北山から ―自然・文化・人―』(ナカニシヤ出版)に「標識No.19を5分ほど直進すると明治の元勲「桂小五郎」、後の「木戸考允」の巨大な碑が立っている。隠れた遺跡だ。」という記述があります。井上馨の石碑については書きましたが、「巨大な」の言葉に引かれ、こちらも是非見てみたかったのです。


木戸の石碑.jpg 標識No.19は清水山から東山山頂公園に至る途中、樹陰の広場にあります。ここから北西方向へ細い道が通じているので藪を漕ぎながら行ってみました。しかしそれらしきものは見当たりません。一旦コースに戻ったのですが、どうしても諦め切れず、今度はもっと先まで行ってみました。


ところが途中で道はなくなり、枯れた落ち葉がぶ厚く積もった山の斜面を下り始めてしまったのです。こんな斜面にあるはずはない。もう撤去されてしまったのか? などと考え、納得のいかないまま引き返し始めると、それは小道から奥まった所に「ここだよ、ここ!」と言わんばかりに真っ黒な姿でヌッと立っていました。ちょっと不気味な感じがしました。


草木に囲まれて見えなかったので、最初はすぐ手前の広場だったような場所で引き返していたのです。その先まで行った2度目も、石碑は振り向かないと気が付かない場所にあったので、結局、戻って来るまで見つけられなかったのです。


木戸石碑(裏).jpg 大きさは井上馨の石碑と同じくらいか若干小振りに見えます。そしてなぜか北向き。漢文が小さな字でびっしりと彫り込まれ、読んでみようという気にすらなりませんが、やっと目的を果すことができました。


その後Googleマップの航空写真で捜してみると、石碑をはっきり確認することができました。ところがその先にもう一つ得体の知れないものが写っています。確かその付近まで行ったのですが気がつきませんでした。それは四角い井戸のように見えます。こんな山中に井戸?ひょっとしたら探し求めているタイムトンネルの入口?(左上のプロフィール参照) そこが別の時空への入口なら1200年前の平安京の創生期に行けるかもしれません。


そんなわけで明日、夜が明けたら出発します。季節が同じなら、今年の紅葉見物は平安京で、ということになりそうです。でも、タイムワープに失敗したら現代には戻って来れないかもしれません。ですからここでひとまずお別れです。お陰さまで当ブログは何とか3年以上続けることができました。長い間お付き合いいただき、本当にありがとうございました。きっとまたお目にかかれることを信じて、では行ってきます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2010年11月25日
« 前の記事「京都御所秋季一般公開 2010」へ
»次の記事「冬の神護寺」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    「時代祭り」は台風の為、中止となりました。
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    錦秋のレッドカーペット
    続 奈良漬
    奈良漬
    京都御所特別公開(秋)

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      韮澤 成行
      東京の出版社を退職後、京都に転居。これまでは本の中の話でしかなかった歴史上の出来事が、ここには形跡とは言え今も身近に数多く残っており、現在も遠い過去もいつも並存しているような気がしています。京都には平安時代の初めに実在した人物が、ある寺の井戸から毎夜、冥界に通ったという言い伝えがあります。私も千年昔に行き来できるタイムトンネルを見つけたいと思っています。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集