海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 高台寺・七夕会

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年7月 4日

高台寺・七夕会


高台寺・七夕会

img_1148385_32418920_0.jpg

七月ですね。七月は 文月(ふづき)・・・・・

七夕に 詩歌を献ずる事から、七月を文(ふみ)月・・・ふ月に なったそうです。

高台寺で七夕会があると知り 夕方より行って来ました。


s-P1280532.jpg


高台寺の七夕会は、七月二日・・三日の二日間 行われています。
七夕飾りには 約5メートルの笹 約30本に、市内の保育園児や
参拝者の方達が書かれた 約1万枚の短冊が 吊るされていました。


短冊は 境内だけに 飾られていました。せっかく寄せて頂いたのですから
寺院の中にも 入って行きました。

春と秋 以外に 入るのは 久しぶりです。

s-P1280523.jpg

豊臣秀吉の正室、北政所 『ねねの寺』として知られる高台寺。
高台寺は 慶弔1年(1606年)に建てられています。 


寺院の中は 人は少なくて 静かな時間が 流れていました。

s-P1280519.jpg


石庭から 奥に進んで行くと 綺麗な池が 広がります。

池は 偃月池(えんげついけ) と 言います。

青もみじが 映っていました。。。。。。

偃月池に映る風景は まさしく 水鏡の世界でした。

s-P1280522.jpg


観月の池とも言われます。

月の出る夜・・・東山に浮ぶ月が 写る風景は 素晴らしいでしょうね。

s-P1280526.jpg


寺院と庭園を 回って再び 境内に出て来ました。

s-P1280530.jpg


高台寺の境内からは・・・伏見城や大阪へと続く 空が広がっています。

ここから ねねさんは、京の町や・・・伏見・・そして浪花に続く空を 

眺めておられたのでしょうね。

梵鐘の向こうには 八坂の塔が見えました。


s-P1280536.jpg


七月は、文の月・・・・・・・・・・・

笹の葉に 短冊が揺れる 高台寺でした。


s-P1280542.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2011年7月 4日
« 前の記事「花」へ
»次の記事「花の寺・三室戸寺」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
疫神社夏越祭 ‐祇園祭2010‐
神輿洗式 ‐祇園祭2010‐
還幸祭 ‐祇園祭2010‐
オハケ清祓式 ‐祇園祭2010‐
神幸祭 ‐祇園祭2010‐
山鉾巡行 ‐祇園祭2010‐
宵山 ‐祇園祭2010‐
宵々山・宵宮祭 ‐祇園祭2010‐
宵々々山 ‐祇園祭2010‐
京の1枚 ‐8
久世稚児社参・山鉾曳き初め ‐祇園祭2010‐
続 鉾建て・鉾曳き初め ‐祇園祭2010‐
鉾建て始まりました ‐祇園祭 2010‐
七夕祭 ‐白峯神宮‐
山鉾の巡行順にはワケがある!‐祇園祭 2010‐
山鉾の巡行順決定  付.巡行時刻など ‐祇園祭 2010‐
祇園祭の見方・歩き方 見物の穴場はあるか?

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集