海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > つり雛

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年2月27日

つり雛


メール プリント もっと見る

つり雛

東山七条・三十三間堂近くの 法住寺の書院では、「つり雛」が展示されています。

26.2 005.jpg


法住寺へは・・・・・
京阪「七条駅」から徒歩10分。
JR「京都駅」から100・206・208系統の市バス「博物館三十三間堂」~徒歩4分 です。


26.2 009.jpg

「つり雛」は、江戸時代から 伝わる風習で、桃の節句に、「つり雛」を
 雛壇の両脇に 天井から吊るし、女の子の無病息災や良縁を
 願うものとして 伝わって来たそうです。


26.2 023.jpg

つり雛に飾られる「金魚」や「桃」、「猿」や「唐辛子」等の飾り物には、
それぞれに、意味が 込められているそうです。
柿や桃は、長寿と厄払い・・・・草履は、早く立って歩ける様に・・・
猿は、厄が去る・・・金魚は目が出る様に・・・・・等など
親から子への 様々な願いが 込められています。


26.2 001.jpg

法住寺で展示されている「つり雛」は、ご住職のお義母さまが 丹精込めて
手作りされたもので、縮緬(ちりめん)を 使って作られています。

26日 023.jpg


縮緬の持つ 独特の風合いや シボと言われる 凹凸感が とても良い味を
見せてくれています。

2月25日~3月3日 ※9:00~16:00までです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術
2012年2月27日
« 前の記事「北野天満宮・梅花祭」へ
»次の記事「びわ湖風景」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集