海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 清水寺

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年12月 3日

清水寺


清水寺

清水寺です。夜間特別拝観に行って来ました。
もみじは 見頃を迎えていて 全山燃える世界が、広がっていました。

s-IMG_4750.jpg


清水寺からは 一筋の閃光が見えます。  


s-IMG_4687.jpg


この光りは 市内の遠くからでも ハッキリと 見える 強い光りです。
境内下には、「錦雲渓」の風景が 広がっていました。
s-IMG_4694.jpg

寺院北には 紅葉谷(もみじだに)が広がっています。 

清水寺は、平安の昔から「京へ上るなら まず 清水さんへ」と 言われて来たほど、
その人気は古く 今も変わらず 超人気を誇る京都の観光地です。

s-IMG_4710.jpg


海外からの観光客が多く、境内で耳にする言葉は、
中国語、英語、仏語・・・・・。まるで海外の観光地に いる様です。
この夜も 沢山の言語が聞こえていました。
清水寺を訪れる観光客は、年間で400万人を超えるそうです。

s-IMG_4708.jpg

清水の舞台は、総檜の舞台で 特別の行事の時だけ使われて来ました。
この舞台に立ち、演じる事は 名誉な事として・・・「檜舞台」の語源に 
なったとも 言われています。


s-IMG_4741.jpg

今の 清水の舞台は 鮮やかに燃え上がる 紅葉の檜舞台でした。


s-IMG_4739.jpg


晩秋を詠んだ 句の・・・・・・・・

   『鐘ひとつ 紅葉無限の  響きあり』
  
      ・・・・・・と言う そんな言葉も 浮かんで来る 風景です。

s-IMG_4757.jpg


この夜 燃え上がる錦雲渓の上 閃光は 夜空へと 伸びていました。

夜間特別拝観 ライトアップは 12月4日(日)迄です。

s-IMG_4728.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2011年12月 3日
« 前の記事「永観堂」へ
»次の記事「嵐山のもみじ」 へ
京都特派員 新着記事
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
青空にのびる大銀杏「西本願寺」

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集