海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 唐招提寺

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年1月19日

唐招提寺


メール プリント もっと見る

唐招提寺

薬師寺から 唐招提寺へと歩きました。
唐招提寺へのアクセスは・・・・・・
◎ 近鉄難波、京都から快速急行または特急で大和西大寺で乗り換え。
   各駅停車天理行き 又は橿原神宮前行きに乗車。西ノ京駅下車すぐです。


薬師寺 011.jpg


井上靖さんの小説『天平の甍』が、浮かんで来ます。
唐招提寺と言いますと 仏教伝来・・・・・鑑真和上の寺院。
中国・唐の僧・鑑真和上が 晩年を過ごされた寺院です。

鑑真和上は、唐の時代の中国の高僧で、
聖武天皇の請願を受けて、日本への渡日を 決意されています。
 
薬師寺 015.jpg

しかし、その時代・・・日本への 船旅での挑戦は、荒れる海の気候で 
何度も難破と断念の繰り返しでした。
航海が成功したのは 12年の時が過ぎた 西暦752年でした。

厳しい航海を乗り越えて、六度目の航海でやっと 日本に着かれましたが 
その間に 鑑真和上は、盲目になっておられました。

薬師寺 028.jpg

鑑真和上は、東大寺で五年間を過され、ここ五条町に戒律の道場として
天平宝字3年(759)に唐招提寺を建てられています。
鑑真和上は、仏教のみならず 美術や医学など、日本の文化に 多くの功績を
残されています。 
↓白壁に囲まれた所に建つ戒壇は、僧となるための授戒が行われる場所だそうです。

薬師寺 024.jpg


土塀の続く 境内の北東に位置するのが 鑑真和上の墓所です。
土塀から 門を入り 道の一番奥に 鑑真和上の、お墓があります。

薬師寺 032.jpg


僕の頭の中では 仏教伝来も鑑真和上も・・・・・
遠い時代の世界でしたが  唐招提寺の中を、歩いていると 
遥か彼方の 天平の時代が 浮かんで来る様でした。

薬師寺 013.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2012年1月19日
« 前の記事「薬師寺」へ
»次の記事「カンザキハナナ」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    光に浮かび上がる「東寺・五重塔」。
    ここも雨の日にも、お勧めの寺院。「蓮華寺」。
    京都観光で、雨の日にもお勧めの寺院「智積院」。
    水面に映る神無月「大覚寺・観月の夕べ」。
    青空広がる西本願寺、「埋め木」を訪ねて。
    10月初めの嵯峨野「竹林の散策路」。
    京都・彼岸花の名所。「亀岡・彼岸花の里」。
    彼岸花咲く秋晴れの「嵯峨野」。

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集