海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 夏空の天龍寺

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年7月29日

夏空の天龍寺


メール プリント もっと見る

夏空の天龍寺

s-P1290504.jpg


嵐山・天龍寺です。

交通アクセス...JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」駅下車、徒歩10分。

拝観時間.........8時30分~17時30分

住所...............京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

拝観料............庭園500円 ※諸堂は追加100円、法堂は別途500円


s-P1290487.jpg

29日、暑い気温でした。天龍寺の上には 青空が、広がっていました。

参道横の、蓮池には 美しい蓮の姿が ありました。


天龍寺は、暦応二年(1339)に建てられています。

庭園入り口の 鬼瓦です。

威厳のある 顔つきです。

s-P1290474.jpg

鬼瓦に 挨拶をして 曹源池庭園へと 入って行きました。 

曹源池庭園は、嵐山の山並みを取り入れた庭園で 日本初の特別名勝に

指定されています。 青空と緑の世界です。

s-P1290470.jpg

天龍寺と言いますと 紅葉の美しさは 言うまでもありませんが 
春の桜・・・・・夏も 美しい花が、見られます。


今は、薄紫の桔梗が 咲いていました。

s-P1290442.jpg


JR東海『そうだ京都に行こう』で 天龍寺は、今まで 二回登場しています。

 

s-P1290443.jpg


1993年・冬・天龍寺編の言葉は・・・・・・・・


 『ここは、言わば禅の学校です。私もちょっと 座禅なんか 組んでみました。
  頭がスッキリしたぶん、足が痺れました。。。。。』

       ・・・・・・・・・・・と 言う ナレーションでした。

s-P1290433.jpg

2002年・春には 桜の事が語られていました。 


『長い争いの時代を 変えたいと植えられた桜でした。 七十年も続いた南北朝の
  長い争いを背景に このお寺は 創建されました。足利尊氏、直義兄弟が夢窓国師に
  戦火の罪を説かれて 建立を決意したと言われています。当時は、今の四十倍の
  広さで嵐山渡月橋も境内でした。』

 
                 ・・・・・・・・・と 語られていました。

s-P1290449.jpg

嵐山・天龍寺・・・・・・大きい寺院です。
 


s-s-P1290456.jpg


s-P1290447.jpg
 

空を見上げたら 美しい夏空が 広がっていました。

s-P1290457.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2011年7月29日
« 前の記事「花笠巡行と奉納舞踊」へ
»次の記事「八月」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    疫神社夏越祭 ‐祇園祭2010‐
    神輿洗式 ‐祇園祭2010‐
    還幸祭 ‐祇園祭2010‐
    オハケ清祓式 ‐祇園祭2010‐
    神幸祭 ‐祇園祭2010‐
    山鉾巡行 ‐祇園祭2010‐
    宵山 ‐祇園祭2010‐
    宵々山・宵宮祭 ‐祇園祭2010‐
    宵々々山 ‐祇園祭2010‐
    京の1枚 ‐8
    久世稚児社参・山鉾曳き初め ‐祇園祭2010‐
    続 鉾建て・鉾曳き初め ‐祇園祭2010‐
    鉾建て始まりました ‐祇園祭 2010‐
    七夕祭 ‐白峯神宮‐
    山鉾の巡行順にはワケがある!‐祇園祭 2010‐
    山鉾の巡行順決定  付.巡行時刻など ‐祇園祭 2010‐
    祇園祭の見方・歩き方 見物の穴場はあるか?

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集