海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 祇園白川

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年3月 3日

祇園白川


祇園白川

祇園白川です。今の時期 綺麗な 白梅が咲いています。

s-P1230341.jpg


白川沿いには、祇園を こよなく愛した 歌人・吉井勇さんの『かにかくに』の
歌碑があります。


歌碑には 吉井勇さんの詩が 刻まれています。

s-img_1148385_36043578_1.jpg


『かにかくに 祇園はこひし 寝るときも 枕のしたを 水のながるる』・・・

s-img_1148396_35451650_14.jpg

今年は、吉井勇さんの 没後51年にあたる年です。
51年前・・・吉井さんの訃報に接した馴染みの芸妓さんは 「なんで菊の花に 
なっておしまいやしたんえ」と・・・・・ 
吉井さんの 友人の 谷崎潤一郎さんに 嘆いたそうです。


s-P1230343.jpg


歌人・吉井 勇さんのプロフィールは・・・・・・・・
1886年 鹿児島藩士 吉井友実の孫として 伯爵家に生まれます。
新詩社に入社。北原白秋、木下杢太郎とともに歌人として 創作活動に励みます。


晩年は、爵位を返上し隠居、北白川周辺に住み祇園に通ったと 言われています。

s-img_1148385_36494430_37.jpg

吉井さんの代表作には・・・・・・


『ゴンドラの唄 』    1915年   (大正4年)

いのち短し 恋せよおとめ    赤き唇あせぬ間に
熱き血潮の冷えぬ間に      明日の月日はないものを

いのち短し 恋せよおとめ    いざ手を取りて 彼の船に
いざ萌ゆる頬をきみが頬に    ここにはだれも来ぬものを

いのち短し 恋せよ少女     波に漂う 舟の様に
君が柔手を 我が肩に      ここには人目も 無いものを

いのち短し 恋せよ少女     黒髪の色 褪せぬ間に
心のほのお 消えぬ間に     今日はふたたび 来ぬものを

s-P1230361.jpg


秋の十一月には 『かくかくに祭』として  祇園甲部の 芸舞妓さんから
歌碑に 白菊の花が 手向けられています。


祇園白川・・・・この日は 白い梅の花が 綺麗でした。
吉井勇さんが 亡くなって51年・・祇園を最も愛し・・祇園から 最も愛された人
それが 歌人 吉井勇さん だったのだと 白川沿いの 歌碑を見て 思いました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 夜遊び・クラブ・お酒
2011年3月 3日
« 前の記事「冬の神護寺」へ
»次の記事「天空の離宮」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    京の七夕・「北野天満宮会場」
    涼感いっぱい「嵐山・鵜飼」
    夏景色広がる「美山・茅葺の里」。
    「祇園祭・後祭」夕暮れの鉾町に祇園囃子が響きます
    京の夏の旅キャンペーン 文化財特別公開 「輪違屋」
    「祇園祭2018」猛暑の中、勇壮に進む23基の山と鉾
    「祇園祭2018」を数倍楽しむ方法
    うっかり八兵衛さんの団子もある「太秦庵・ふたば菓舗」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    寧楽の京師は咲く花の…
    ちょっと驚きました
    京都花便り

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集