海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 高桐院

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年10月29日

高桐院


高桐院

28日の日曜は、雨降りでした。
大徳寺の塔頭・高桐院(こうとういん)です。
鷹ヶ峰 004.jpg

高桐院

◎ 所在地   京都市北区紫野大徳寺町73-1
◎ アクセス  地下鉄北大路駅2番出口→徒歩15分。
          市バス1・205・206系統で5分、バス停:大徳寺前下車、徒歩5分。

◎拝観    9~16時 400円

10.28 031.jpg

竹垣に沿って進みますと 真っ直ぐの 石畳参道が広がります。
参道には木々が茂り 光りを遮っていました。
高桐院は1601年、細川ガラシャの御主人である
細川忠興が建立した細川家の菩提寺です。

鷹ヶ峰 008.jpg

青もみじの中、陽の当たる所の もみじは、少し色付き始めていました。

雨降りで 紅葉観光の直前と言う事もあり 参拝の人は少なめでした。


鷹ヶ峰 037.jpg


赤もうせんの向こう、絵画の様な景色が迎えてくれました。

本堂から眺める「楓の庭」。  苔地の中に一基の灯籠。
色づき始めた 朱色と黄色もみじが 美しいです。

鷹ヶ峰 059.jpg


高桐院は、『そうだ京都に行こう』1996年・秋に紹介されています。 

ポスターの言葉は、


 『大徳寺の 数十もの 諸堂塔が並ぶ境内は、寺町と言った雰囲気です。
  二十一の塔頭の中でも 高桐院の書院は、千利休の邸宅を移築したと 
  言われるだけあって 簡素ながらも 気品に満ちています。
  紅葉が深まり、やがて散り始める頃 ここの 絵画的空間は ピークを迎えます。
  散紅葉(ちりもみじ)と言う 日本語を、実感する瞬間です。』 と 綴られていました。

鷹ヶ峰 077.jpg

去年も、ここに座って この景色を 眺めていました。
ここには 何も変わらない 同じ景色が広がっていました。
気づいたのは、一年と言う月日の速さでした。

鷹ヶ峰 062.jpg

高桐院 本堂西には、忠興とガラシャのお墓があります。
細川ガラシャ (1563~1600年) 38歳の辞世の句。

「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」

四百年の時を越え、伝わって来る言葉を思いました。

10.28 004.jpg

高桐院。
絵画の様な世界が広がっています。


※ 参考文献 「そうだ京都に行こう」 の言葉 お借りしています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2012年10月29日
« 前の記事「岡崎ときあかり」へ
»次の記事「青蓮院」 へ
京都特派員 新着記事
ブルッ!寒い「祇園白川」も雪化粧
強烈寒波で「嵐山」はモノトーンの世界
「真如堂」もみじに描かれた「2022」と「寅」
雪の大原「勝林院から三千院」へ
これぞ京の雪景色!雪の大原「宝泉院」
嵐山花灯路2021「竹林の小径へ」
今年で最後!!「嵐山花灯路」
晩秋の紅葉を訪ねて「洛西・地蔵院」
1年前の同じ月に投稿された記事
北野天満宮
嵐山渓谷
時代祭り
嵐山のお猿
六角堂
月と五重塔
仁和寺
清水寺
コスモス

近畿旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 京都特派員

    京都特派員
    Akio
    仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
    趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
    京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集