海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 御所の糸桜

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年4月 3日

御所の糸桜


御所の糸桜

京都御所です。
御所は 広大な敷地です。

s-P1240199.jpg

広い 御所の中を歩いて行くと 白い花が咲いて いました。
その美しい花は、白い木蓮の花でした。

s-P1230960.jpg


今の御所には 木蓮・・・に 梅の花・・・・・・そして桜が
咲いています。
咲く桜は 『糸桜』と呼ばれる 美しい桜です。


s-P1240252.jpg

糸桜の 咲いている所は、かつて 近衛邸のあった所です。

広大な敷地の 御所には 天皇の おられた所や 朝廷の方々の 邸宅も
ありました。


s-P1240218.jpg


近衛家は 鎌倉時代から 天皇に仕える、朝廷の最高位の位にあたり 
鷹司家・九條家・一條家・二條家と共に 公家の頂点と いわれています。
その五つの公家は 五摂家と 呼ばれて来ました。

s-P1240054.jpg


近衛家は 五摂家の中でも筆頭の家柄で 昭和初期の 
内閣総理大臣・近衛文麿さんは その直系です。


s-P1240249.jpg

近衛家の邸宅は 幕末まで この辺りに 建っていたのですが、
明治維新で明治天皇が 東京に移られると同時に 近衛家も東京に転居し、
ここにあった邸宅は なくなりました。


s-P1240233.jpg


今は 邸内の庭園の一部だった 池が残るだけです。


s-P1240211.jpg


池には、『糸桜』が 美しく枝垂れていました。


時代を語る 糸桜ですね。


s-P1240243.jpg

糸桜は 枝垂れ桜の旧名で、和歌にも その名は 出てきます。

『 昔より名にはきけども 今日見れば むべめかれせぬ 糸さくらかな 』   

                       安政2年(1855年)孝明天皇


その美しく 枝垂れる姿は 時を越えて 愛されて来たのでしょうね。

s-P1240253.jpg


今 御所には 木蓮・・・・梅・・・・
そして 時代を語る 桜・・・・・『糸桜』が美しく咲いていました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2011年4月 3日
« 前の記事「そうだ・・・ 東寺の桜」へ
»次の記事「醍醐の桜」 へ
京都特派員 新着記事
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
新緑と桜‐今年最後の花見
背割堤の桜

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集