海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 神護寺

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年11月14日

神護寺


メール プリント もっと見る

神護寺

12日・・・夕暮れより、高雄の神護寺の
夜間参拝に 行って来ました。

s-P1300809.jpg


神護寺へのアクセスは・・・・
京都駅からJRバス「山城高雄」下車(徒歩約20分)
四条烏丸から京都市営バス8号系統「高雄」下車(徒歩約20分)

拝観時間  9:00~16:00 (閉門17:00)
夜間参拝 17.00~19.00 11月15日迄です。

s-P1300814.jpg

高雄は、市内からは 離れていて とても冷え込む所です。
雨は、上がったのですが 参道は 降り続いた雨で 濡れていました。

日暮れと共に 気温が下り 霧が、降りて来ました。
京都の 紅葉で 一番早い紅葉が、見れるのが 神護寺です。
もみじは、色付いているのでしょうか。

そんな事を 思いながら参道を登っていると
霧の中 もみじが、光りに浮んでいました。

s-P1300817.jpg

神護寺と言えば 最澄 そして空海が修行した山です。
神護寺へ上がる石段は、まさに歴史の語り部の様な 風格のある 
長い急斜面の石段が続きます。

s-P1300827.jpg

そして 見えて来ました。
神護寺の山門です。


s-P1300831.jpg

境内を抜けて・・・金堂に続く 石段です。


s-P1300852.jpg

鮮やかな もみじの姿が ありました。

s-P1300850.jpg


金堂です。

神護寺には、805(延暦24)年には 唐から帰国した 最澄・・ ・・・・・
810(弘仁元)年には 唐から帰国した空海が 14年間 住持されていました。
市内からは遠い神護寺ですが・・・千二百年前の 神護寺は、人里からは 
遙かに離れた 修行の山 だったと思います

s-P1300861.jpg


鮮やかな もみじは、雨と霧に濡れて しっとりとした 美しい色でした。

こちらは 光りに浮ぶ 青もみじです。
s-P1300881.jpg

境内です。

霧は 晴れて来て・・・・・夜空には 美しいお月様が 浮んでいました。

s-P1300892.jpg

神護寺で 過ごされた・・・最澄は・・ 後に延暦寺で 空海は 後に・・東寺で
仏教の教えを 広めて行かれました。
勉学と修行の場が ここの自然であり 風や大気だったのでしょうね。

月浮ぶ 錦秋の神護寺でした。


s-P1300902.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2011年11月14日
« 前の記事「祇園をどり」へ
»次の記事「源光庵」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    平安京に向かいます ‐エピローグ‐
    京都御所秋季一般公開 2010
    新規オープン ‐LAQUE 四条烏丸
    中空の茶室 ‐石清水八幡宮 瀧本坊閑雲軒
    本日開店 ‐ヨドバシカメラ

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集