海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 冬の神護寺

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年3月 2日

冬の神護寺


冬の神護寺

こんにちは 新しく京都特派員になりました Akioと申します。
宜しくお願い致します。

右京区の山間にある高雄ですが、冬場にはとても冷え込む所です。

1clip_image110128.jpg


神護寺にやって来ました。
神護寺へ上がる石段は、まさに神護寺の歴史の語り部の様な風格があり、長い急斜面の石段が続きます。
自然石を、積み上げた石段ですからも一段一段
味わいのある石段が続きます。
この石段は、最澄そして・・・・空海が登った石段です。
神護寺は、空海が遣唐使で帰国後、14年間 住持していたことでも知られています。


2clip_image110128.jpg


急斜面の石段を登って行くと 大きな山門が迎えてくれました。
山門をくぐり 境内に入ります。

3clip_image110128.jpg

急斜面の石段参道から 一転して・・広い境内が現われました。


おおっ 境内は 真っ白な雪景色です。


4clip_image110128.jpg


雪景色の境内を進んで行きました。

5clip_image110128.jpg


金堂に続く 石段です。
神護寺は 奈良時代に 修行者の道場として開かれました。
805(延暦24)年には 唐から帰国した最澄・・ ・・・・・
810(弘仁元)年には 唐から帰国した空海が 修行しています。


6clip_image110128.jpg

金堂です。
威厳・・・そして風格のある 素晴らしい金堂の建物です。
金堂前で 耳を澄ますと 風が渡って行く 音が 聞こえて来ます。

千二百年前・・最澄・・・・そして 空海が 聞いていた 風の音の世界・・・・・・
今でも 市内からは遠い神護寺ですが・・・千二百年前の 神護寺は、人里からは
遙かに離れた 修行の山だったと思います。


7clip_image110128.jpg


山の上からは 高雄の山々が 広がっていました。

8clip_image110128.jpg


晩秋の頃の神護寺は 紅葉の名所です。
しかし・・・今は 冬空が続いていました。


9clip_image110128.jpg


神護寺で過ごした・・・最澄は・・ 後に延暦寺で
空海は 後に・・東寺で・・仏教の教えを 広めて行きましたが 勉学と修行の場が 
ここの自然であり 風や大気だったのでしょうね。
冬の神護寺でした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2011年3月 2日
« 前の記事「平安京に向かいます ‐エピローグ‐」へ
»次の記事「祇園白川」 へ
京都特派員 新着記事
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
寧楽の京師は咲く花の…
ちょっと驚きました
京都花便り

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集