海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 宵々々山

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年7月14日

宵々々山


メール プリント もっと見る

宵々々山

十三日夜、四条烏丸に建つ 「長刀鉾」です。
雨は、降ったり止んだりの お天気が続いています。
鉾のすぐ傍を バスや車が走って行きます。

019.jpg

十四日から、十六日まで(PM6.00~9.00)四条通や烏丸通の祇園祭エリアは
歩行者天国に なります。

今年の祇園祭は、14日の宵々々山から16日の宵山まで3連休となります。
京都市内のホテルは、予約でほぼ満室となっていて、受け入れ準備に
追われているそうです。
ただ 17日の山鉾巡行は 平日の火曜日ですから 人出は少なくなりそうです。

宵山2.jpg

沢山の提灯が灯っていました。祇園囃子が、 聞こえて来ました。

その旋律は、御詠歌の様でもあり 懐かしい草笛の様な音。
頭の中にある 遥か遠い夏が 音になった様な音です

祇園祭は、災害や疫病が続いた時代に 始められた お祭りです。
869年(貞観11年)朝廷は、全国の国の数を表す 66本の鉾を立てて、
悪霊を退散する願いを お祭りに 託しました。

宵山3.jpg

山鉾の 「鉾に立つ槍」 「山に立つ松」 には、疫病神が 吸い込まれると言われています。

祇園祭は、水害や疫病が発生した この時期に合わせて 行われています。

コンチキチンの音色は 鎮魂や祈りの音でもあるのでしょうね。

003.jpg

『月鉾の きしみに 古都がよみがえり』         

『コンチキチン 電話しばらく 切らないで』 

                               ※ 新版川柳歳時記より


 コンチキチン コンチキチン・・・・・雨の中 祭り囃子が流れています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2012年7月14日
« 前の記事「祇園祭・曳き初め」へ
»次の記事「茅葺の里」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    夏空の天龍寺
    花笠巡行と奉納舞踊
    祇園祭・山鉾巡行
    祇園祭・夕景
    祇園祭・夜景
    祇園祭・鉾建て
    龍安寺
    花の寺・三室戸寺
    高台寺・七夕会

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集