海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 仁和寺

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年10月 8日

仁和寺


仁和寺

秋晴れの空が広がる 御室 仁和寺です。

s-P1300541.jpg

◎ 所      京都市右京区御室大内33

◎ アクセス   京都駅から市バス26番。三条京阪から市バス10番・59番
          阪急大宮から市バス26番。京福電鉄 御室駅 すぐです。

◎ 拝観時間   9:00~16:30 (受付は16:00まで)

◎ 拝観料金   御殿500円 霊宝館500円 桜祭り500円

          桜のシーズン以外、境内は無料です。

◎ 駐車場     500円


二王門をくぐって 境内に入りました。
美しい青空が 広がっていました。

s-P1300546.jpg

春の日・・・・・ここには 綺麗な 御室桜が咲いていました。
仁和寺は 平安時代・仁和4年(888年)に建てられている 寺院ですから 長い歴史ですね。
皇室とゆかりの深い寺院(門跡寺院)で「御室御所」とも 呼ばれています。
参道も長いです。 向こうに中門が見えました。
いつも 仁和寺と言いますと 桜の時期や 五重塔を見に来る事が 多い僕ですが 
この日は この参道を、左に入った所に建つ『御殿』に参拝して来ました。

参拝受付で、拝観料を払い、表門をくぐりました。 白砂と 松が 迎えてくれました。

s-P1300550.jpg

御殿 玄関には  御室流華道の 生け花が 見えました。

s-P1300563.jpg


ここには、御殿を中心に、素晴らしい建物と 美しい庭園が 広がっています。

s-P1300565.jpg


白砂を敷きつめた 南庭です。
広い庭ですから 毎日の手入れが 大変でしょうね。

s-P1300579.jpg

北庭です。池の向こうには 木々が茂り 茶席「飛濤亭」が見えます。

ここからの 景色は、とても美しくて 素晴らしい佇まいです。

「飛濤亭」は、江戸時代の画家・尾形光琳の屋敷から 移築されたものだそうです。
 奥に 五重塔が見えました。


s-P1300568.jpg


御殿を出た後 再び参道に戻り 中門を目指して 歩きました。

s-P1300584.jpg


中門をくぐると 金堂が 見えて来ました。


s-P1300587.jpg

仁和寺の今は 紅葉観光には 少し早い時期です。
静かな境内には 十月の青空が 広がっていました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2011年10月 8日
« 前の記事「清水寺」へ
»次の記事「月と五重塔」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
ああそうかい
時代祭

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集