海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 高桐院

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年11月 2日

高桐院


高桐院

十一月ですね。北区に建つ大きな寺院・・・大徳寺です。
所は、京都市北区紫野大徳寺町です。

s-IMG_1959.jpg

大徳寺境内には、長い道が続いていて 二十一の 塔頭寺院があります。
塔頭寺院の一つ 高桐院を、訪ねて行って来ました。

s-IMG_1960.jpg


◎ 高桐院へのアクセスは、市バス「大徳寺前」または「建勲神社前」下車、
  北へ約100mです。

◎ 拝観:時間/9:00~16:30  料金/400円です。


高桐院に来ました。美しい佇まいです。


s-IMG_1969.jpg


石畳と苔の参道です。


s-IMG_1971.jpg


竹垣に沿って 右に曲がります。


s-IMG_1974.jpg


もみじと竹が美しい 真っ直ぐの参道です。
ここの景色・・・言葉では表現出来ない 美しい世界です。

s-IMG_2022.jpg


青もみじは 蒼く・・・・陽の当たる所の もみじは、色付き始めていました。

土塀の屋根と もみじです。

s-IMG_2023.jpg


寺院の中に、入って行きました。


s-IMG_1999.jpg


平日で 紅葉観光直前ですから 参拝の人は 僕を含めて 三人でした。

s-IMG_1994.jpg

赤い、もうせんの 向こうに 絵画の様な 景色が迎えてくれました。

高桐院は、『そうだ京都に行こう』1996年・秋に 紹介されています。 

言葉は・・・・・・

『 大徳寺の 数十もの 諸堂塔が並ぶ境内は、寺町と言った雰囲気です。
  二十一の塔頭の中でも 高桐院の書院は、千利休の邸宅を移築したと 
  言われるだけあって 簡素ながらも 気品に満ちています。
 
  紅葉が深まり、やがて散り始める頃 ここの 絵画的空間は ピークを迎えます。
  散紅葉(ちりもみじ)と言う 日本語を、実感する瞬間です。』・・・・・・

  ・・・・・・と 綴られていました。

s-IMG_2016.jpg


庭園に夕陽が 射しこんでいました。 

s-s-IMG_2020.jpg


高桐院の十一月・・・・青もみじから 紅葉へと美しい世界が始まりました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2011年11月 2日
« 前の記事「北野天満宮」へ
»次の記事「智積院」 へ
京都特派員 新着記事
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
青空にのびる大銀杏「西本願寺」
1年前の同じ月に投稿された記事
平安京に向かいます ‐エピローグ‐
京都御所秋季一般公開 2010
新規オープン ‐LAQUE 四条烏丸
中空の茶室 ‐石清水八幡宮 瀧本坊閑雲軒
本日開店 ‐ヨドバシカメラ

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集