海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 京都特派員ブログ > 西本願寺の銀杏

日本国内/京都特派員ブログ Akio

日本国内・京都特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年11月22日

西本願寺の銀杏


メール プリント もっと見る

西本願寺の銀杏

今は、もみじ美しい時ですが、銀杏も美しいです。
銀杏を訪ねて西本願寺に行きました。
門前町の山門から 堀川通りが見えます。

西本願寺 東寺 033.jpg

堀川通りです。山門の向こう 美しい銀杏が見えます。

西本願寺 東寺 029.jpg

横断歩道を渡り、山門をくぐりました。 

西本願寺   京都市下京区本願寺門前町

◎拝観時間 11-2月は6:00-17:00
◎拝観料   境内自由(ただし書院、虎渓の庭拝観は、申し込みが必要)
◎アクセス  市バス 9,2875系統で「西本願寺前」下車
         市バス6,18,206,207系統では「島原口」下車

西本願寺 東寺 046.jpg


大きな建物は御影堂です。
境内は国の史跡に指定され、世界遺産にも登録されています。
黄金色に輝く 御影堂前の大銀杏の木。
とても 大きいです。


西本願寺 東寺 015.jpg

幹周り6.5m高さ7m、枝周り30m。西本願寺のHPによれば樹齢約400年。
まるで根っこを天に広げたような形から「逆さ銀杏」とも呼ばれています。
歴史を語る大銀杏です。

西本願寺 東寺 050.jpg

この銀杏の木は、普通の銀杏の木とは違って 枝が低い位置から 横に伸びています。
大銀杏の木は、1636年の御影堂 再建時に 植えられたと 言われています。


1788年の 天明の大火や 1864年の大火の時、銀杏の木は、
火の粉を浴びながらも  木から水を出して、大火の前に立ちはだかったと
言われています。「水吹き銀杏」とも 呼ばれています。

西本願寺 東寺 018.jpg


こちらは、阿弥陀堂前の銀杏です。
幹周り4m高さ16.5m。
大銀杏の向こう 京都タワーが見えました。

西本願寺 東寺 009.jpg

京都市の天然記念物に指定されています。
木の下からは、銀杏色の境内が見えました。


西本願寺 東寺 064.jpg


こちらは、御影堂門横の銀杏。
青空に映えて美しい色です。 境内では、11月23日まで献菊展が行われています。
銀杏美しい 西本願寺でした。

 
西本願寺 東寺 020.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2012年11月22日
« 前の記事「南禅寺」へ
»次の記事「東寺」 へ
おすすめ記事
    京都特派員 新着記事
    初冬を彩る嵐山花灯路「渡月橋」
    Xmas近づくUSJ
    光に浮かび上がる竹林の小径「嵐山花灯路」
    「USJ」・圧倒的なクリスマスツリーと光の世界
    ただただ見つめてしまう「地蔵院」の深秋景色
    大きな絵馬は、来年の「戌」
    晩秋の宝泉院「立ち去りがたい景色」
    参道に広がる紅葉!紅葉観光の穴場「鹿王院」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    永観堂
    東福寺
    大覚寺 真紅の水鏡
    常照寺
    源光庵
    神護寺
    祇園をどり
    曼殊院
    豊国神社
    智積院
    高桐院

    近畿旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■京都府の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 京都特派員

      京都特派員
      Akio
      仕事は着物や和のデザイン。着物、帯、振袖のデザインが中心で、古典模様から琳派模様など、日本の今の模様を作っています。
      趣味は競泳で、試合にも時々出ます。近所には桂離宮や嵐山があり、時間があればカメラと共に寺院や景色を巡っています。
      京都は平安京の頃から、今の時代まで様々な歴史が残っている町。春夏秋冬・・・歴史と季節を訪ねながら特派員ブログを、綴って行ければと思います。 DISQUS ID @disqus_YGXxySyYFR

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集